Pocket

生理不順(月経不順)と整体

生理不順(月経不順)と整体について

あなたは「生理不順(月経不順)」の症状でお悩みではありませんか。

生理は妊娠や出産に関わる大切なことであり、女性としての特別な想いがあることと思います。

それがいつもと違うリズムだったり不規則だったりすると、不安になったり怖い気持ちになってしまいますよね。

そこで、このページでは「生理不順(月経不順)と整体」と題して、生理不順(月経不順)でお悩みのあなたにお役立ちできる情報をお伝えしていきます。

あなたの不安が少しでも安心に変われば幸いです。

生理不順(月経不順)の症状とは

生理不順(月経不順)と一口にいっても、月経期間の長さ、月経周期の長さ、月経周期がバラバラで一定しないなど様々な症状があります。

生理が2ヶ月に一度しか来なかったり、 21日周期でサイクルが短すぎる気がして不安になったり、周期が定まらず28日くらいで来たと思ったら、48日になったりと毎月決まっていなかったり、遅れ気味でしかも来ても2~3日で終わってしまい、量も少ないように感じるなどといった方もおられます。

女性は、思春期から閉経まで、妊娠中や授乳期以外は、定期的に排卵と生理(月経)を繰り返します。

このサイクルを「月経周期(生理周期)」といいます。

そしてこのサイクルが、不規則だったり、月経の量や期間が極端に外れている状態を生理不順(月経不順)と言います。

通常、成人女性の月経周期は25~38日、月経期間は3~7日が標準的です。

月経の量に関しては、多い日で2~3時間おきにナプキンを変える程度が一般的と言われています。

月経不順には、主に7種類あります。

1、頻発月経

頻発月経は、月経周期が24日以下の早い状態です。

卵巣の働きが落ちていたり、ストレスによるホルモン分泌の乱れが原因と考えられます。

頻発月経には、黄体ホルモンの分泌が不十分で、排卵日から月経開始までの期間が短くなる黄体機能不全の場合もあります。

黄体ホルモンが不足すると、子宮内膜が十分に成熟しないため、妊娠しにくかったり、妊娠しても流産が起こりやすくなることもあります。

2、稀発月経

稀発月経は、月経周期が39日以上の遅い状態です。

卵巣の働きが不十分で、ホルモンが順調に分泌されていないことが原因と考えられます。

稀発月経でも排卵があれば妊娠・出産が可能ですが、無排卵周期になっている場合が多いこともあります。

1~2ヶ月様子をみて、もとどおりになればいいですが、周期が長い状態が続くようであれば、ホルモンバランスの状態や排卵の有無を調べたほうがいいと言われています。

3、過短月経

過短月経は、月経期間が2日以下の短い状態です。

女性ホルモンの分泌量が少ないため、子宮内膜の厚みが薄い、あるいは子宮自体の発育不全などのほか、甲状腺機能異常が原因のこともあります。

月経は来ても排卵のない無排卵月経になっている場合も多いですので、長いあいだ放置すると不妊の原因にもなると言われています。

4、過長月経

過長月経は、月経期間が8日以上の長い状態です。

ホルモンバランスの乱れや子宮の病気が原因と考えられます。

視床下部、脳下垂体、卵巣など女性ホルモンの分泌に関係する器官になんらかのトラブルがあって無排卵周期になっていたり、黄体ホルモンの分泌が不十分なために黄体機能不全になっている可能性があります。

5、過多月経

過多月経は、経血の量が極端に多い状態です。

出血量が増える、経血にレバー状のかたまりが混じる、月経痛がひどいなどの症状があります。

子宮筋腫や子宮腺筋症、子宮内膜炎、子宮がん、ポリープなどの病気が原因になっていることもあります。

6、過少月経

過少月経は、経血の量が極端に少ない状態です。

経血量が極端に少なく、ナプキンの表面に経血がわずかにつく程度で終わってしまうような状態です。

過少月経になるのは年齢の影響が大きいと言われ、若くて子宮の発達が未熟な10代の女性・閉経が近づいている40代後半の女性によく見られます。

ですが、子宮が十分に成熟している20~30代の女性が過少月経を起こす場合はもあります。

それは、過度なストレスや無排卵月経、甲状腺の病気、子宮内膜炎の後遺症などの影響で女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量が少なくなり、子宮内膜が十分に育たないので、生理になっても出血量が少なくなると言われています。

