短時間なのに効果的♪「スロー筋トレ」を知っていますか?

2015-10-03
Pocket

スロー筋トレとの出逢い

愛媛県松山市の整体院 健優館です。

運動不足を解消したい、たるんだ体をなんとかしたい、ダイエットをしたい、筋肉をつけてソフトマッチョな体を目指したいなどの目的で、筋トレをはじめようと思っている人や実際に筋トレを行っている人もおられると思います。

そこで、今回は私が行っている「スロー筋トレ」という筋トレの方法をお伝えします。

私は高校時代から今までの約17年間ほぼ毎日筋トレをしています。

おかげさまで、筋トレをしないと落ち着かないくらい習慣になっています。

そもそも筋トレをはじめたきっかけは、映画(特に洋画)のアクションスターや当時人気だった格闘技のKー1の選手たちのかっこいい筋肉ムキムキの体にあこがれて、自分もこんな体になってみたいと思ったのがきっかけでした。

特にKー1にはどっぷりはまり、魔裟斗選手にあこがれ、一時期は自分もKー1選手を目指そうと本気で考えたほどでした。

そんなきっかけではじめた筋トレですが、最初は自宅で腕立て伏せや腹筋、スクワットなどを行ったり、社会人なってからはほぼ毎日くらいスポーツジムのマシーンで筋トレをしていました。

ですが、主に我流で筋トレを行っていたため、目指していたムキムキの体ではなく、どちらかというとソフトマッチョのような引き締まった体になっていきました。

あとで知ったのですが、筋トレには2種類あり、開放性運動連鎖という筋トレと、閉鎖性運動連鎖という筋トレがあります。

分かりやすく表現しますと、開放性運動連鎖はダンベルなどを使った外側の筋肉を鍛える筋トレで、閉鎖性運動連鎖は腕立て伏せなど内側の筋肉を鍛える筋トレです。

私はどちらかというと、閉鎖性運動連鎖の内側の筋肉を鍛える筋トレを行っていたため、引き締まった体になっていきました。

ですが、そのおかげで代謝の良い体になり、マラソンのトレーニングもしていた31歳の時の肉体年齢が最高で18歳になったこともありました。

代謝が良い体というのは、何もしなくても消費するカロリーが高い体です。

ですからあまり運動しなかったり、少々食べ過ぎても太りにくくなります。

そんな私が行っている、おそらくオリジナルの「スロー筋トレ」という方法をお伝えします。

スロー筋トレの実践方法

私がスポーツジムでの筋トレをやめて、7年くらいが経ちますが、その後も自宅での筋トレは続け、ピーク時ほどの筋肉量はありませんが、ある程度の状態でキープしている方法が「スロー筋トレ」という方法です。

スロー筋トレは文字どおりゆっくり筋トレをする方法です。

スロー筋トレ最大の特徴は、短時間で内側の筋肉を鍛えることができ、代謝の良い引き締まった体をキープできる点です。

それでは、私が現在行っているのスロー筋トレの方法を具体的にご説明しますと、

1、腕立て伏せを6回ゆっくり行う。

2、腹筋を6回ゆっくり行う

3、横を向いて横側の腹筋を左右6回ずつゆっくり行う

4、スクワットを6回ゆっくり行う

以上です。

筋トレ時間も約2、3分です。

意外とシンプルと思われたかもしれませんが、道具を使わないため、コツをつかめばあまり場所を選ばず実践できます。

コツとしましては、例えば腕立て伏せの場合、押す動作よりも腕を曲げる動作をできる限りゆっくり行い、曲げきったところで数秒キープします。

腹筋も曲げる時よりも戻す動作をゆっくり行い、戻しきる少し手前(背中が少しだけ地面から浮いている状態)で数秒キープします。

スクワットは、足を伸ばす時よりも、曲げる動作をゆっくり行い、曲げきったところで数秒キープします。

このスロー筋トレは回数は少ないですが、その分、内側の奥の筋肉いわゆるインナーマッスルに効きます。

特に内側の筋肉に効いている感じを味わうとより効果的です。(最初はなんとなく効いてるかなぐらいでOKです)

私の例はあくまで見本例ですので、回数や数秒キープは自分に無理しすぎない範囲で行って下さいね。

実は、このスロー筋トレは、松山市の整体 健優館で行っている整体の理論も応用していて、シンプルですが奥が深い部分もあります。

続ければ続けるほど、新しい感覚に気づきその効果もアップします。

ですから、回数が少なくても効果が出るようになり筋トレの時間もどんどん短時間になっていきます。

筋トレを続けるコツ

とはいっても、筋トレがなかなか続かないという方おられると思います。

そんな方は、筋トレを好きになるような仕組みを作ることがオススメです。

好きなことって、放っておいても勝手に続けてしまいますよね。

筋トレも効果を丁寧にじっくり実感しながら、それを楽しみにしていると自然と続くようになります。

例えば、腹筋がうっすら割れてきた、胸の筋肉がピクピク動くようになった、なんとなく腕や足が引き締まってきた感じがするなど、自分の体の変化を丁寧に観察しそれに気づくことです。

これは、筋トレだけでなく、物事に対する気づきを鍛えることにもつながります。

気づけるほど、楽しみが増え、楽しみに気づけるほど、どんどん幸せになっていきます。

そういう意味ではスロー筋トレは、体だけでなく心も幸せ体質になる方法と言えるかもしれませんね。

スロー筋トレを実践しながら、さらに糖質制限などの食事も意識するとより効果的になります。

糖質制限の食事について詳しくはこちら→「糖質制限食の実践方法」

Pocket

The following two tabs change content below.
松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう)
松山市の心と体が楽になり人生が楽しくなる整体院 健優館 館長。趣味はアート写真。詳しいプロフィールはこちら→松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長プロフィール
松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう)

最新記事 by 松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう) (全て見る)

Copyright(c) 2011 松山市の整体院 健優館 All Rights Reserved.