Pocket

痛みは消えない?なくならない?痛みと整体の関係

痛みは消えない?なくならない?痛みと整体の関係について

愛媛県松山市の整体院 健優館です。

あなたは、腰痛や肩こり、自律神経失調症などの心や体の痛みで、お悩みではありませんか?

痛みがあると、苦しくなったり、辛くなったり、気分も落ち込んでしまいますよね。

ですが、痛みは捉え方次第で、グンと楽になるものでもあります。

そこで、このページでは『痛みは消えない?なくならない?痛みと整体の関係』と題して、お伝えしていきます。

痛みは悪者?痛みを受け入れることとは?

普通、痛みが出ると、なんとかしたい、この痛みを取り除きたい、痛みから解放されたいと思いますよね。

これは当然の反応であり、何も悪いことはありません。

ですが、痛みをなんとかしたい、痛みを消したい、なくしたいと思うほどに、痛みが強まってしまうケースもあります。

それは、人は意識を向けているものが現実化するという、重力などと同じ誰にでも働いている、宇宙の法則があるためです。

分かりやすく言うと、痛みについて考えていればいるほど、痛みが強くなるということです。

「とはいっても痛いものは痛い」「早く痛みから解放されたい」と思うのが、人間です。

それもごもっともな意見であり、正論だと思います。

ですが、そう思えば思うほど、宇宙の法則が働き、痛みが強くなったり、悪化してしまうという事実があります。

「では、どうしたらいいの?」と思われた方もいらっしゃると思います。

その答えは、ズバリまず「痛みを受け入れること」です。

痛みをなんとかしたい、消したい、なくしたいと思うことは、痛みに対して抵抗している状態です。

そして痛みは、抵抗されればされるほど、さらに強い痛みを発してしまいます。

ですから、まずは痛みの存在を受け入れる必要があります。

これは、恋人や夫婦ケンカと同じ仕組みと言えます。

例えば、恋人やパートナーとケンカをしている時に、どっちが良い悪いは抜きにして、相手の話を全く聞かなかったり、暴言を吐いたら暴言を吐き返す、手が出たら手を出し返すでは、ケンカはさらにヒートアップしてしまいますよね。

反対に、こちらが怒って暴言を吐いたり、手を出したり、怒りをぶつけても、相手がひたすら話しを聞いてくれたり、暴言や手を一切出さなかったらどうでしょうか。

少しずつ怒りがおさまっていくと思いませんか。

痛みもこれと同じです。

痛みが出たからといって、痛みの意味や言い分を一切考えず、ひたすら消そうとしたり、なくそうとしたらどうでしょうか。

実は、痛みはあなたにとって悪者でも敵でもありません。

痛みが発生するには、それなりの意味があり、あなたにそのことに気づいてもらうために痛みは発生します。

例えば、体が疲れて限界がきているのに、忙しいからと我慢して仕事や家事をしたり。

例えば、ずっと感じているコリや違和感を無視して過ごしていたり。

例えば、ストレスを感じる出来事に見て見ぬふりをしたり、諦めたりなど。

こういった、あなたの今までの体や心に対する接し方、言い換えると生き方の積み重ねが、限界を迎えた時、そのサインとして痛みが発生します。

つまり、あなたにとって痛みとは、あなたの心と体からのSOSのサインであり、これ以上放っておくともっとひどくなるという警報のサイレンのようなものです。

ですから、痛みが発生したから、すぐに痛みを消すことを考えるのではく、この痛みが発生した理由は何なのだろうと自分に問いかけ、その理由に気づく必要があります。

そうでないと、例えその場しのぎで痛みが消えたとしても、その原因であるあなたの生き方が変わらない限り、痛みというサイレンは、手を変え品を変え、あなたに発生し続けてしまいます。

ですが、安心して下さい。

あなたが、発生した痛みの意味をしっかりと感じとり、謙虚に生き方を見直し、改善の行動を起こすと、痛みはその役割を終え、自然といなくなります。

まずは、痛みに対する、捉え方、向き合い方を変えることが、本当の意味で痛みを改善することにつながります。

痛みは消えない?なくならない?痛みと整体の関係とは?