なお、出血量が少なく、期間も3日以内のときは、妊娠の可能性もあります。

7、無月経

無月経は、今まで定期的にあった月経がこなくなってしまった状態です。

卵巣の老化は、35才ごろから少しずつはじまります。

更年期の前段階のプレ更年期(30代後半~40代ぐらい)で、月経周期が乱れたり、経血量が減るなどの症状がある人は、閉経に向けての変化がすでに起こっているのかもしれません。

ちなみに月経の周期は、一般的には初経(初潮)から4~5年で安定し、40歳を過ぎたあたりから少しずつ周期が乱れてくるようなリズムになります。

閉経は通常50才前後と言われ、はやくから更年期のような状態がはじまると、老化もはやくなる傾向があります。

生理(月経)による心と体の変化

生理(月経)は、女性にとってさまざまな心と体の変化を伴います。

月経中

月経中は、女性ホルモンの分泌が最も少ない時期で、下腹部痛、腰痛、吐き気、下痢、イライラ、頭痛、貧血、だるさ、むくみ、肌荒れなど不快な症状が起きやすい時期です。

増殖期~排卵

増殖期~排卵は、卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が増え、女性が最も調子のよい時期と言われています。

肌や髪にツヤがあり、気分もリラックス、思考もポジティブで、ダイエットの効果も出やすいので、いろいろチャレンジするならこの時期がいちばんと言えます。

分泌期(月経が始まる前)

分泌期(月経が始まる前)は、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が増え、心も体も不安定になる時期です。

乳房が張る・痛む、頭痛、肩こり、腰痛、便秘、下痢、肌荒れ、イライラ、憂鬱、眠気、過食など、PMSの症状が起きやすくなると言われています。

生理不順(月経不順)の原因

生理不順(月経不順)と整体

生理不順(月経不順)の症状は、一般的には「ストレスや食生活に乱れ、睡眠不足や過度なダイエットの影響によるホルモンバランスの乱れ」が原因と言われています。

さらには、心・体・生活習慣・環境の不調和も大きく関係してきます。

生理不順(月経不順)の原因「ホルモンバランスの乱れとストレス」

生理不順(月経不順)には、ホルモンバランスの乱れとストレスが大きな原因になります。

月経は基本的には女性ホルモンの卵胞ホルモン、黄体ホルモンによってコントロールされています。

体内のホルモン分泌のメカニズムはより複雑で、脳の視床下部(ししょうかぶ)、脳下垂体(のうかすいたい)、卵巣という3つの器官が関係し合っているため、そのうちのどれかひとつにトラブルが発生すれば、すぐに月経に影響が出てしまうと言われています。

月経はストレスのバロメーターといわれるほどで、精神的なストレスがホルモン分泌に影響を与え、不順を起こすことも多いです。

現代社会では、月経不順の根本的な原因はストレスといってもいいほどで、強いストレスを一時的に感じただけで、周期が変わってしまうこともあると言われています。

ホルモンバランスを乱れたままにしておくと、将来妊娠しにくくなったり、肩こり、頭痛、肌あれ、のぼせといった更年期のような症状が早く出たり、閉経が早まって骨粗しょう症や生活習慣病のリスクが高まる危険性もあるので、なるべく早くストレスを解消し、安定した月経周期に戻すことが大切です。

ストレスによるホルモンの乱れは下記のようなものがあります。

過激なダイエット

食事の量を極端に減らす、短期間で急激に体重を減らすなどの過激なダイエットを続けると、体脂肪率が極端に少なくなったり、一時的に栄養失調状態になるため、女性ホルモンがスムーズに分泌されなくなります。

その結果、生理不順や無排卵月経になったり、 生理が止まってしまうこともあります。

激しいスポーツ

体脂肪率を極端に落とす、激しいトレーニングや、フルマラソンのような体を酷使するスポーツを続けていると、女性の体は生殖機能をストップさせてでも生命を維持させようとします。

