Pocket

1回1回の呼吸を意味あるものに変えていく

愛媛県松山市の整体院 健優館です。

人間が一生のうちにどのくらい呼吸を繰り返すのかご存知でしょうか。

安静時は1分間におよそ12回、1時間で720回、1日で1万7280回、1年で630万7200回、一生で5億3611万2000回以上(寿命85年として安静時の1分間の平均呼吸回数から算出したもので、病気や運動による増減は含まない場合です)もの呼吸をしています。

年間の数字とご自身の年齢をかけると生まれてから何回呼吸してきたか大まかな数値が分かります。

これほどたくさん呼吸をしているのですから、1回1回の呼吸を意味あるものに変えていくことが健康の第一歩であることは間違いありません。

呼吸の大切さは、江戸時代から言われていた?

最近、呼吸の大切さを「再確認」する動きが活発になってきています。

昔から呼吸の大切さに気づき、それを書き残している人もおられます。

そのひとりに江戸時代の仏教・臨斉宗の中興の祖といわれる白隠(はくいん)禅師です。

白隠禅師は、著書「夜船閑話(やせんかんな)」のなかで「内観の法」というものを紹介しています。

これは丹田を中心とした呼吸法にイメージ療法を加えたようなもので、これにより心身がリラックスし、病も回復したそうです。

このように古来より呼吸を重視し、実践しているケースはたくさんあります。

西洋医学でも酸素吸入は回復を助ける大きな手段です。

ただ私たちが、毎日の生活に追われ、呼吸の大切さを忘れているだけなんです。

Pocket

The following two tabs change content below.
松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう)
松山市の心と体が楽になり人生が楽しくなる整体院 健優館 館長。趣味はアート写真。詳しいプロフィールはこちら→松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長プロフィール
松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう)

最新記事 by 松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう) (全て見る)