Pocket

学習障害(LD)

「学習障害(LD)」は松山市の整体院 健優館へ

あなたは、「学習障害(LD)」でお悩みではありませんか?

学習障害(LD)の症状があると、本や文章を読むことが苦手だったり、文字を書くことが苦手だったり、数字の計算ができなかったりなどで、お悩みの方もいらっしゃると思います。

人に言ってもなかなか分かってもらえなかったり、辛い思いをされている方もおられると思います。

なんとかしたいけれど自分でもどうにもできず苦しくて、でもなんとかしたいと一人で悩んでいる方もいらっしゃると思います。

そこで、このページでは「学習障害(LD)」でお悩みのあなたにお役立ちできる情報をお伝えしていきます。

このページは本気で、学習障害(LD)の症状を改善したい、向き合いたいという方のために、豊富で本質的な情報をお伝えしています。

ぜひお気に入りに追加していただきじっくりお読み下さいね。

あなたが少しでもホッと安心するきかっけにつながりましたら幸いです。

学習障害(LD)とは

学習障害(LD)とは、全般的な知的発達に遅れがないものの「聞く」「話す」「読む」「書く」「計算・推論する」能力のうちいずれかまたは複数のものの習得・使用に著しい困難を示す発達障害です。

学習障害は、基本的には知的発達に遅れが見られない発達障害であるため、知的障害とは全く別の障害となります。

学習障害の種類は主に

  1. 読字障害(ディスレクシア)・・・読みの困難
  2. 書字表出障害(ディスグラフィア)・・・書きの困難
  3. 算数障害(ディスカリキュリア)・・・算数、推論の困難

の3つに分類されます。

苦手分野以外の知的能力に問題が見られないことが多いため、学習障害は発達障害の中でも判断が難しい種類の障害でもあります。

読み書きや計算能力は、ほとんどの子どもが就学前には学んでいません。

そのため、本格的な学習に入るまで判断が難しく、障害に気づかないことも少なくありません。

中にはその人の学習困難が発達障害によるものではなく単なる苦手分野だと判断され、大人になるまで気づかれないことも多くあります。

学習障害の人は「聞く」「話す」「読む」「書く」「計算する」という5つの能力の全てに必ず困難があるというわけではなく、一部の能力だけに困難がある場合が多いです。

読む能力はあっても書くのが苦手、他の教科は問題ないのに数学だけは理解ができないなど、ある特定分野に偏りが見られます。

また、同じ「読む」ことの障害でも、ひらがなは問題なくても漢字が苦手など、その状態はさまざまです。

一方、読字と書字の障害など、複数が併せて現れる場合も多く見られます。

症状について

ここでは、学習障害で大きく分類される「読字障害」「書字障害」「算数障害」の3つの学習障害の特徴をお伝えしていきます。

読字障害・読みの困難(ディスレクシア)

読む能力に困難がある読字障害は、学習障害と診断された人の中で一番多く見られる症状であり、別名でディスレクシア(dyslexia)と呼びます。

欧米では約10~20%の人がこの症状があると言われ、ディスレクシアは、ギリシャ語で「読むのが困難」という意味です。

読字障害があると、結果として文字を書くことにも困難を感じる場合が多いため、読み書き障害と呼ばれることもあります。

読字障害の人の中には「見た文字を音にするのが苦手」という症状があります。

その原因は、情報を伝達し処理する脳の機能がスムーズに働いていないことだと考えられています。

文字の見え方にも特徴があり、文字がぼやける、黒いかたまりになっている、逆さまに見える、図形に見えるなど違った見え方になってしまい、認知の仕方が異なります。

また音韻認識が弱く、ひらがなやカタカナのひとつずつは理解していても、漢字(単語)になると理解できなくなってしまうこともあります。

漢字の音読みと訓読みの使い分けができなかったり、単語や文節の途中で区切った読み方をするなど、変わった読み方をしてしまいます。

読字障害の特徴は以下のようなものがあります。

  • 形態の似た字である「わ」と「ね」、「シ」と「ツ」などを理解できない
  • 小さい文字「っ」「ゃ」「ょ」を認識できない
  • 文章を読んでいると、どこを読んでいるのかわからなくなる
  • 飛ばし読み、適当読みをするなど文章をスムーズに読めず、読み方に特徴がある
  • 音声にするなど耳から情報は理解しやすい場合が多いなど

書字表出障害・書きの困難(ディスグラフィア)

「文字が書けない」「書いてある文字を写せない」などの書く能力に困難がある学習障害を書字障害・ディスグラフィアと呼び、文字が読めるのにもかかわらず書けない場合も書字障害に分類されます。

書字障害の人は、自分では文字を正確に書いているつもりなのに鏡文字になってしまうなど、文字を書くという動作が苦手です。

原因としては、脳内で身体に指示を出し手を動かすという伝達機能がうまくいっていないからだという説が有力です。

そのため、文字が書けなかったり、文字を書く速度が遅くなってしまうのです。

書字障害の特徴は以下のようなものがあります。

  • 鏡文字や雰囲気で「勝手文字」を書く
  • 誤字脱字や書き順の間違いが多い
  • 黒板やプリントの字が書き写せない、時間がかかる
  • 漢字が苦手で、覚えられない
  • 文字の形や大きさがバラバラになったり、マス目からはみ出したりするなど

算数障害・算数、推論の困難(ディスカリキュリア)

数字や数式の扱いや、考えて答えにたどり着く推論が苦手な学習障害を算数障害・ディスカリキュリア(dyscalculia)と呼びます。数字に関する能力にのみ障害がある人が多いため、算数の学習を始めてから発見される場合がほとんどです。

「1」「2」「3」などの基本的な数字や、「x」「+」などの計算式で使う記号を認識することに困難をもっています。算数障害の人は数字そのものの概念、規則性、推論が必要な図形の領域を認識するのが難しいです。また、視覚認知の機能が弱く、数字を揃えて書く、バランスを考える、文字間の距離感を取るなどが苦手です。そのため、筆算を書く際に桁がずれることも多くなります。

算数障害の特徴は以下のようなものがあります。

  • 簡単な数字、記号を理解しにくい
  • 繰り上げ、繰り下げができない
  • 数の大きい、小さいがよく分からない
  • 文章問題が苦手、理解できない
  • 図形やグラフが苦手、理解できないなど

年齢別の症状、特徴について

学習障害は、本格的な学習に入る小学生頃まで判断が難しい障害です。

子どもの成長速度は人それぞれで、「なかなか歩かない」「全然しゃべらない」といった子どもの行動の一つ一つは気になりますが、ただ成長がゆっくりである可能性もあります。

特に乳児期は学習障害の特徴は見分けにくいといえます。

他の発達障害の特徴として、抱っこされるのを嫌がる、視線を合わせない、言葉を真似する行為が見られないなどの症状がみられるなど、他の発達障害の症状を目安にし、学習障害の確実な診断は学習を始める年齢以降にするしかありません。

