Pocket

深息(しんそく)法ってなに?

深呼吸よりさらに深い呼吸が、ここでご紹介する「深息(しんそく)法」という呼吸法です。

別のページで寝た時の深息法はご紹介していますので、ここでは立った状態での深息法についてお伝えしていきます。

深息法は、体操や他の呼吸法に比べて大きな動作を必要としないので、どこでも行えるのが最大のメリットです。

心の安定や気力の充実といった精神面・心理面への効果はもちろん、血圧を調整して血流を整える、足腰の冷えを解消する、疲労感を回復させるなどの様々な効果が期待できます。

深呼吸のように「胸いっぱいに吸い込む」のではなく、腹式呼吸のように「おなかを使って呼吸する」でもありません。

無理なく全身に空気が行き渡るのが深い呼吸「深息法」です。

「深息(しんそく)法」の実践方法

お腹にある「下丹田(しもたんでん)」とよばれる部位まで酸素をひきこむ深い呼吸「深息法」の実践方法は、

1、背筋をのばして両足を肩幅くらいに開いて立ち、両手を下腹部にあてる

最初は下丹田を意識するために軽く下を向き、意識出来たら顔を正面に向きます。

動作中はうつむきではなく顔は正面をキープし下腹部の状態は両手のひらで感じましょう。

下腹部は下丹田(しもたんでん)という気が集まる場所です。

下丹田は、恥骨から指3本上の位置、もしくはおへそからこぶし1つ分下の位置にあります。

ここへ酸素を集めるイメージで行いましょう。

2、息を入れず下腹部を8割程度ふくらませて浅い呼吸を繰り返す

浅い呼吸は、苦しくなるまで繰り返しましょう。

下腹部のふくらみをキープし、下腹部をなるべく上下させないのがポイントです。

3、苦しくなったら最後に大きく吸い込み、ゆっくり吐きだして終了

下丹田がしっかりふくらんでいるか確認して行いましょう。

Pocket

The following two tabs change content below.
松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう)
松山市の心と体が楽になり人生が楽しくなる整体院 健優館 館長。趣味はアート写真。詳しいプロフィールはこちら→松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長プロフィール
松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう)

最新記事 by 松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう) (全て見る)