Pocket

妊娠中・妊婦さんと腰痛

妊娠中・妊婦さんと腰痛について

愛媛県松山市の整体院 健優館です。

あなたは「妊娠中・妊婦さんの腰痛」でお悩みではありませんか。

妊娠中の腰痛があると、ただでさえ動きづらいのに思うように動けなかったり、適度な運動ができなかったり、どうすることもできない痛みに辛い気持ちになってしまいますよね。

そこで、このページでは「妊娠中・妊婦さんと腰痛」と題して、妊婦中の腰痛でお悩みのあなたにお役立ちできる情報をお伝えしていきます。

あなたが少しでもホッと安心するきかっけにつながれば幸いです。

妊娠中・妊婦さんの腰痛とは?

妊娠前には、腰痛がなかった女性でも、妊娠してから急に腰痛になる人がいます。

妊娠中は、骨盤内で赤ちゃんを育てますので、骨盤の位置が大きく変化します。

そして出産に対する心理的な不安や緊張などが重なることもあり、自律神経のバランスやホルモンのバランスが変化します。

そういった、体内の構造や生理面の大きな変化の影響で、いろいろな症状が出ることがあります。

腰痛や坐骨神経痛も発生しやすい症状の一つです。

妊婦さんはお腹が大きくなります。

骨盤が前に回転し(前傾)、腰の骨の関節に負担がかかり、関節性の腰痛を起こしやすくなります。

腰痛以外にも、坐骨神経痛、ぎっくり腰になる妊婦さんもいらっしゃいます。

「妊婦さんはお断り」という治療院も多く、妊婦さんに対しては、特別な施術が必要です。

母体にもお腹の赤ちゃんにも負担がかからないように、優しく筋肉や骨格を調整する技術が必要です。

妊娠中・妊婦さんのぎっくり腰

妊娠中に急な腰痛になる妊婦さんがいます。

妊娠中はホルモンの働きで、骨盤の関節がゆるみます。

急な動作、慣れない動作などをした結果、ギックリ腰になってしまいます。

運動をしすぎて、ぎっくり腰になったりする場合もあります。

ただでさえぎっくり腰の痛みはつらいものですが、妊娠中という状況ですから、余計に不安やパニックになったりしがちです。

寝返りも打てないようなひどいぎっくり腰の場合は、楽な姿勢をとり患部をアイシングで炎症を抑えると良いです。

ある程度痛みがひき、動けるようになったら今度は患部を温めたほうが、血流がよくなり回復を早めます

妊娠中・妊婦さんの腰痛の原因

妊娠中・妊婦さんと腰痛

妊娠中・妊婦さんの腰痛の原因は、構造的な原因だけではありません。

妊娠によるホルモンの働きによる影響もあります。

赤ちゃんが生まれる時には狭い骨盤を通らなくてはならないため、その狭い骨盤が開く必要があります。

ですから、骨盤などの靭帯をゆるませる作用のあるリラキシンというホルモンの分泌が多くなるのです。

このホルモンは妊娠の初期から盛んになります。

リラキシンの作用により、骨盤の関節がゆるむことで腰痛が起こりやすくなります。

骨盤を支える靭帯がゆるんで起きる腰痛では、ゆるみにより関節へ大きな負担がかかります。

関節の動きについても、通常よりは大きくなり、これも腰へ悪影響になります。

関節の動きが大きくなってしまうと、その周囲の筋肉も痛んでしまうことがあります。

妊娠中・妊婦さんの腰痛の原因「体の不調和」

妊娠中・妊婦さんの腰痛は体のバランスの不調和が関係しているケースも多いです。

妊婦さんはお腹に赤ちゃんがいる分、どうしても体に負担がかかり、体のバランスがズレやすくなります。

体のバランスに不調和があると、血流が悪くなったり、ストレスを感じやすくなってしまいます。

この血流やストレスの積み重ねが腰痛につながります。

妊婦さんの場合、運動やストレッチもしにくく、体も固まりやすくなってしまいます。

ですから、無理のない範囲で気分転換をかねて散歩をしたり、出来る範囲でストレッチをすることも大切になります。

体のバランスが調和しているほど、妊娠中も動きやすくなり、出産の際もスムーズな出産につながります。

妊娠中・妊婦さんの腰痛の原因「心の不調和」

妊娠中・妊婦さんの腰痛は体の部分はもちろんですが、心の部分に原因が隠れている場合も多いです。

必要以上にネガティブな感情を感じていたり、我慢しすぎていたり、ストレスをため込んでいたりなどの心の不調和も体の症状に影響を与えます。

それは、心と体は深くつながっているため、お互いにダイレクトに影響しあうためです。

つまり、心の不調和は体の症状などの不調和として現れ、体の不調和は心の不調和につながります。

特に妊娠中は、いつもの生活と違い制限が多かったり、思うように動けないこともあります。