ここでは年齢別に見られる学習障害の特徴を紹介して行きます。

幼児(1歳〜小学校就学)

就学前なので学習障害の特徴はまだ現れにくいですが、この頃から子どもは言葉を話し始めたり、学習を始めます。

少しずつ学習障害の子の多くが持つ特徴が見えてきます。

幼児の学習障害の特徴は以下のようなものがあります。

  • 言葉、文字を覚えるのが遅い
  • 折り紙が折れない、ボタンがとめられないなど手先が不器用
  • 身体の使い方がぎこちないなど

小学生(6歳〜12歳)

小学生になると本格的に学習が始まります。
勉強において特定の科目が苦手な場合や読み書きに困難がある場合、学習障害の可能性があります。
同年代の子どもと比べて学習の習得が著しく遅い場合、学校の先生や専門機関で相談してみることをおすすめします。
ここからは就学期に入るため、「読字障害」「書字障害」「算数障害」ごとに特徴を分けて書いていきます。

小学生の学習障害の特徴は以下のようなものがあります。
授業を真面目に聞いていても勉強が苦手、ついていけないなど

読字障害

  • ひらがな・漢字が読めない
  • たどり読み・推測読みになってしまう
  • 行を飛ばして読んでしまう
  • 文章を読むのを嫌がるなど>
書字障害

  • うまく文字を書くことができない(線を抜かしたり、鏡文字を書いてしまう)
  • 板書ができない、時間がかかる
  • 行やマス目からのはみ出しが大きい
  • 文字を書くのを嫌がるなど
算数障害

  • 数が数えられない、とばして数えてしまう
  • 時計が読めない、時間が分からない
  • 計算ができない
  • 筆算をするときに数字がずれて間違えてしまう
  • 計算を嫌がるなど

中高生(12歳〜18歳)

中高生になるとはっきりと学習能力の偏りが見えてきます。

何かの能力が極端に低い場合には、単なるなまけや得意・不得意だとは判断せず、学習障害である可能性も考えましょう。

英語の学習が始まると、国語にはあまり不自由しなかった子どもも、英単語の読み書きなどに極端に困難さを感じる場合もあります。

中高生の学習障害の特徴は以下のようなものがあります。

読字障害

  • 小学生で習うような漢字であっても読めない場合がある
  • 英語の単語が読めないなど
書字障害

  • 卒業作文などの長い文章がかけない
  • 英単語が書けないなど
算数障害

  • 計算はできるが、文章題が解けない
  • 図形関連の問題が解けないなど

これらの特徴も、発達障害の合併症として現れることもあります。

成人期(18歳〜)

最近では、大人になってから学習障害だと診断される人も少なくありません。

もし大人になってから様々な学習困難に直面したら、学生時代や子どもの頃を振り返ってみて、学習障害と疑われる特徴があった場合には、一度、発達障害者支援センターなど、専門機関に相談してみるのもひとつです。

また、学習障害以外の発達障害との合併症を持っている可能性も考えられます。

成人の学習障害の特徴は以下のようなものがあります。

  • 上司の注意を聞いてもうまく理解できず同じ失敗をする
  • 電話で聞きながらメモを取れない
  • 話がうまくまとめられず企画案を作成できない
  • 集団で指示されるのが苦手で会議で辛い思いをする
  • レポートが書けない
  • お釣りの計算や金銭管理ができないなど

チェックリストについて

ここでは、あなたの学習障害(LD)度のチェックをしてみましょう。

「読字障害」「書字障害」「算数障害」ごとの特徴に分けています。

多く当てはまるほど、学習障害(LD)の可能性が高いと言えます。

読字障害チェックリスト

  • 漢字の訓読みと音読みを使い分けるのを苦手とするように見受けられる。
  • 単語の単位をつかむのを苦手とする。一文字ずつ読んでしまい、まとまりのない読み方をすることが多い。
  • 文字や行を飛ばして読むことが多い。
  • 特殊音節(拗音・長音・促音)であらわされる文字を発音できない。

書字障害チェックリスト

  • 漢字を書く際に、鏡文字を書くことが多い。
  • 文字を書く際に、余分に線や点を書いてしまうことが多い。
  • 年相応の漢字を書くことができないことが多い。
  • 間違った助詞を使ってしまうことが多い。
  • 文字の大きさや形がバラバラ・マス目からはみ出る。

読字・書字障害の合併(読み書き障害)チェックリスト

  • 上記の読字・書字障害のチェック項目に当てはまるものが多い
  • ひらがなの読み書きを苦手とする。例えば「ね」「れ」「わ」が一緒に見えてしまうように見受けられる。
  • カタカナの読み書きを苦手とする。例えば「ソ」「ン」、「シ」「ツ」が一緒に見えてしまうように見受けられる。
  • 特殊音節(拗音・長音・促音)の読み書きを苦手とすることが多い。

算数障害チェックリスト

  • 数を覚えるのに時間がかかることが多い。
  • 数の大小の概念を理解できていないように見受けられる。
  • 九九を習得している年齢なのにも関わらず、九九を覚えられていない。九九を暗記しても計算に応用できない。
  • 繰り上がり繰り下がりの筆算ができないことが多い。 での評価が下がってしまうことも残念ながら少なくありません。

もし当てはまる項目が多かったとしても、落ち込む必要はありません。

それは、今の自分の現状を知ることができたからです。

今の自分の現状を知ることで、はじめて適切な行動を起こすことができます。

その一歩があなたの学習障害(LD)の本質的な改善につながります。

大人の学習障害(LD)の特徴について

大人の学習障害(LD)の特徴についてお伝えしていきます。

特徴1、マニュアルを読んで理解するのが難しい

作業の手順が整っている職場ほどきちんとしたマニュアルが用意されていることが多いですが、理解の助けとなるはずのマニュアルも、文章を読むのが苦手なLDの人は読むこと自体が大きな負担になりやすいです。

新しい作業を教わる時にマニュアルだけ読んで自分だけで行うということも少ないかもしれませんが、口頭で説明を受けるときや、実際に自分が行ってみるときの理解の助けとしてマニュアルをスムーズに読めないとやはり不利になります。

マニュアル以外にも、業務文書や連絡事項など読んでおくべきことはたくさんあるため、知っておくべきことなのに知らなかったなど情報の抜け漏れが起こりやすいです。

また黙読するのが難しい人の他にも、音読するときにすらすらと読み上げられない人もいます。

PCのモニターで文章を読むのが苦手で、紙に印刷したものであれば読みやすくなるなどデバイスによって読みやすさが変わる人もいます。

特徴2、メモが取れない

作業を教わる場合は口頭で聞いた内容を正確に理解して、自分が実際に行う時には言われた通りのことを実行する必要があります。

どんな人でも聞いたことを一度で全て覚えるのは難しいため、働く時には指示をメモに取ることが大変重要なのですが、手で文字を書くことが苦手なLDの人はその場でメモを取るのが難しいことが多いです。

