Pocket

深い呼吸への3つのポイント

愛媛県松山市の整体院 健優館です。

呼吸法を実践するときに、より高い効果を引き出すための3つのポイントがあります。

これができれば、迷うことなく、深い呼吸が誘導されます。

1、酸素が体内を通過するイメージを強く持つ

頸椎7番に呼吸を通すなどの表現がありますが、実際にそこへ空気を通すわけではありません。

そのイメージを強く思い描いて呼吸することが大切です。

耳をすませる、指先へ集中して微妙な感覚を得るなどと同様に特定部位への意識を集中させることで力が集まり酸素が送られ、回復へと向かいます。

2、体の動きに合わせて「吸う」「吐く」を行う

体の動きと呼吸を同じタイミング、同じ長さで行うことが重要です。

息を吸いながら両手を交互に伸ばすのであれば、フッフッと小刻みに吸う。

両手を下ろす時吐くなら、少しずつ吐いて、両手を下ろし終わると同時に吐き終わる。

動作と呼吸のシンクロを心がけて下さい。

3、息苦しくなるから深い呼吸が誘導される

動きのすべてが「吸う」など、同じ呼吸が何度も続くケースもあります。

これは同じ呼吸を出来るだけ続けるということです。

ガマンできなくなるまで行うと、最後に自然と深い呼吸に誘導されるのです。

Pocket

The following two tabs change content below.
松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう)
松山市の心と体が楽になり人生が楽しくなる整体院 健優館 館長。趣味はアート写真。詳しいプロフィールはこちら→松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長プロフィール
松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう)

最新記事 by 松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう) (全て見る)