そこで必要以上にネガティブにならず、できる限りポジティブに捉え妊娠中の生活を楽しむことが大切です。

妊娠中の期間は、人生の中でもとても貴重な体験ができる期間です。

自分の内側に小さな命の存在を感じられる期間です。

命の成長、そして誕生という奇跡と感動を体験できるまたとない機会です。

ですから、もし妊娠中に辛い気持ちになったら、まずは辛い気持ちになっている自分を認め受け入れて、その上でどうなりたいか、どうありたいかをイメージしてみましょう。

そうすることで、少し気持ちも軽く、楽になることにつながるはずです。

不思議な話ですが、お母さんの感じている感情は、お腹の中の赤ちゃんも敏感に感じています。

ですから、できるかぎり無理のない範囲で、良い気分で過ごすことが大切になります。

妊娠中・妊婦さんの腰痛の原因「生活習慣の不調和」

妊娠中・妊婦さんの腰痛の原因として、生活習慣(呼吸・食事・動作・考え方)も大きな原因になります。

呼吸が浅いと血流も悪くなります。

甘いお菓子や砂糖などの糖質、ごはんやパン、めん類などの炭水化物を取り過ぎると、痛みが出やすくなってしまいます。

体に無理な負担がかかる動作や運動不足も腰痛のきかっけになります。

ネガティブな考え方や我慢しすぎてストレスをためることも、体の痛みなどの症状に関係してきます。

特に妊婦さんの場合、快適なマタニティライフを送るため、楽な出産を迎えるためにも、生活習慣は重要になります。

生活習慣は言いかえると生き方と言えます。

この生き方が調和しているほど、妊娠出産に限らず、より快適に毎日を過ごすことができるようになります。

妊娠中・妊婦さんの腰痛の原因「環境の不調和」

妊娠中・妊婦さんの腰痛の原因として、環境の不調和も原因になります。

環境の不調和は、人間関係や家庭環境、職場環境、生活環境などの不調和によるストレスにつながります。

ですが、環境はすぐに変えられない場合もあります。

ですから、今の自分で出来る範囲の心と体、生活習慣の改善をしていくことが大切になります。

そして、もし環境を変えられたとしても、あなたの意識が変わらない限り、また同じ問題や悩みを繰り返し体感することになります。

それは、体感している本人の意識が変わらない限り、現実も変わらないからです。

外側の環境だけでなく、内側の意識をポジティブな方向に変えることが大事になります。

妊娠中・妊婦さんへの整体について

妊娠中・妊婦さんと腰痛

当院では妊娠中・妊婦さんの腰痛のクライアントさんが多数ご来院されています。

妊娠中・妊婦さんの施術は安定期(妊娠5カ月ぐらい)に入っていれば施術可能です。

うつぶせの体勢は避け、あお向け、横向き、もしくは座ったまま、立ったままなど、とにかく妊婦さんに極力負担のかからない体勢で優しい施術を行ないます。

整体により構造的にも生理的にもバランスがとれた状態なら、腰痛もおこりにくく快適に妊娠期間を過ごすことができます。

そして出産も比較的楽にスムーズにすることができ、産後の体調回復も早いのです。

妊娠前、妊娠中、そして出産後もお体のメンテナンスとして、当院の整体を受けて頂いている方も多いです。

妊娠中の腰痛でお悩みの方は、妊娠期間中を元気に過ごすために、出産後も楽しく子育てをするためにも整体を受けてみることをオススメします。

妊婦さんの腰痛は、まず体のバランスを整えることが大切です。

体のバランスのずれや不調和が、体の歪みや血流の悪化につながり、その結果として妊娠中の腰痛などの症状につながるからです。

ですが、何も常に背中がまっすぐの状態が理想というわけではありません。

その人の今の体の状態に必要なバランス、体にとって負担の少ない自然な姿勢が本来の姿勢とも言えます。

自然な姿勢は、周りから見ても美しいものです。

そして、体のバランスだけでなく、心のバランスを整えることも大切になります。

心と体は深くつながっているため、心の不調和が体の不調和の妊婦さんの腰痛として現れてしまうためです。

当院の整体は、体のバランスが整うと同時に、心にも癒しのヒーリング効果のある不思議な整体を行っています。

つまり、心と体の両面にアプローチし、より深い部分から楽になる整体です。

そして、心と体が調和し、生活習慣と環境が調和することで、妊婦さんの腰痛の本質的な改善につながります。

ちょっと不思議な話ですが、妊娠中・妊婦さんの腰痛は「あなたがあなた本来の生き方を取り戻すため」に発生します。

言いかえると、今のあなたの生き方は、本来のあなたの生き方とズレていますよ、と教えてくれている体からのサインと言えます。