文字をうまく形を取って書けない人もいれば、ひらがなはOKだが漢字が苦手という人もいます。

書くことはできるが書くスピードが遅い場合も、1つのことを話すたびにメモを書き終わるまで毎回指示している人を待たせることになり、指示に非常に時間がかかってしまって教える方も教わる方も負担を感じやすくなります。

メモだけでなく、報告書や日報など業務で文章を書くシチュエーションは多いです。

手書きでなくキーボードでの入力であれば問題なく”書く”ことができるLDの人も多いですが、職場で使われているフォーマットが紙のみだったり、デスクワークでなく歩き回って作業をする軽作業的な業務だとパソコンを使ってメモをすることは難しくなってしまいます。

特徴3、言われたことをその場で理解することが難しい

職場では口頭で指示されることが多いですが、その場で言われたことを一度で理解することが難しくて業務を覚えるのに支障が出てしまう人もいます。

5つの項目を言われても聞き終わるときには2、3個はもう頭の中から抜け落ちてしまうようなケースや、言われたことを覚えていてもかみ砕いて理解するのにしばらく時間がかかり、「わかりました」と返事ができるようになるまでに通常よりも何テンポも遅く、スムーズにやり取りが行うことができずに本人も周囲も困り感を感じるケースもあります。

人によって「音を言葉として聞き取るのが難しい」「聞き取った言葉の意味を理解するのに時間がかかる」「理解したことをしばらく頭の中にとどめておくことが難しく抜け漏れが出る」などつまづく部分はそれぞれ異なるようです。

特徴4、聞かれたことをその場で伝えることが難しい

口頭で質問をされたとき、質問された内容もわかるし、何を答えればいいのかも何となくはわかっているつもりなのに、いざ返事をしようとしてもうまく言葉にまとまらないという人もいます。

無言になってフリーズしてしまう人もいれば「〇〇の・・・〇〇で・・・」と単語程度なら出てくる人もいますし、ペラペラと話すことはできても必要のないことまで話してしまい、伝えたいポイントが相手にわかりにくいという人もいます。

どちらの場合も業務で口頭でスムーズに必要なやり取りがしづらくなってしまいます。

特に接客や電話対応など、臨機応変に状況に合わせてその場で伝える必要がある場合には難易度がアップします。

定型的なやり取りであれば問題ないという人でも、これまでの経験からどうしてもお客様対応や外線に出ることに苦手感が強い人もいらっしゃいます。

特徴5、数字を使った業務や業務管理が苦手

どんな業務にも数字や簡単な計算はどうしても含まれてきます。

例えば文字のデータ入力は問題なくできていても、単純な数字の入力でも数に関係すると途端にミスが増える人もいます。

また書かれた数字を扱わない業務でも、数の概念の苦手さから、納期までに完成させるためにどのくらいの作業スピードで行う必要があるかが見積もれない人もいます。

今13時で15時までに業務を終わらせたいのであれば残りは何時間あるか見積もるには引き算が必要ですし、10個仕上げるためには何分で1個完了させればいいか見積もるにも掛け算や割り算が必要になるためです。

仕事選びについて

子供は学校で決められたカリキュラムをまんべんなく学ぶことが求められますが、大人が働く場合、企業では様々な業務を役割分担してそれぞれの社員が担当しています。

任された業務をきちんと行うことができれば基本的には良く、なんでも他の人と同じようにできるオールラウンダーになることは必ずしも求められません。

そのため、大人の学習障害(LD)の人が働く時には自分の弱みが目立ちづらい担当業務や職場を選ぶことが重要になります。

職種については読字や書字、計算など自分が苦手とする作業ができるだけ含まれない業務を選ぶ必要があります。

求人票に書かれている業務内容を読むだけでは対応できるかどうか判断が難しいので、できるだけ選考前や選考中に実習を行っている企業の求人を選ぶことをお勧めします。

就労したら実際に担当する業務や類似の業務を行ってみて、企業の担当者に実務で通用する質やスピードで作業できているか確認していただくとよいでしょう。

一方でどんな業務でも読み書き計算が必要になる場面はどうしても生じます。

その場合は作業しやすくなるように、ご本人だけ通常とは異なる手順で作業を行ったり、補助器具を使用したりといった工夫を行う必要があります。

そのため、応募する企業にこのような個人ごとに特別な対応をすることを前向きにとらえていただけるような社風や職場の雰囲気があるかどうかも大変重要です。

支援機関のスタッフに学習障害(LD)のある人の雇用実績がある企業があるかどうか聞いてみたり、また実習で自分で行っている工夫を業務で行っても大丈夫か直接質問して確認してみることも大切です。

仕事での弱みへの対処法について

例えば一言で読字障害と言っても、文字を認識することが難しい人から苦労はするが工夫すれば読むことができる人まで様々です。

「文が複数連なっていると読めない」「モニタ画面だと読めない」などどの程度苦手なのか、「箇条書きなら読める」「紙に印刷して自分で書き込みながらなら読める」などどの程度まで自分が対応できるかを知るのは大切なことです。

業務を行うために自分でどんな工夫ができるか、また職場でどんな配慮をお願いすれば業務に取り組みやすくなるかを考えるために必要だからです。

職業訓練など実際の業務に近い環境で作業してみるとどんなところでつまづきやすいのか把握しやすいと言えます。

読むことに難しさのある方の対処法

読むことに苦手感のあるの中には、目で文に視線を合わせ、読むために順次文に沿って目線を移動させていくことが難しい人がいます。

例えば改行で次の文頭に目線をジャンプさせるときなどに、どこから読み始めたらいいかわからなくなることがあるようです。

どこを目で追えばいいかわかりやすくするために、PCで閲覧することになっているファイルであれば印刷して自分専用のマニュアルを準備し、読んでいる行に定規を当てたり、自分で読みやすいように書き込みながら読むのが有効なことがあります。

意味の固まり毎に丸で囲んだり、斜線を書き加えたり、下線を引いたり、レ点を入れるなど、人によって区切りを明確に認識しやすくなる書き込み方がそれぞれあるようですので試してみてください。

また一般的な文章であれば問題ない人も、表の中の離れた列を見比べているとどこを見ていたかわからなくなってしまう人や、紙のデータをPCに入力する時に、紙とモニタを行ったり来たりしながら見ていると入力するべき行や列から大きくずれてしまうという人もいます。

Excelなどの表計算であれば行や列を固定してスクロールし、データを隣同士に並べて見るようにしたり、紙データをスキャンしてモニタで2画面表示にして、見比べる時の目線の動きを最小限にするなど、自分がわかりやすく作業できるような工夫の仕方を見つけましょう。

書くことに難しさのある方の対処法

手で文字を書くのが難しかったり遅いという人でも、タイピングはOKという人もいます。

その場合は業務指示を受ける際にパソコンを使うことも1つの方法です。

ただし上司の席まで質問をしに行くのにパソコンを持って歩くのは不自然ですし、印刷やピッキングなど立って行う軽作業を教わるときにパソコンは使えません。

ポメラなどのテキスト入力に特化したデバイスを使えば立った状態でも職場で違和感なくキーボード入力でメモを取ることができます。

手書きはできるが書くスピードが遅いという場合は、指示を受けているときにはキーワードだけ書き留めるなどその場では書く量を減らし、後で自分ひとりになってから書き足すことも検討してみてください。