そのため、命に別状のない卵巣の働きを止めてしまい、生理不順や無排卵月経、無月経などが起こりやすくなります。

日々のストレス

引越しや、仕事、子育て、身近な人との別れなど、肉体的な疲労や精神的なストレスを感じていると、それを受け止めようとする視床下部がオーバーワークになります。

そのため排卵や生理を引き起こすための指令が乱れ生理不順になりやすくなります。

不規則な生活

深夜まで残業をする日々や、昼夜が逆転した生活が続くと、やはり体と心のストレスになり、視床下部の働きに悪影響を及ぼします。

また、海外旅行などに行くと、時差により生理周期が乱れることがありますが、一時的なものなら心配ありません。

卵巣の病気によって生理不順になっていることもあります

生理不順や無排卵月経は、視床下部のトラブルだけが 原因とはかぎりません。

卵胞の発育、変化を繰り返しながら、 微妙なリズムで女性ホルモンを分泌する卵巣は、短いサイクルでめまぐるしい変化を繰り返す臓器です。

それだけに卵巣嚢腫や子宮内膜症の一種である卵巣チョコレート嚢腫など、病気になりやすい場所でもあります。

卵巣のトラブルが原因で、脳からの指令が適切に受け取れ なかったり、女性ホルモンの分泌が滞ってしまい、生理不順が起きている場合もあります。

卵巣の病気は自覚症状がないケースも多いので、婦人科で定期的に検診を受けることが大切になります。

生理不順(月経不順)の原因「心・体・生活習慣・環境の不調和」

当院では、生理不順(月経不順)は、心・体・生活習慣・環境の不調和が大きく関係していると考えています。

体のバランスに不調和があると、血流が悪くなったり、ストレスを感じやすくなってしまいます。

心のバランスの不調和である、ネガティブな感情や我慢やストレスが、生理不順(月経不順)の症状につながります。

そして、生活習慣(呼吸・食事・動作・考え方)の不調和が、心と体の不調和につながります。

さらに環境の不調和である、ストレスを感じる人間関係や家庭環境、職場環境、生活環境なども生理不順(月経不順)の原因になります。

ここでは、生理不順(月経不順)の原因である、心・体・生活習慣・環境の不調和について少し詳しくお伝えしていきます。

1、心と体のバランスの不調和

体のコリやバランスのズレがある場合、体本来の機能を発揮できなくなり、疲れなどにより血流が悪化しストレスを感じやすくなり、生理不順(月経不順)の症状に陥りやすくなってしまいます。

そして、不安や悲しさ、恐怖などの感情やストレスの蓄積で心にコリができ、その心にコリが見える形として、体のコリや症状として現れます。

心と体は深くつながっているため、お互いにダイレクトに影響を与えます。

ですから、心にコリができることで、体にも影響し、血流が悪化し、生理不順(月経不順)の症状を引き起こしやすくなるということになります。

ですから、体だけ、心だけではなく、心と体の両方を調和させていくことが大切になります。

当院では、体のバランスが調和すると同時に、心の部分のも癒しのヒーリング効果のある不思議な整体を行っています。

つまり、心と体の両面にアプローチし、より深い部分から生理不順(月経不順)などの症状の改善のお手伝いをしています。

2、生活習慣(呼吸の仕方・食事方法・動作と姿勢・考え方と感情や気分)の不調和

心と体のコリとバランスが整っても、今までの「生活習慣」を改善しない限り、本質的な改善にはなりません。

ちょっとキツイ言い方になるかもしれませんが、あなたの生理不順(月経不順)の症状の本質的な原因は、あなたの今まで生活習慣つまり、生き方にあります。(先天的な原因やケガなどは除く)

生理不順(月経不順)の症状でお悩みのあなたは、つい病院やお薬、治療院で治してもらいたい、自分でなんとかしたくても方法が分からないといった方も多く、生活習慣まで気が回らない方もおられるかもしれません。

ですが、そんな生理不順(月経不順)の症状と本気で向き合いたい、何とかしたいと思っているあなただからこそ、声を大にしてお伝えしたい部分でもあります。

生活習慣とは呼吸の仕方・食事方法・動作と姿勢・考え方と感情や気分の4つです。

・呼吸が浅いと血流が悪くなり、ストレスを感じやすくなり、生理不順(月経不順)の症状にもつながります。
→整体でバランスが整うと自然と姿勢も良くなり呼吸も深くなります。普段から深い呼吸を意識することも大切です。

・食事もお菓子や甘いもの、ごはんやパン、麺類の摂りすぎも生理不順(月経不順)の症状が発生しやすい状態になる原因になります。
→実はあまり知られていませんが、お菓子や甘いもの、砂糖などの糖質、ごはんや小麦(パン・麺類など)の炭水化物を摂りすぎている現代の食事方法は、人間本来の食事方法とズレてしまっています。糖質や炭水化物を減らし、お肉や魚、卵などのタンパク質の食べる量を増やすことで生理不順(月経不順)が起こりにくい体につながります。

・運動不足や無理な姿勢をとることが多いと、体のゆがみやコリにつながります。
→定期的な運動をすることや整体で体のバランスを整えることで体のゆがみやコリから解放されていきます。

