Pocket

喘息(ぜんそく)をやわらげる「胸椎5番の呼吸法」

愛媛県松山市の整体院 健優館です。

喘息(ぜんそく)をやわらげる「胸椎5番の呼吸法」は、胸椎5番と肋骨を軸とする呼吸法です。

軽度の発作時にも効果があります。

汗や体温、呼吸器と関わりの深い骨を刺激します。

喘息(ぜんそく)をやわらげる「胸椎5番の呼吸法」の実践方法

1、体の正面を通って左右交互に手を上げる

手は真上ではなく、左右へ少し開いた状態に上げる。

肋骨を持ち上げるイメージで手を上げる

骨盤が前へ出るのはNGです。

背すじを伸ばしましょう。

2、息を小刻みに吐きながら両手を内から外へゆっくり数回まわす

あごを斜め上へ突き出すと、息が吐きやすいです。

胸が苦しいと感じたら、いったんやめる。

少し間をおいてから再度行う。

胸椎5番と胸骨をの少し上を結んだ線をイメージし、その線を両手の回転を利用して押し上げる気持ちで動かす。

3、息を止めて背中側からゆっくりと両手を下ろして終了

動作が終わるまでは、胸椎5番と胸骨の線はイメージし続けて、体勢を崩さない。

Pocket

The following two tabs change content below.
松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう)
松山市の心と体が楽になり人生が楽しくなる整体院 健優館 館長。趣味はアート写真。詳しいプロフィールはこちら→松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長プロフィール
松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう)

最新記事 by 松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう) (全て見る)