例えばマニュアルがあれば業務の指示を受けるときには必ず手元に準備し、すでにマニュアルに書いてあることは特にメモをする必要はありません。マニュアルに書かれていない内容があったら、マニュアルの関連箇所にキーワードをメモしたポストイットを貼ります。

全ての説明が終わったら、記憶が薄れないうちにポストイットを貼った部分を改めてメモに書き起こしましょう。

短期間で確実に就職したい 発達障害に理解のある職場をご紹介

聞くことに難しさのある方の対処法

聞くことに難しさがある人は、指示を受ける時には「メモ」と「確認」を是非行ってください。

聞き漏らしがある人からは「少しくらいなら頭で覚えておけるだろう」とつい油断してしまうという声をよく聞きます。

指示される量も事前には予測できないため、短くて簡単なことでも話を聞いたらメモする習慣をつけておくと安心です。

仕事中は常にメモとペンを自分のすぐ近くにセットしておきましょう。

また指示を受け終わったら、相手に断った上で、メモに書いた指示された内容を読み上げて、聞き漏らしがないか確認してもらうとさらに確実です。聞き取れなかった部分があればこのタイミングで改めて質問してください。

聞き返すと失礼になるのではと心配する人もいますが、中途半端な理解で仕事を進められる方が指示した側からすると困ってしまいますので、わからないことを質問してもらえた方がありがたいものです。

聞き返しが頻繁になりそうな場合は配慮事項として事前に職場に伝えて対応をお願いしておくのも良いでしょう。

聞いたことの理解に時間がかかってしまう人は、一度指示を受けたらひとりで自分で書いたメモを読み返しながら聞いた内容を確認しなおします。

わからなかったことはメモに印をつけておき、後でまとめて質問しましょう。

このようにすれば、指示する人の時間を必要以上に使うことなく、十分理解するための時間を取ることができます。

話すことに難しさのある方の対処法

話したいことを上手くまとめて話せない人は、時間に余裕のある時には自分の話したいことを事前にメモでまとめてから質問や相談に行くことをお勧めします。

話したいことがいくつあるか整理しておくと、メモを見ながら話すことで伝え漏れが減ります。

また何についての話をするのかを最初にお伝えできるように話の「小見出し」を考えておくと、聞き手にとっても話が分かりやすくなりますし、話す側も自分が何を話せばよいか明確になり話がしやすくなります。

電話を受ける時に使う伝言メモが市販されていますが、同じようなことを行うイメージです。

言いたいことを整理して伝える練習をして少しずつ上手くなっても、急に話を振られて答えなければならない場面では苦手感は続くと思います。

しかし接客などの臨機応変さを求められる職種を避ければ、どうしてもその場で答えなければいけないような用件はそこまで多くないのではと思います。

「少し待っていただいてもよろしいですか?」「確認してお伝えします」などと答え、一旦考える時間をもらって対応するようにしましょう。

数の理解や計算に難しさのある方の対処法

数字が関わると業務でミスが増えてしまう人は、数字を扱わないことはなかなか難しいかもしれませんが、作業の仕方を工夫することで数字を扱う負荷を最小限に減らすことができないか検討しましょう。

例えばExcelなどの表計算ソフトに数字を直接入力するとたくさん入力間違いがあった人も、入力を選択式にしてプルダウンメニューから選ぶ形にしたところ大きくミスが減ったりします。

また時計を見ても作業の残り時間がイメージできない場合は、作業中に時計を見て残り時間を何度も計算する必要がないように、PCやスマートフォンの機能を活用して、作業終了時間の30分前などにポップアップやバイブレーションで知らせるよう設定しておくのもよいでしょう。シンプルに例えば「15:00で作業完了させる」と書いた付箋をPCモニタや時計に貼っておくだけでも気づきやすくなります。

緊張と不安について

学習障害(LD)は「緊張と不安」が大きく関係しています。

人は生きている限り、ストレスや悩みなどが完全になくなることはありません。

ですから、その中でいかにストレスや悩みと向き合っていくかが大切になります。

真面目で、誠実な方ほど、ストレスや悩みと真正面から向き合い、より深刻さを感じてしまっているケースも多いです。

それは決して悪いことではないのですが、そういった必要以上の深刻さが、緊張や不安、恐怖を増大させることにつながります。

言い換えると「こうでなければならない」という思い込みを抱えている方ほど、思うようにいかなかったときに、深刻に悩んでしまい、緊張を生み、その緊張がさらなる不安や恐怖を生んでしまいます。

ですから、まずは「こうでなければならない」という思い込みを自分が持っていることに気づくことが大切です。

そして、その思い込みを少しづつ手放し、思い込みから自分を解放してあげることが大切です。

人は、緊張・収縮・抵抗していると本来の力を発揮することができません。

反対に、リラックスして、ゆだねて、解放している時に、本来の力を発揮することができます。

緊張や不安を必要以上に感じている状態は、思考(自我)というニセモノの自分に支配されてしまっている状態です。

反対に、思考(自我)にとらわれていない状態の自分が、本当の自分と言えます。

そして、究極的に言えば、自分そのものは存在していないとも言われています。

さらに、この現実の世界も、幻のストーリーだと言われています。

これは本当に究極的な話で理解しにくい部分もあると思いますが、とにかく思考(自我)の存在に気づき、思考(自我)と上手に付き合っていくことが、学習障害(LD)の本質的な改善にもつながります。

まずは、ホッと安心して、リラックスすることがその第一歩です。

思い込みについて

学習障害(LD)は「思い込み」が大きく関係しています。

私は文字を読むのが苦手、私は書くのが苦手、私は計算が苦手、そんな自分をみんなは笑いものにしたり変に思っているだろうなど、自分はこうだ、相手はきっとこう思っているだろうという自分の勝手な思い込みです。

不思議な話ですが、人生は「思い込み」によって創られ「思い込み」の通りの現実になると言われています。

簡単に言うと、自分はできると思い込んでいるのか、自分はできないと思い込んでいるのかで、できる人生とできない人生に分かれてしまいます。

実は、人間の能力に本来大きな違いはないと言われています。

ただ一つ違うことは、その人の頭の中、つまりどういう思い込みを持って生きているかだと言えます。

ですから、極端な話、読むのが苦手でも、書くのが苦手でも、計算が苦手でも、相手はそもそもこちらにあまり興味がないだろう、自分に夢中で周りをそんなに気にしてないだろうと思い込めばそのような現実になります。

