Pocket

普段の呼吸は省エネモード

愛媛県松山市の整体院 健優館です。

普段、私たちは呼吸に対して無意識です。

肺が自律的に拡大と収縮を繰り返して空気を吸い込み、吐きだしています。

この呼吸は、息苦しくならない程度に必要最低限の酸素を取り込むためのものです。

いわば、余計なエネルギーを使わない省エネモードの呼吸です。

そのため運動する、高熱が出るなど、体の状態が少しでも変わるとすぐに酸素不足になって、ハアハアと呼吸が荒くなります。

それはできるだけたくさんの酸素を取り込もうとするためです。

ですが、こうした普段の呼吸でなんらかの不調が出ているのですから、もっと改善する必要があります。

深呼吸は深くない?

疲れた時や朝起きた時、両手を開いて胸を広げ、背伸びをするように大きく息を吸い込む「深呼吸」。

ふだんより多くの酸素を取り入れることができ、心も気持ちもリラックスできます。

しかし、この深呼吸でさえも、手足の指1本1本にまで酸素が行き渡る呼吸とは言えないんです。

深呼吸ではない「深い呼吸」というものが、実は存在します。

Pocket

The following two tabs change content below.
松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう)
松山市の心と体が楽になり人生が楽しくなる整体院 健優館 館長。趣味はアート写真。詳しいプロフィールはこちら→松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長プロフィール
松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう)

最新記事 by 松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう) (全て見る)