Pocket

ぎっくり腰の呼吸法とは?

愛媛県松山市の整体院 健優館です。

ぎっくり腰の呼吸法は、骨盤を正常な位置に戻して回復を早める呼吸法です。

ぎっくり腰や急性腰痛で、あお向けになれる程度の痛みになった時に行います。

ぎっくり腰の呼吸法の実践方法

1、腰が痛い人は、ひざを立ててあお向けになり、両手は下腹部に置く

2、ゆっくりと両足を伸ばしていく

痛みが強い時は無理に足を伸ばさず、ひざは立てたまま次へ。

3、息を吸いながら腰を上げて吐くときにゆるめる

ゆっくり意識しながら呼吸をすることで、腰周辺の筋肉がゆるんでくる。

腰を反らすイメージで上げ、痛みが強い場合は無理に行わない。

4、息を吐きながら下腹部を軽く膨らませてキープ

まずは数回呼吸して、腰のどの辺が痛みの中心なのかを意識する。

恥骨から指3本上、もしくはおへそからこぶし1つ下の下丹田に手を置くと呼吸のイメージがしやすい。

おなか全体ではなく、下腹部を軽く膨らませる。

吐きながら膨らませるので、通常とは逆の動きになる。

5、下腹部を膨らませたまま、胸までの浅い呼吸をガマンできなくなるまで行う

指先で下丹田を意識しつつ、浅い呼吸を繰り返す。

肺の浅い部分だけで行うため、30秒~1分程度で苦しくなってくる。

おなかを膨らませているため、ごく浅い呼吸しかできない。

6、両手を離して終了

苦しくなっているので自然と深い呼吸が誘導されて下丹田まで酸素が到達する。

何回か行うことで腰の骨のゆるみ、腰と床の間にすき間ができるようになる。

Pocket

The following two tabs change content below.
松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう)
松山市の心と体が楽になり人生が楽しくなる整体院 健優館 館長。趣味はアート写真。詳しいプロフィールはこちら→松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長プロフィール
松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう)

最新記事 by 松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう) (全て見る)