実際に、一般的に人は自分に一番興味と関心があり、他人のことはほとんど気にしていないと言われています。

ですから、あなたが思っているほど感じているほど、他人はあなたのことを気にしていないと言えます。

つまり、あなたが勝手に思い込むことで、その思い込んだ現実を見ているだけと言えます。

自分を学習障害(LD)だと思い込んでいるから、学習障害(LD)の症状で悩む現実が起こっているとも言えます。

まずは、自分の思い込みに気づき、学習障害(LD)で悩んでいる自分を認め、受け入れ、許し、愛することが、学習障害(LD)の本質的な改善につながると言えます。

学習障害(LD)の原因

学習障害(LD)と整体

学習障害(LD)を整体的な視点で見ると、体の歪みやストレスや捉え方に関係があることが見えてきます。

ストレスは、環境、人間関係、仕事、体や心、物理的なものなど様々ですが、それらの蓄積や、過去の後悔や未来の不安、悩み苦しみにとらわれ過ぎている考え方や捉え方の部分も学習障害(LD)に影響すると考えられます。

当院では、学習障害(LD)は、心・体・生活習慣・環境の不調和が大きく関係していると考えています。

体のバランスの不調和があると、血流が悪くなり、ストレスを感じやすくなります。

心のバランスの不調和である、ネガティブな感情や我慢やストレスの積み重ねが、学習障害(LD)などの体の症状につながります。

生活習慣(呼吸・食事・動作・考え方)の不調和も、心と体の不調和につながります。

例えば、呼吸が浅いと血流が悪くなります。

お菓子や砂糖などの糖質やごはんやパンなどの炭水化物を摂りすぎると、痛みを感じやすくなってしまいます。

動作や姿勢のクセ、運動不足も、ストレスにつながります。

ネガティブな考え方、捉え方も、学習障害(LD)の原因になります。

そして、環境の不調和である、ストレスを感じる人間関係や、家庭環境、職場環境、生活環境なども、学習障害(LD)に大きな影響を与えます。

学習障害(LD)を本質的に改善するためには、心と体、生活習慣と環境を調和させていくことが一番の近道といっても過言ではありません。

言い換えると、心と体、生活習慣と環境が調和するほどに、学習障害(LD)などの症状も発生できなくなってしまうと言えます。

原因は「体・心・生活習慣・環境の不調和」

ここでは、学習障害(LD)の原因である、心・体・生活習慣・環境の不調和について少し詳しくお伝えしていきます。

1、心と体のバランスの不調和

体のコリやバランスのズレがある場合、体本来の機能を発揮できなくなり、疲れなどにより血流が悪化しストレスを感じやすくなり、学習障害(LD)の症状に陥りやすくなってしまいます。

そして、不安や悲しさ、恐怖などの感情やストレスの蓄積で心にコリができ、その心にコリが見える形として、体のコリや症状として現れます。

心と体は深くつながっているため、お互いにダイレクトに影響を与えます。

ですから、心にコリができることで、体にも影響し、血流が悪化し、学習障害(LD)の症状を引き起こしやすくなるということになります。

ですから、体だけ、心だけではなく、心と体の両方を調和させていくことが大切になります。

当院では、体のバランスが調和すると同時に、心の部分のも癒しのヒーリング効果のある不思議な整体を行っています。

つまり、心と体の両面にアプローチし、より深い部分から学習障害(LD)などの症状の改善のお手伝いをしています。

2、生活習慣(呼吸の仕方・食事方法・動作と姿勢・考え方と感情や気分)の不調和

心と体のコリとバランスが整っても、今までの「生活習慣」を改善しない限り、本質的な改善にはなりません。

ちょっとキツイ言い方になるかもしれませんが、あなたの学習障害(LD)の症状の本質的な原因は、あなたの今まで生活習慣つまり、生き方にあります。(先天的な原因やケガなどは除く)

学習障害(LD)の症状でお悩みのあなたは、つい病院やお薬、治療院で治してもらいたい、自分でなんとかしたくても方法が分からないといった方も多く、生活習慣まで気が回らない方もおられるかもしれません。

ですが、そんな学習障害(LD)の症状と本気で向き合いたい、何とかしたいと思っているあなただからこそ、声を大にしてお伝えしたい部分でもあります。

生活習慣とは呼吸の仕方・食事方法・動作と姿勢・考え方と感情や気分の4つです。

・呼吸が浅いと血流が悪くなり、ストレスを感じやすくなり、学習障害(LD)の症状にもつながります。
→整体でバランスが整うと自然と姿勢も良くなり呼吸も深くなります。普段から深い呼吸を意識することも大切です。

・食事もお菓子や甘いもの、ごはんやパン、麺類の摂りすぎも学習障害(LD)の症状が発生しやすい状態になる原因になります。
→実はあまり知られていませんが、お菓子や甘いもの、砂糖などの糖質、ごはんや小麦(パン・麺類など)の炭水化物を摂りすぎている現代の食事方法は、人間本来の食事方法とズレてしまっています。糖質や炭水化物を減らし、お肉や魚、卵などのタンパク質の食べる量を増やすことで学習障害(LD)が起こりにくい体につながります。

・運動不足や無理な姿勢をとることが多いと、体のゆがみやコリにつながります。
→定期的な運動をすることや整体で体のバランスを整えることで体のゆがみやコリから解放されていきます。

・マイナスな考え方や不安や恐怖などの感情、沈んだ気分なども心のコリにつながります。
→趣味やお気に入りのスポットなど好きなことに熱中する時間や、リラックスする時間を積極的にとる。考え方や捉え方の視点を高く持ち自分を客観的に見る視点を持つことなど。

これらの生活習慣をひとつひとつ見直し、出来る範囲で改善していくことが、あなたが学習障害(LD)の症状から本質的に解放されるキッカケにつながります。

特に病院やお薬、他の治療院でなかなか良くならない学習障害(LD)の症状でお悩みの方はぜひ、生活習慣の改善に取り組んでいただきたいと思います。

もしかすると、すでに生活習慣の改善に取り組まれている方もいらっしゃるかもしれませんが、大事なのはその人に合った、自然と調和する、本来のあなたと調和する生活習慣の改善を行うことです。

いきなり全部を実践しようとしなくてかまいません、今のあなたができること、なんとなくピンときた部分から実践してみてください。

3、環境の不調和

環境の不調和である、ストレスを感じる人間関係や家庭環境、職場環境、社会環境、生活環境なども、学習障害(LD)の大きな原因になります。

家庭や職場の人間関係で悩んでいたり、ストレスを感じている方は多いと思います。

今の社会の構造や景気などの社会の部分に、違和感やストレスを感じている方もいらっしゃいます。

災害や気候の影響やお金などの生活の部分に、不安やストレスを感じている方も少なくありません。

こういった環境のストレスも、体の症状である学習障害(LD)につながってしまいます。

ですが、環境はなかなかすぐに変えられない場合もありますし、例え環境を変えてもあなたの考え方や捉え方などの内側の在り方の部分が変わらない限り、環境を変えても同じ問題を繰り返し体験することになります。