痛みは悪者ではないと分かっていても、痛みをなんとかしたくなるのが、人間の心理だと思います。

それはそれで、当然の反応でもありますので、それ自体けっして悪いことではありません。

ですが、いつまでも痛みに囚われてしまうことは、痛みにとってもあなたにとってもデメリットしかありません。

不思議な話ですが、実は、痛みは消えることはありませんし、なくなることもありません。

もちろん、一時的に消えたように感じたり、なくなったように感じることはありますが、完全に消えたり、なくなることはありません。

え?と思われたかもしれませんが、それには理由があります。

それは、痛みには存在する理由があり、痛みがないと人は生きていけないからです。

例えば、もし、あなたが全く痛みを感じない世界にいるとしたらどうでしょうか。

やった!と思うかもしれませんが、それは痛みの本当の意味に気づいていないと状態だと言えます。

例えば、痛みを感じない場合、画びょうをふんでも痛くない、タンスの角に小指をぶつけても痛くない、骨折しても痛くない、あやまって包丁で手を切ってしまっても痛くない状態になります。

痛くない、痛みを感じないと、なんとかしようという気も起きませんし、危ないという危機感も感じることができません。

そうなるとどうでしょうか。

例え、その場では、命に別条はなくても、そこから化膿したり、出血が続き、そのことがきっかけで、ある日突然、亡くなってしまうということにもなりかねません。

痛みは、致命傷をさけ、命を危険から守るために存在しています。

まず、痛みがそういった、大切な役割をしていることに気づくことが大切です。

さらに、痛みがあるから、痛みがない健康な状態を感じることができます。

もし痛みが存在しない場合、痛みがない状態ということが当たり前になり、その状態に気づくことすらできません。

つまり、痛みがないことが、どれほど幸せなことかといった幸せや感謝を感じる気持ちも湧かないことになってしまいます。

痛みがないことは、この世界で感じられる、幸せをひとつ減らしてしまうことになります。

痛みに限らず、この世界はすべてふたつの側面があり、そのふたつの側面があることで、お互いの存在を感じることができます。

つまり、悲しいことがあるから、嬉しい気持ちを感じることができる、辛いことがあるから、楽しい気持ちを感じることができる、苦しいことがあるから、喜びを感じることができるのです。

一見すると嫌なことも、その存在があることで、良い気分を感じることができます。

ですから、痛みも完全には消すことができないし、なくすこともできません。

ただ、痛みに対する捉え方を変え、痛みも必要があって存在しているものなのだと気づくことができると、痛みそのものの意味も変わってきます。

消えないもの、なくならないものを、何とかしようとするよりも、それは消えない、なくならないものだということを受け入れ、その上でどうするか、どうすべきかを考え、行動していく。

これこそが、本当の意味で痛みを改善する、言い換えると痛みと和解し、痛みと共に生きることにつながるのではないでしょうか。

松山市の整体院 健優館は、本当のこと、本質を追究し、宇宙の法則を活用した不思議な整体で、本来のあなたを取り戻し、本当の自分を生きるキッカケをとことん全力でサポートする整体院です。

普通とは違う、考え方やアプローチで整体を行う、ちょっと変わった整体院です。

これも、本当のことを追求してきてたどり着いた、洗練され、磨かれ続けている当院の個性やスタイルでもあります。

このページを最後までお読みいただいた、ご縁のあるあなたの、心と体が楽になり、さらに人生が楽しくなる、本当の自分に戻るお手伝いができることを楽しみにしています。

長文を最後までお読みいただき本当に有難うございます。

あなたとのご縁に心より愛と感謝を込めて。

松山市の整体院 健優館 院長 藤原優(ふじわらゆう)

「ホームページを見ました」と今すぐお電話下さい!

今すぐお電話

お問い合わせ

※iPhoneやiPadで電話番号ボタンを3回以上タップするとシステムの関係で「このWebサイトから自動的に電話をかけることは禁止されています。」と表示されますが「通話を許可」→「発信」をタップすると電話をかけることができますのでご安心下さい。

↓↓↓下記のページもご覧下さい↓↓↓
健優館TOP 館長自己紹介 はじめての方へ お客様の喜びの声 整体料金 よくあるご質問 予約申し込みの流れ 交通アクセス

松山市の整体院 健優館(けんゆうかん)
〒791-8011
愛媛県松山市吉藤5丁目3-11
(松山市駅から北条方面へ車で約15分)
電話番号:089-906-5484
営業時間:9時~20時
定休日:日曜日(土曜・祝日も営業)
P2台あり
 

Pocket

The following two tabs change content below.
松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう)
松山市の心と体が楽になり人生が楽しくなる整体院 健優館 館長。趣味はアート写真。詳しいプロフィールはこちら→松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長プロフィール
松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう)

最新記事 by 松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう) (全て見る)