Pocket

認知症の予防と糖質制限食

愛媛県松山市の整体院 健優館です。

世界一の高齢社会となった日本で深刻な認知症についても糖質制限食は有効で、予防効果が期待できます。

代表的な認知症のアルツハイマー病は、高血糖と高インスリン血症により起こりやすいといわれています。

実際、糖尿病とその予備軍である人は、アルツハイマー病を発症するリスクが4.6倍高いというデータがあります。

さらにアルツハイマー病患者の約80%に二型糖尿病あるいは耐糖能異常がみられという研究結果もあります。

アルツハイマー病と糖質制限食

アルツハイマー病は、脳細胞にアミロイドβが沈着することが原因とされています。

アミロイドβを分解しているのはインスリン分解酵素です。

高インスリン血症があると、インスリン分解酵素がインスリン分解で手いっぱいになり、副業のアミロイドβ分解の余裕がなくなるのでアミロイドβが血液中に残りやすくなります。

インスリン濃度が高いことはアルツハイマー病へのリスクになります。

アルツハイマー病のリスクとなる高血糖と高インスリン血症がともに糖質制限食で改善するため、糖質制限食はアルツハイマー病に予防的に作用する可能性が高いということになります。

※糖質制限食は開始直後から効果があるため、経口血糖降下剤内服やインスリン注射をしている人は低血糖発作を起こす可能性があります。そうした方は、必ず医師と相談して、できれば入院して糖質制限食を行ってください。
※肝硬変・活動性すい炎。長鎖脂肪酸代謝異常症は適応外です。腎障害の場合、eGFRが60ml/分以上あれば適応となります。それ未満の場合は、個別に医師に相談してください。

Pocket

The following two tabs change content below.
松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう)
松山市の心と体が楽になり人生が楽しくなる整体院 健優館 館長。趣味はアート写真。詳しいプロフィールはこちら→松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長プロフィール
松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう)

最新記事 by 松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう) (全て見る)