Pocket

背骨は体の屋台骨

愛媛県松山市の整体院 健優館です。

背骨は体の屋台骨と呼ばれ24個の骨でできています。

細かく分けると、上から順に24個のうちの7個が頸椎(首の骨)、12個が胸椎(背中の部分の骨)、残り5個が腰椎(腰の骨)になります。

背骨は本来きれなS字のカーブを描き、ひとつひとつが弾力を持って動くものです。

これにより重力や歩くことで発生するさまざまな衝撃を緩和しています。

背骨がサビつくと?

背骨にひとつでもサビつきがあらわれると、そこがうまく動かなくなり、上下の骨がくっついて一本化したようになり、きれいなS字カーブが少しずつ失われていきます。

そうなると、姿勢の乱れや、神経の伝達にも影響を及ぼし、サビついた背骨に応じた部位や機能の弱体化があらわれてきます。

背骨は体の状態を映し出す鏡

背骨は本来、重力を受け流すクッションとして少しずつ動きます。

そこで、リラックスして寝ている人の背骨を優しく押してみると、骨の間がつまっていたり、痛みを感じる部分があります。

背骨のその部分がサビつき動きが悪くなっている部分です。

背骨の場所により様々な症状に関係があります。

正常に働いていない部分は、冷たく感じたり、押しても固く感じます。

背骨は体の状態を映す鏡です。

これが分かると体の状態がだんだん見えてきます。

Pocket

The following two tabs change content below.
松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう)
松山市の心と体が楽になり人生が楽しくなる整体院 健優館 館長。趣味はアート写真。詳しいプロフィールはこちら→松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長プロフィール
松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう)

最新記事 by 松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう) (全て見る)