ですから、まずは自分自身を知ること、自分の内側の仕組みや扱い方を学ぶことが大切になります。

不思議な話ですが、答えはいつも、他人や周りにあるのではなく、自分の内側にあります

ですから、いかに自分の内側について知っているのか、自分の内側と対話できるのかが、学習障害(LD)を改善する上でも重要な部分になります。

このページをご覧のあなたは本気で学習障害(LD)の症状と向き合い、なんとかしたいともがいている状態だと思います。

当院は、そんな今まで十分努力して苦しんできたあなたの学習障害(LD)の症状の本質的な改善を全力でサポートしている整体院です。

対策について

このページをお読みの方は、学習障害(LD)の症状や、生活での不具合でお悩みのことと思います。

学習障害(LD)は、まず安心することが大切です。

学習障害(LD)という症状などの不安や恐怖を感じる部分に意識をフォーカスするのではなく、学習障害(LD)だけど、あれもこれもできている、生きているなどという希望に意識を向け、前向きに安心することが大切です。

その上で普段の生活習慣(呼吸の仕方・食事方法・動作姿勢・考え方感情気分)を見直すことが重要になります。

学習障害(LD)は、基本的に温めると早期回復につながります

蒸しタオルやカイロなどで痛みやコリを感じる箇所を温め、血流を良くし、その結果回復に必要な栄養素がスムーズに運ばれるためです。

血流がよくなるため一時的に痛みなどが強まることがありますが、結果として早期回復につながります。

体がゆるむと心もゆるむことにつながります。

さらに普段の食事で、お菓子や甘いもの、ごはん、パン、めん類、お酒などの糖質を減らすと回復しやすくなります。

現代の食事は、糖質を大量に摂る食事になっています。

糖質を摂りすぎると、神経が過敏になり、ストレスや思い込みを感じやすくなってしまいます。

ですから、その糖質を減らし、体の回復に必要なたんぱく質を多くとる必要があります。

具体的には手軽に摂りやすい玉子を1日3個以上摂ったり、お肉や魚などを意識して多めに摂ることです。

温めること、糖質を制限した食事について興味にある方は下記の本がおすすめです。

「体を温める」とすべての痛みが消える―腰痛、ひざ痛、股関節痛、間欠性跛行が治った! (ビタミン文庫)
坂井 学
483761230X

炭水化物の食べすぎで早死にしてはいけません: 生活習慣病を予防&改善する糖質制限食31のポイント
江部 康二
4492045465

学習障害(LD)と整体

学習障害(LD)と整体

学習障害(LD)の場合、まず体のバランスを整えることが大切になります。

体のバランスが整うことにより、血流が良くなり、体の緊張が解放され、ストレスも楽になるからです。

ですが、何も常に背中がまっすぐの状態が理想というわけではありません。

その人の今の体の状態に必要なバランス、体にとって負担の少ない自然な姿勢が本来の姿勢とも言えます。

自然な姿勢は、周りから見ても美しいものです。

そして、体のバランスだけでなく、心のバランスを整えることも大切になります。

学習障害(LD)は、ストレスや心の部分も大きく影響しています。

それは心の不調和が体の学習障害(LD)につながるからです。

当院では、体のバランスが調和すると同時に、心に癒しのヒーリング効果のある不思議な整体を行っています。

つまり、心と体の両面にアプローチし、より深い部分から楽になる整体です。

そして、心と体が調和し、生活習慣と環境も調和させていくことで、学習障害(LD)の本質的な改善につながっていきます。

学習障害(LD)はあくまで結果です。

結果は原因の部分を改善すればなくなっていくものです。

ですから、学習障害(LD)が起こっている原因がなくなることで、結果である学習障害(LD)も自然と消えていきます

不思議な話ですが、学習障害(LD)などの症状は「あなたの今の生き方は本来の生き方とズレていますよ」と体が教えてくれているサインでもあります。

言いかえると、あなたがあなた本来の生き方を取り戻すためのキッカケのメッセージとも言えます。

究極的には、学習障害(LD)は、あなたがあなた本来の生き方に気づくために発生しています。

あなたが生きている目的は、この物質的な世界で、あなた本来の生き方を思い出し、本来のあなたを生きて輝くことにあります。

本来の自分を生き始めると、自然と人を引き付ける魅力を放ちはじめます。

そして、そのあなたの生き方がまた他の人の本来の自分を生きるきっかけにつながります。

ちなみに、あなた本来の生き方とは、いつかのために我慢して今を犠牲にするストレスをためる生き方ではなく、今ここの瞬間の喜びや楽しさを基準としたワクワクを生きる生き方です。

過去の後悔や未来の不安を生きるのではなく、今この瞬間を生きることです。

違和感やストレスを感じる生き方ではなく、絶対的な安心感の中、楽に楽しく生きる生き方です。

ですから、学習障害(LD)だからその症状を何とかしようとするのではなく、学習障害(LD)が発生している理由や意味に気づき、理解し、それに伴い行動していくことが大切になります。

ですが、苦しい経験があるからこそ、うれしい経験を感じることができます。

悲しい体験があるからこそ、喜びの体験を味わうことができます。

苦しさや悲しさは、人生を味わい深いものにしてくれる最高のスパイスだと言えます。

そんな意識で、どんな自分も受け入れ、認め、許し、愛することができたとき、あなたが本来のあなたを生き始めるきかっけにつながります。

答えは他人や外側の環境にあるのではなく、自分の内側にあります。

他人をうらやましく思ったり、自分を否定するのではなく、まずは自分を知ることが、本来の自分を生きる近道になります。

松山市の整体院 健優館は、整体を通して、心・体・生活習慣・環境が調和するお手伝いをし、学習障害(LD)の本質的な改善をサポートしています。

単に症状が改善するだけの場所ではなく、あなたが本来のあなたに気づき、本来のあなたの生き方を取り戻すそんな場所を追求しています。

本来のあなたを生きることは、人生を楽に楽しく生きあなたらしく輝くことにつながります。

不思議な話ですが、学習障害(LD)をなんとかしようとすればするほど、症状が悪化してしまうケースもあります。

学習障害(LD)という結果に意識を向けすぎると、意識を向けたものが現実化するという自然の法則により逆に状態が悪化してしまったり、学習障害(LD)をなんとかしたいと思っている限り、なんとかしたいという思う現実が引き寄せられてしまうからです。

ですから、むしろ開き直って「学習障害(LD)があってもいいんだ、大丈夫なんだ」と、学習障害(LD)を受け入れ、許すことができると、自然と回復に向かっていきやすくなります。

自分なんてとつい思ってしまいますが、誰でも世界に一人、宇宙に一人のオンリーワンの存在です。

あなたは存在しているだけで十分価値がある存在です。

パズルに余るピースはないように、この地球という壮大なパズルもあなたというピースがなければ完成できないし、成り立つことができません。

自分は貴重で素晴らしい、すごい存在なんだということに気づき、自分のことを今より好きになり、自分を認めてあげましょう。

そんな、一歩があなたの学習障害(LD)解決の希望の光に変わっていきます。

ストレス社会の現代、あなたと同じ学習障害(LD)の悩みを抱え苦しんでいる方はたくさんおられます。

あなたは一人ではありません。

そして、あなたが学習障害(LD)から解放されるということは、同じ症状で苦しんでいる方の明るい希望になるということです。

一緒に一歩一歩進んでいきましょう。

当院は、そんなあなたにやさしく寄り添う整体院です。

まずはお気軽に電話やメールでお問い合わせくださいね。

このページを最後までお読みいただいた、ご縁のあるあなたのご来院を心よりお待ちしております。

松山市の整体院 健優館 院長 藤原優(ふじわらゆう)
 

