Pocket

人間本来の生き方とは?

愛媛県松山市の整体院 健優館です。

最近は、パソコンでのデスクワークなど、あまり運動せず同じ姿勢でいる生活をされている方が多くいらっしゃいます。

時代の流れで仕方がないところもありますが、残念ながら人間本来の在り方ではないのも事実です。

動物は動く物と書きます。

つい忘れがちですが、人間も動物の一種です。

ということは、動物にとって動かない生活というものはストレスになります。

仕事が忙しくて運動なんてできない、お金を稼ぐためには仕方がないという方もいらっしゃると思います。

ですが、その言う言葉からくる行動により、運動しないという動物本来の在り方から外れてしまうと、そのストレスに耐えられる間はいいですが、がまんには必ず限界があります。

そのストレスが一気にあふれだし、腰痛・肩こりなど様々な症状や、ひどい場合はうつや何かしらの病気になってしまいます。

人はなにか自分にとって痛い思いや辛い思いをしないと、そのありがたさに気付きにくいという性質があります。

症状や病気により入院したベットの上でようやく、なぜこんな症状になったんだろう、無理し過ぎていたんだぁとそこで初めて今までの自分自身を顧みます。

私も実際にそんな経験をした1人でもあります。

ですから、人間は人間らしく、本来の生き方をすることが健康にとっても大事になります。

同じ姿勢が続く場合、どこかで運動をする時間をとるなど、調和をとる、つまりバランスをとることが必要です。

同じ姿勢をとることが悪いのではなく、その同し姿勢をとった分だけ、別のところでバランスをとらないのが悪いのです。

人間は調和した本来の生き方をしていると、症状や病気に悩まされると言うことなありません。

人間は本来、健康に寿命を全うできるように設計されているからです。

人間本来の生き方から外れた不調和の状態に気づき、それを調和状態に戻すことができるは自分にしかできないことです。

まずは調和された人間本来の生き方を知り、不調和に気付くことからはじめてみましょう。

体の真ん中に重心を

体の調和という意味でも、体の重心の位置というものも重要になってきます。

猫背の人は骨盤が後ろに傾き、体の重心がずれている状態、体が傾いている人は骨盤も左右にどちらかに傾いている重心がくずれた状態です。

体の重心がズレると、体のどこかに歪みが発生し、それが何らかの症状や病気の引き金になります。

重心の基本は足にあります。

特に「ウナ」と呼ばれる、両足の内くるぶしの下に重心を持ってくるのが1番良いとされています。

格闘家や武道の達人も、みなさん自然とこのウナに重心を置かれてます。

あなたも今日から「ウナ」を意識し、体の重心を本来のものへと調和していきませんか。

Pocket

The following two tabs change content below.
松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう)
松山市の心と体が楽になり人生が楽しくなる整体院 健優館 館長。趣味はアート写真。詳しいプロフィールはこちら→松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長プロフィール
松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう)

最新記事 by 松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう) (全て見る)