Pocket

深息法とは?

愛媛県松山市の整体院 健優館です。

「深息法」とは、全身のバランスを保つために重要な「下丹田(しもたんでん)」を活性化させる呼吸法です。

下丹田(おへその下にこぶしをひとつ置いたあたり)を活性化させると、呼吸の質が高まります。

「深息法」実践方法

深息法の実践方法は、3つの流れがあります。

1、あおむけになり、お尻の下から手を入れ腰に軽くアーチをつくる

2、下丹田(おへその下にこぶしをひとつ置いたあたり)に手をあて、息を大きく吸い込み4~5回大きく呼吸する

3、息を吐いてから下腹を70~80%ほどふくらませ、そのまま胸のあたりで浅い呼吸をする

以上の流れです。

浅い呼吸を繰り返すことで、ふだんは意識することが少ない下腹部がはり、終わったら体のより深くまで呼吸が入るようになることが感じられます。

Pocket

The following two tabs change content below.
松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう)
松山市の心と体が楽になり人生が楽しくなる整体院 健優館 館長。趣味はアート写真。詳しいプロフィールはこちら→松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長プロフィール
松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう)

最新記事 by 松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう) (全て見る)