松山市の整体

お客様の喜びの声・口コミ整体体験談

当院は、おかげさまで多数のお客様から心のこもった手書きや漫画で喜びのお声をいただいています♪

ここでは、そのほんの一部をご紹介させていただきます。

「お店に迎え入れられた瞬間から、まるで、すべてを受け入れてもらえてるような安心感がありました」

お客様の声

お客様の声

●頭痛・肩甲骨~首のコリ 30代女性 会社員 梅岡幸子様(仮名) 愛媛県今治市大西町
※お客様の声・口コミ整体体験談は当院の施術を受けたクライアント様個人のご感想です。全ての方に効果を保障するわけではございません。

「分かりやすく痛みも感じない治療なので大変気に入っています」

お客様の声
●腰痛 40代男性 会社員 林健太様(仮名) 愛媛県松山市吉藤
※お客様の声・口コミ整体体験談は当院の施術を受けたクライアント様個人のご感想です。全ての方に効果を保障するわけではございません。

「健優館に出逢えた事で、すばらしい第2の人生がスタートできたと思っています」

お客様の声
●自律神経失調症・肩こり(五十肩)・首痛・腰痛 50代女性 主婦 橋本富士子様(仮名) 愛媛県松山市南持田
※お客様の声・口コミ整体体験談は当院の施術を受けたクライアント様個人のご感想です。全ての方に効果を保障するわけではございません。

「私の体のクセ等もわかっていてもらえているので、安心して体のメンテナンスをお任せできます」

お客様の声
●腰痛・肩こり 30代女性 教師 井上七海様(仮名) 愛媛県松山市山越
※お客様の声・口コミ整体体験談は当院の施術を受けたクライアント様個人のご感想です。全ての方に効果を保障するわけではございません。

「くつろげる空間で自分の体と会話できる時間は私にとって大切な時間になっています」

お客様の声
●肩こり・首痛 女性 ダンス講師 神谷千尋様
※お客様の声・口コミ整体体験談は当院の施術を受けたクライアント様個人のご感想です。全ての方に効果を保障するわけではございません。

「ここに来て良くなっている事が一番良かった事です」

お客様の声
●腰痛・股関節痛・左腰から足のしびれ・肩こり・目の疲れ 50代男性 会社員 栗田栄作様(仮名) 愛媛県東温市田窪
※お客様の声・口コミ整体体験談は当院の施術を受けたクライアント様個人のご感想です。全ての方に効果を保障するわけではございません。

「すべてが優しくてふんわりとした雰囲気でいやされます。優しさの中で身体が整っていく感じがします」

お客様の声
●肩こり・首痛・背中の痛み・腰痛・ひざ痛・左腕から手のシビレ・体のゆがみ・頭痛 50代女性 保育士 山本法子様(仮名)愛媛県 松山市船ヶ谷町
※お客様の声・口コミ整体体験談は当院の施術を受けたクライアント様個人のご感想です。全ての方に効果を保障するわけではございません。

整体講習会の主催や講演会の講師の経験と実績

整体講習会の主催や講演会の講師の経験と実績

当院の院長は、全国の整骨院や整体院の先生が集まる講習会を主催したりや、健康に関する講演会の講師を担当した経験があります。

また定期的に治療家の先生向けの勉強会も開催しています。

おかげさまで全国の先生の喜びや学びのきかっけ創りや、一般の方の健康のサポートなどの活動も行っています。

そんな院長があなたのためにマンツーマンで丁寧に寄り添い優しくサポートさせていただきます。

 

選ばれ続ける10の理由

当院が「選ばれ続ける10の理由」をお伝えさせていただきます。

理由1.心と体が楽になり人生が楽しくなる優しい整体

banner

当院では、もまない、ポキポキしない、痛くない、気持ちよさを味わい「心と体が楽になり人生が楽しくなる優しい整体」を行なっています。

人には気持ちよさを感じ、それをじっくり味わうと自然と心と体のコリがゆるみバランスが整うという自然法則があります。

当院はその自然法則に沿った、四国では珍しい必要最小限の刺激で体が変化する「多次元操体法」という施術を行なっています♪

理由2.ナチュラル・シンプルな癒しの美しい空間

banner

当院はナチュラルでシンプルな癒しの美しい空間を追求しています。

整体院らしくないちょっとオシャレな空間をコンセプトに、癒しの雑貨を置いたり、壁や天井もやさしい森や鳥をイメージしています。

おかげさまで、ご来院いただくみなさまに大好評をいただいていて来院するだけでココロとカラダが癒され楽になる極上の空間を目指しています♪

理由3.施術前後の変化の体感

banner

当院では施術前後の変化の体感を大切にしています。

カラダは変化を体感するほど、治癒のスイッチが入り自然と症状が改善していきます。

変化を体感することで、施術効果の確認ができ安心と納得さらに感動につながり、回復をグンと早めます♪

 

理由4.健康管理士による生活習慣改善アドバイス

banner

当院は、症状の根本原因でもある毎日の生活習慣(呼吸の仕方・食事方法・動作と姿勢・考え方と感情や気分)を、生活習慣改善のプロである健康管理士の資格も持ち、セミナー講師の経験がある館長から、直接アドバイスを受けることができます。

当院では気持ちよくで楽になる整体施術と、あなたに合ったあなた専用の生活習慣改善アドバイスを行い、症状改善を全力でサポートします。

理由5.感謝を込めた安心のアフターフォロー

banner

当院では感謝を込めた安心のアフターフォローを大切にしています。

当院を選んでいただき、実際に来院していただく、そして喜んで通院していただくことは奇跡のような、とてもありがたいことだと当院では考えています。

その感謝の気持ちを込めて、9,000通を超えるお礼状、ニュースレター、メールマガジン、無料相談など当院なりの感謝の気持ちと安心をカタチにして表現しています。

理由6.自分で自分の整体ができるようになる

banner

当院では自分で自分の整体ができるようになるセルフケアの方法を丁寧にお伝えしています(より深く自分で整体ができるようになりたい方、整体師を目指す方やプロの施術家の方向けのメニューもあります)

自分で自分の整体ができるようになると、ある程度のゆがみは自分で調整できるようになり、今後のあなたの人生にとって大きな財産になります。

当院は、通院するほど感覚が磨かれ、自分でできる整体の精度もアップし、毎回新しい発見がある通院が楽しみになる整体院です♪

専用メニューについて詳しくはこちら→あなたも整体師になれる♪「自分で整体レッスン」
 

理由7.自律神経・うつ・パニックなど心の症状が楽になる「こころの整体」

banner

当院では「自律神経失調症・うつ病・パニック障害・不眠症・めまい・頭痛・慢性疲労・不安症・恐怖症など心の症状や生きづらさをなんとかしたい」あなたをサポートする自律神経・うつ・パニックなど心の症状が楽になる「こころの整体」を行っています。