ですから、妊娠中・妊婦さんの腰痛だからその症状を何とかしようとするのではなく、妊娠中・妊婦さんの腰痛になっている理由や意味に気づき、理解し、それに伴い行動していくことが大切になります。

あなた本来の生き方とは、頭で考えた生き方ではなく、心で感じる生き方です。

過去の後悔や未来の不安ではなく、今この瞬間の喜びを生きる生き方です。

違和感やストレスを感じる生き方ではなく、絶対的な安心感の中、楽に楽しく生きる生き方です。

ですが、苦しい経験があるからこそ、うれしい経験を感じることができます。

悲しい体験があるからこそ、喜びの体験を味わうことができます。

苦しさや悲しさは、人生を味わい深いものにしてくれる最高のスパイスだと言えます。

そんな意識で、どんな自分も受け入れ、認め、許し、愛することができたとき、あなたが本来のあなたを生き始めるきかっけにつながります。

松山市の整体院 健優館は、整体を通して、心・体・生活習慣・環境が調和するお手伝いをし、妊娠中・妊婦さんの腰痛の本質的な改善をサポートする整体院です。

単に症状が改善するだけの場所ではなく、あなたが本来のあなたの生き方に気づき、本来のあなたの生き方を取り戻す場所を追求しています。

当院は、あなたが人生を生きることが楽に楽しくなりあなたらしく輝くお手伝いを全力で行っている整体院です。

不思議な話ですが、妊娠中の腰痛をなんとかしようとすればするほど、症状が悪化してしまうケースもあります。

それは、腰痛をなんとかしたいと思っている限り、なんとかしたいという思う現実が引き寄せられてしまうからです。

ですから、むしろ開き直って「妊婦中に腰痛があってもいいんだ、腰痛があっても大丈夫なんだ」と、妊婦中の腰痛を受け入れ、許すことができると、自然と回復に向かっていきやすくなります。

あなたは存在しているだけで十分価値がある存在です。

パズルに余るピースはないように、この地球という壮大なパズルもあなたというピースがなければ完成できないし、成り立つことができません。

自分は貴重で素晴らしい、すごい存在なんだということに気づき、自分のことを今より好きになり、自分を認めてあげましょう。

そんな、一歩があなたの妊婦さんの腰痛解決の希望の光に変わっていきます。

ストレス社会の現代、あなたと同じ妊婦さんの腰痛の悩みを抱え苦しんでいる方はたくさんおられます。

あなたは一人ではありません。

そして、あなたが妊婦さんの腰痛から解放されるということは、同じ症状で苦しんでいる方の明るい希望になるということです。

一緒に一歩一歩進んでいきましょう。

松山市の整体院 健優館は、そんなあなたにやさしく寄り添う整体院です。

妊娠中は不安なことや苦しいことも多いと思います。

ですが、それ以上に喜びを感じる場面もたくさんあります。

当院は、あなたの快適なマタニティライフと安産、産後の楽しい子育てを全力で応縁しています。

まずはお気軽に電話やメールでお問い合わせくださいね。

このページを最後までお読みいただいた、ご縁のあるあなたのご来院を心よりお待ちしております。

(2017年7月更新)

松山市の整体院 健優館 院長 藤原優(ふじわらゆう)

↓↓↓下記のページもご覧下さい↓↓↓
TOP 館長自己紹介 はじめての方へ 整体料金 お客様の喜びの声 よくあるご質問 予約申し込みの流れ 交通アクセス 

「ホームページを見ました」とお電話下さい。

松山市の整体院 健優館(けんゆうかん)
〒791-8011
愛媛県松山市吉藤5丁目3-11
(松山市駅から北条方面へ車で約15分)
電話番号:089-906-5484
営業時間:9時~20時
定休日:日曜日(土曜・祝日も営業)
P2台あり

Pocket

The following two tabs change content below.
松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう)
松山市の心と体が楽になり人生が楽しくなる整体院 健優館 館長。趣味はアート写真。詳しいプロフィールはこちら→松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長プロフィール
松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう)

最新記事 by 松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう) (全て見る)