Pocket

不安を打ち消す、魔法の言葉「ありがとう」

愛媛県松山市の整体院 健優館です。

現代人、特に日本人はストレスをためやすい環境、傾向があるようです。

勤勉でまじめな日本人はついつい、がんばりすぎてしまいます。

そうすると、ふとした時に「このままで私は大丈夫なのだろうか?」など将来の不安を感じてしまうこともあります。

がんばりすぎによるストレスの蓄積もありますが、誰でも何かしらの不安を抱えて毎日を過ごしているものです。

そんな不安を感じた時にオススメの方法があります。

それはとっても簡単です♪

それは誰もが知っているけど、毎日の忙しさに追われつい忘れがちなこと・・・

 

 

そう「感謝」をすることです。

最近、感謝していますか?ありがとうと言っていますか?

今の社会、便利なものが増え、それが改良され、さらにもっともっと便利になっています。

現代人は、この便利な社会に慣れてしまい、目の前のこの便利な社会を基準に物事を考えてしまいます。

便利で「あたりまえ」と無意識に思ってしまっています。

あたりまえと思ってしまうと、感謝の気持ちもわきにくいですよね。

これは私自身にも言えることなのですが、妻がおいしい食事を作ってくれたり、子供の世話をしてくれていることを、新婚の時や、子供が生まれてすぐの時は、よく口に出して「ありがとう」と言ってたのですが、だんだんそれに慣れ、無意識に「あたりまえ」と感じてしまい、その当時に比べありがとうの言葉の数が減ってきてしまっています。

スマートフォンもそうですよね。例えば、ジブリ映画のトトロが舞台の時代頃には、固定電話ですら一家に一台なく、なにか急な用事がある場合、村で電話のある家に借りなければ、電話をすることができない時代でした。
それが、今や固定電話が一家に一台あるのはあたりまえで、さらに携帯電話やスマートフォンは1人1台持っているのがあたりまえの時代になってきています。

ですが、あたりまえに便利な世の中が今あるのは、それまでそれを築きあげてきた先人の努力の積み重ねです。

言い換えれば、今のあなたがあるのは、あなたがこれまでしてきた行動の積み重ねでもありますが、さらに深く考えると両親やご先祖様がいたからあなたという存在が生まれたのです。

そう考えると、「自分がこれだけがんばっているのだから、これくらいはしてもらってあたりまえ」「それくらい当然のことでしょ」という自分の視点からの意見だけではなく、その奥にある全体の視点に気づくことができます。

そうなると、「自分の視点」「全体の視点」そして「相手の視点」という3つの視点からものごとを見ることができるようになり、感謝の気持ち「ありがとう」の言葉が自然と出てくるようになります。

最初はなんだか、「家族にありがとうというのは照れ臭いなぁ」という気持ちもあるかもしれませんが、そういう場合は、まず試しに鏡に向かって自分に「いつもありがとう」と言ってみて下さい。

なんだかうれしい気持ちになりませんか?

その気持ちは相手が「ありがとう」と言われて感じる気持ちです。

そうして一つずつ、ありがとう積み重ねていくと、家族や人だけでなく、物や出来事など身の回りのありがとう、感謝の気持ちに気付きやすくなります。

今まで当たり前と思っていたことに、たくさんのありがとうを発見できます。

そして、不安を感じた時もこの「ありがとう」の感謝の気持ちを探すと、不安な気持ちが感謝の気持ちで打ち消されていきます。

例えば、「明日はいよいよ友人の結婚式の日だ。スピーチを頼まれているけど、やっぱり緊張するなぁ」という気持ちを感じたら、すぐに「でも、スピーチをお願いされたのは、それだけ友人から信頼されている証だよね。めったにない機会を与えてくれてありがたいなぁ」

「今日、仕事でミスをしてしまった。また上司に怒られそうだなぁ、会社に帰りたくないなぁ」と思ったらすぐに「でも、良く考えたら怒ってくれるって本気で心配してくれているからだよね。大人になってもそういう存在がいることって幸せなことだよね。逆に感謝しなくちゃ」

「この子はまた、いたずらばかりして。将来が今から不安だわ」と感じたら、すぐに「でも、いたずらができるって元気に成長してくれてる証拠でもあるわね。家族が健康でいてくれるのは何よりうれしいわ。ありがとうね。」

「景気がなかなかよくならないなぁ、支出は増えるばかりなのに収入が増えない。年々未来が心配になってきたよ」と思ったら、すぐに「待てよ、景気は悪いけど、今でもなんとか食事や家にも困らずに元気に生活できているな。海外で貧困に困っている国に比べたら日本はまだまだ幸せな国だなぁ。日本に生まれて本当によかった。ありがとう」

不安なこと(マイナスの視点)を、感謝の気持ち(プラスの視点)で相殺すると不安は消えます。
感謝することが思い浮かばない場合は、そのことと関係ないことでもいいので何でも感謝することをみつけて、それを感じていくと不安は消えていきます。

ぜひあなたも何か不安を感じたら、ありがとうの種を探し、感謝の気持ちを味わってみてください。

ちなみ初詣も、神さまにお願いを言うよりも、今までの感謝の気持ちを伝えた方が、ず~っと運気が良くなるようです。

神さまも、「あれをして、これをお願い」といつもお願いばかり言われるより、「あの時はありがとうございました。昨年も健康でいられました。ありがとうございます」と言われた方がきっとうれしいですよね。ついうれしいほうに味方したくなりますよね(笑)

人は、「ありがとうの数」だけ「幸せ」になることができます♪

ココロとカラダは、人間が思っている以上に強い関係があります。

感謝の気持ちで不安が消え、ココロが元気になると、カラダも自然と元気になり、人生が今よりもっと楽しくなります♪

 

Pocket

The following two tabs change content below.
松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう)
松山市の心と体が楽になり人生が楽しくなる整体院 健優館 館長。趣味はアート写真。詳しいプロフィールはこちら→松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長プロフィール
松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう)

最新記事 by 松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう) (全て見る)