声と言葉の異常と整体

2015-12-21
Pocket

あなたは、声と言葉の異常でお悩みではありませんか?

声と言葉の異常があると、人とかかわる毎日の中で支障が出て辛い思いをしてしまいますよね。

このページでは整体の視点から見た、声と言葉の異常についてお伝えしていきます。

声が出る仕組みと整体

まずは、声が出る仕組みからお伝えしていきます。

のどの奥の咽頭下部から気管に通じる部分(喉頭)にある声帯は、呼吸時には開き、空気は自由に通過できます。

声を出す時は閉じて、通過する空気の振動によって音を出すことができます。

しかし、はっきりとした言語とするためには口や舌の働きも必要です。

音質(声質)は声帯の構造によって違い、男性が女性や子供よりも低い声を出すのは声帯が太く、長く、そのため振動数が少ないからです。

声と言葉の異常と整体

声の異常は、発声器である声門部周辺の異常によって起こり、言語障害は発声器のほか言葉を理解する脳の言語中枢や神経の異常によっても起こります。

急に声がかれてのどが痛い場合で、熱っぽい、くしゃみ、鼻水、せきなどのかぜ症状を伴う、たばこやお酒を飲み過ぎた時に起こる場合、「喉頭炎」の可能性があります。

だんだん声がかすれてきて、のどに異物感や飲み込みにくい感じがあり、いつも声を出す職業の場合、声の使い過ぎや声帯のトラブルの「声帯結節」「声帯ポリープ」の可能性があります。

のどが痛まないのに急に声が出なくなった場合「反回神経まひ」疑いがあります。

声が震える場合、持続する時は「パーキンソン病」の可能性があります。

声がもたつく場合は「脳卒中」、言葉が出にくい場合「恐怖や過度の緊張」が原因の場合があります。

声と言葉の症状と整体と生活習慣

声や言葉は、意思疎通をスムーズにし伝えたいことを伝えるために非常に重要です。

例えば、ある日突然朝起きると声が出なくなったとしたら、あなたはどうしますか?

会社を休もうにも声が出ないため、電話ができません。

電話で病院に問い合わせることもできません。

大好きな人と声でコミュニケーションすることができなくなります。

メールや筆談ならできるかもしれませんが、声で伝えるよりは手間がかかり不便ですし、なにより寂しい気持ちになりますよね。

そうならないための予防として、普段のライフスタイル(生活習慣)を病気や症状になりにくいライフスタイルに変えていく必要があります。

そのためには、病気や症状になりにくいライフスタイル(生活習慣)を知る必要があります。

ゴールが見えないと、ゴールに向かう努力も空回りに終わってしまいます。

松山市の整体院 健優館では、その方専用のライフスタイル(生活習慣)改善のアドバイスと、心と体のバランスが整う不思議な整体で、症状改善のお手伝いをしています。

※当院は、民間療法の整体院です。症状によっては、医療機関の受診をおすすめする場合がございます。まずはお気軽にお問い合わせください。無料メール相談24時間受付中です。

Pocket

The following two tabs change content below.
松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう)
松山市の心と体が楽になり人生が楽しくなる整体院 健優館 館長。趣味はアート写真。詳しいプロフィールはこちら→松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長プロフィール
松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう)

最新記事 by 松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう) (全て見る)

Copyright(c) 2011 松山市の整体院 健優館 All Rights Reserved.