Pocket

肩甲骨で健康に?

愛媛県松山市の整体院 健優館です。

肩甲骨(けんこうこつ)って知っていますか?

背中の上のほうの左右にある、柔らかい人は寄せると天使の羽のようになる骨の部分です。

この肩甲骨は、多くの筋肉によってつり下がるようについているため、コリやサビつきの影響がでやすい部分です。

現代人は骨盤とならんで、肩甲骨を正常な位置に収められず、様々な形にズレている場合が多いです。

肩甲骨と姿勢のズレ

肩甲骨がズレると、姿勢にも影響を出てしまいます。

そのため多くの人が、重心が前にかかった前屈姿勢(猫背など)になっています。

この前屈姿勢(猫背など)は腰痛や肩こり様々な症状の引き金になり、健康を大きく左右するポイントでもあります。

あなたはどのタイプ?肩甲骨状態チェック

ひとくちに前屈といっても肩甲骨の状態により、パターンと組み合わせがあり、特徴もそれぞれ異なります。

ここでは、前屈姿勢の代表的な3つのパターンをご紹介します。

あなたはどのタイプかチェックしながら読まれてみてくださいね。

1、肩甲骨が外側に流れる前屈姿勢タイプ

肩が前に出て、背中が丸くなってしまうタイプです。

このような姿勢の人は肩甲骨を寄せる動作が苦手な人が多いです。

まずは肩甲骨周りを温めるなどして、普段から肩甲骨の位置を意識してみましょう。

2、肩甲骨が下にズレる前屈姿勢タイプ

呼吸器の弱まりから肋骨(ろっこつ)が下がり、これを肩甲骨が無理やり持ち上げているタイプです。

見た目には肩に力が入っていかり肩のような姿勢です。

このタイプの人は、肋骨がきちんと上がるように意識し、肋骨を持ち上げる動作行ってみましょう。

3、浮き上がりの前屈姿勢タイプ

肩甲骨のズレに左右差がある前屈姿勢タイプです。

このタイプは、体が斜めになったり、一方の肩だけ上がったりする姿勢になります。

このような人は、左右どちらかの動きを苦手に感じます。

苦手な側のケアをしっかり行なっていきましょう。

肩甲骨が整えば、姿勢が自然に改善する?

姿勢の乱れは体のこりやサビつきから始まります。

特に背骨や骨盤、肩甲骨がサビつき動きが悪くなると、そこを動かさない姿勢が楽になります。

そうなると動くべき部分が動いていないので、他の部分に負担がかかることになります。

どうしたら姿勢を改善できるのかといえば、やはり体のこりやサビつきを落とすことです。

体は本来キレイな姿勢がとれるようにできています。

ですから体のサビつきを解消し、骨や筋肉が本来の力を取り戻せば姿勢も自然と本来のキレイな状態に改善していきます。

こうなると、キレイな姿勢が楽に感じられ、自然と姿勢も美しくなります。

まずは毎日の生活で肩甲骨を動かすことを意識してみましょう。

ちなみに当院では、骨盤とこの肩甲骨を特に意識して施術を行なっています♪

Pocket

The following two tabs change content below.
松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう)
松山市の心と体が楽になり人生が楽しくなる整体院 健優館 館長。趣味はアート写真。詳しいプロフィールはこちら→松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長プロフィール
松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう)

最新記事 by 松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう) (全て見る)