Pocket

肌が黒くなるのは防御反応

愛媛県松山市の整体院 健優館です。

こんがり焼けた小麦色の肌は健康的なイメージがありますが、なぜ紫外線に当たると肌が黒くなるのでしょうか?

それは「紫外線から身を守る防御反応」と言えます。

紫外線は皮膚におけるビタミンDの生成を行うので、必ずしも悪いとは言い切れません。

しかし、同時にたんぱく質を変性させるため、皮膚に紫外線があたるとコラーゲンなどが破壊され、皮膚組織にダメージを与えます。

つまり、日焼けによる水ぶくれなどは、紫外線を浴び続けることにより皮膚にダメージを与え続けた結果なんです。

紫外線には、黒の力

紫外線を浴びると、皮膚は身を守るためにメラノサイトという細胞からメラニン色素という黒い色素を産生します。

そのため小麦色の肌になり、紫外線を遮ります。

暑い国の人の服装や日傘、サングラスも紫外線を遮るため黒が使われます。

ちなみに日本人は、黒目なのでサングラスが必要ないと感じる人も多いです。

自然と上手に向き合えるカラダ

「足るを知る」という言葉があるように、何事も適度というものがあります。

ビタミンDの生成のためとはいえ、紫外線を浴び続けて水膨れをおこし、皮膚に過度のダメージを与えてしまうのは考えものです。

皮膚は体温調節や汗による排せつ、皮膚呼吸などの大切な役割を持っています。

つまり、大切なのは適度を感じられる体です。

自然と上手に向き合え、感受性が高く弾力があり、順応性に満ちた体づくりが、これからの時代には一層必要になります。

Pocket

The following two tabs change content below.
松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう)
松山市の心と体が楽になり人生が楽しくなる整体院 健優館 館長。趣味はアート写真。詳しいプロフィールはこちら→松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長プロフィール
松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう)

最新記事 by 松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう) (全て見る)