心も体も深い部分から楽になりたい、悩みや苦しさから根本的に解放されたい、もっと楽に楽しく生きたい、人生を変えたいあなたのための心の症状に特化した施術メニューです。

詳しくはこちら→自律神経・うつ・パニックなど心の症状が楽になる「こころの整体」
 

理由8.整体院まで行けない方のための訪問整体(出張整体)

banner

当院では整体を受けたいけれど整体院まで行けない事情がある方のために訪問整体(出張整体)を行っています。

特に「毎日育児をがんばっているママさん」「外出するのが大変なご年配の方」「整体後家でそのままゆっくり寝たいお父さん」「自宅でセルフケアや整体をじっくり学びたい健康意識の高い方」などに好評をいただいています。

詳しくはこちら→お家でラクラク♪訪問整体(出張整体)

理由9.LINE&メールカウンセリングセッション

banner

当院ではLINEとメールでカウンセリングセッションを行っています。

このLINE&メールカウンセリングセッションは、LINEやメールでのやり取りを通して、心や体の症状、生きづらさが楽になるセッションです。

カウンセリングセッションは日本全国どこにお住まいの方でもお受けいただけます(海外の方も応相談)

詳しくはこちら→人生が変わる【LINE&メール】カウンセリングセッション

理由10.喜びの声多数の信頼の実績

banner

当院は、おかげさまでココロとカラダを大切にしたい、たくさんの方々から喜びのお声手書きや漫画でいただいています。

このお声が当院の元気の源新たな気づきのきっかけなり、同じ症状でお悩みの方の勇気ある一歩をサポートするきっかけにもつながっています。

松山市の整体院 健優館でココロもカラダも楽になり、今度はあなたが喜びの声を書く側になってみませんか。

そんなご縁のあるあなたのご来院を心よりお待ちしています!

施術料金について

【1日先着8名様限定】初回施術料金半額キャンペーン!

初回半額

この【1日先着8名様限定】初回施術料金半額キャンペーンは、あなたに適切な施術を受ける機会を失ってほしくない、少しでもあなたの新しい道を歩む勇気ある一歩を後押ししたいとの思いで行っています。

なんとさらに!
henkinhosyou

当院の整体は保険が適用されないため、全額自費になります。どんな施術なの?効果は出るのかな?と不安なことも多いと思います。

そこで、そんな不安を少しでも解消するため、安心・納得の施術料金返金保証をいたします。

万が一、当院の施術に満足されない場合は施術料金をいただきませんので、遠慮なくお申し付けください。

※当院の施術では対応できない症状の場合、医療機関をおすすめする場合があります。※冷やかしや当日以外でのお申し出は適用になりません。※この保障は初回お試し無料クーポンではありません。

当院にピンときたご縁のあるあなたのご来院を心からお待ちしております。

●2回目以降
2回目以降の通常料金6,400円(税込)→メンテナンス会員料金5,000円(税込)

その他のメニュー

●自律神経・うつ・パニックなど心の症状が楽になる「こころの整体」

初回こころの整体料金通常16,400円(税込)(施術料12,800円+初回セッション料3,600円)→【今なら6,400円引き】の10,000円(税込)
詳しくはこちら→自律神経・うつ・パニックなど心の症状が楽になる「こころの整体」

●自分で自分の整体ができるようになる「自分で整体レッスン」

初回整体レッスン料金通常16,400円(税込)(レッスン料12,800円+初回カウンセリング料3,600円)→【今なら6,400円引き】の10,000円(税込)
詳しくはこちら→あなたも整体師になれる♪「自分で整体レッスン」

●整体院まで行けない事情のある方のための「訪問整体(出張整体)」

施術料金に出張費プラス3,000円(税込)
詳しくはこちら→お家でラクラク♪訪問整体(出張整体)

●全国どこからでもお申込み可能な人生が変わる【LINE&メール】カウンセリングセッション

初月カウンセリングセッション料金通常月額20,000円(税込)→今ならなんと半額初月お試し特別価格月額10,000円(税込)
詳しくはこちら→人生が変わる【LINE&メール】カウンセリングセッション

追伸について

banner

このホームページの文章を読んで、なんとなくピンときた方や、何か惹かれるものを感じてくれているあなたのご来院を心よりお待ちしています。

あなたの勇気ある一歩を、心を込めて全力でサポートさせていただきます。

まずは、お気軽にお電話やメールでお問い合わせくださいね。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。

あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきますように♪

署名

予約について

完全予約制(当日予約も大歓迎)
「ホームページを見ました」と今すぐ下記のボタンをタップ!もしくは下記の電話番号へお電話下さい!

今すぐお電話

お問い合わせ

※iPhoneやiPadで電話番号ボタンを3回以上タップするとシステムの関係で「このWebサイトから自動的に電話をかけることは禁止されています。」と表示されますが「通話を許可」→「発信」をタップすると電話をかけることができますのでご安心下さい。

【不安解消】LINE&メールで無料相談(24時間受付中)

LINE&メールで無料相談

当院では、LINE&メールで無料相談24時間受付しています。

電話はちょっと抵抗があるという方や、私の症状は整体を受けても大丈夫なの?という方健康に関することや不安なことやお悩みなどがありましたら何でも遠慮なくメールしてください!

こんなこと今更恥ずかしくて聞けないということや、どんな小さな疑問・質問でも大歓迎です♪

納得や安心していただけるまで何度でもご相談ください。

あなたに少しでもホッと安心していただけますよう、私でお答えできる事は、心を込めて丁寧にお返事させていただきます。

まずは、お気軽に今すぐ下記のボタンを押してご相談くださいね♪

お問い合わせ

※ご入力いただいた、お名前、メールアドレス、本文などは、大切な個人情報として当院が責任をもって厳重に管理し、ご本人の許可なく外部に公開されることは一切ございませんのでご安心ください。

【よくあるご質問Q&Aはコチラ】

↓↓↓下記のページもご覧下さい↓↓↓
健優館TOP 館長自己紹介 はじめての方へ お客様の喜びの声 整体料金 よくあるご質問 予約申し込みの流れ 交通アクセス

松山市の整体院 健優館(けんゆうかん)
〒791-8011
愛媛県松山市吉藤5丁目3-11
(松山市駅から北条方面へ車で約15分)
電話番号:089-906-5484
営業時間:9時~20時
定休日:日曜日(土曜・祝日も営業)
P2台あり

【詳しい地図・交通アクセスはコチラ】

Pocket

The following two tabs change content below.
松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう)
あなたのお悩みおまかせ下さい!心を込めて施術させていただきます。館長藤原の詳しいプロフィールはこちら→松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長プロフィール
松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう)

最新記事 by 松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう) (全て見る)