・マイナスな考え方や不安や恐怖などの感情、沈んだ気分なども心のコリにつながります。
→趣味やお気に入りのスポットなど好きなことに熱中する時間や、リラックスする時間を積極的にとる。考え方や捉え方の視点を高く持ち自分を客観的に見る視点を持つことなど。

これらの生活習慣をひとつひとつ見直し、出来る範囲で改善していくことが、あなたが生理不順(月経不順)の症状から本質的に解放されるキッカケにつながります。

特に病院やお薬、他の治療院でなかなか良くならない生理不順(月経不順)の症状でお悩みの方はぜひ、生活習慣の改善に取り組んでいただきたいと思います。

もしかすると、すでに生活習慣の改善に取り組まれている方もいらっしゃるかもしれませんが、大事なのはその人に合った、自然と調和する、本来のあなたと調和する生活習慣の改善を行うことです。

いきなり全部を実践しようとしなくてかまいません、今のあなたができること、なんとなくピンときた部分から実践してみてください。

3、環境の不調和

環境の不調和である、ストレスを感じる人間関係や家庭環境、職場環境、社会環境、生活環境なども、生理不順(月経不順)の大きな原因になります。

家庭や職場の人間関係で悩んでいたり、ストレスを感じている方は多いと思います。

今の社会の構造や景気などの社会の部分に、違和感やストレスを感じている方もいらっしゃいます。

災害や気候の影響やお金などの生活の部分に、不安やストレスを感じている方も少なくありません。

こういった環境のストレスも、体の症状である生理不順(月経不順)につながってしまいます。

ですが、環境はなかなかすぐに変えられない場合もありますし、例え環境を変えてもあなたの考え方や捉え方などの内側の在り方の部分が変わらない限り、環境を変えても同じ問題を繰り返し体験することになります。

ですから、まずは自分自身を知ること、自分の内側の仕組みや扱い方を学ぶことが大切になります。

不思議な話ですが、答えはいつも、他人や周りにあるのではなく、自分の内側にあります

ですから、いかに自分の内側について知っているのか、自分の内側と対話できるのかが、生理不順(月経不順)を改善する上でも重要な部分になります。

このページをご覧のあなたは本気で生理不順(月経不順)の症状と向き合い、なんとかしたいともがいている状態だと思います。

当院は、そんな今まで十分努力して苦しんできたあなたの生理不順(月経不順)の症状の本質的な改善を全力でサポートしている整体院です。

生理不順(月経不順)と整体

生理不順(月経不順)と整体

当院には、生理不順(月経不順)でお悩みのクライアントさんが多数ご来院されています。

そして、ほとんどの方が、体のバランスが調和することで、生理不順(月経不順)も改善に向かわれています。

体のバランスが調和すると、血流が良くなり、ストレスも解放されていきます。

そして、体に元々備わっている自然に治る力である 自然治癒力が働きやすい状態になります。

生理不順(月経不順)などの症状は、自然治癒力によって改善されていきます。

逆に言うと、生理不順(月経不順)などの症状が出ていると言うことは、自然治癒力が本来の働きができていない、つまり、自然治癒力が働くのを邪魔している要因があることになります。

その要因が、体のバランスの不調和であったり、心のバランスの不調和、生活習慣の不調和、環境の不調和だと言えます。

ですから、いかに心・体・生活習慣・環境の不調和を調和させていくことができるかが大切になります。

当院の整体は、体のバランスが整うと同時に、心の部分にも癒やしのヒーリング効果のある不思議な整体を行なっています。

つまり、心と体の両面にアプローチする整体と言えます。

心と体の両面にアプローチするため、より深い部分がら楽になっていきます。

さらに、生活習慣の改善と、環境を調和させていくことで、生理痛の本質的な改善につながっていきます。

さらにもっと深い部分で言うと、生理不順(月経不順)などの症状の究極的な原因は、今のあなたの生き方が、本来のあなたの生き方とズレてしまっているためと言えます。

つまり、あなたが本来のあなたの生き方を取り戻すほど、生理不順(月経不順)の症状も自然と改善に向かっていきます

本来のあなたの生き方とは、頭で考えた生き方ではなく、心で感じる生き方です。

過去の後悔や未来の不安にとらわれるのではなく、今この瞬間の喜びを生きる生き方です。

現代の社会は、恐怖と不安がベースの社会と言えます。

ですから、無意識に流れに任せて過ごしていると、どんどん恐怖と不安を基準とした生き方になってしまいます。

それで上手くいっているのならかまわないのですが、生理不順(月経不順)などの症状で悩んでいたり、生きることに違和感やストレスを感じている場合、あなた本来の生き方を取り戻す必要があると言えます。

不思議な話ですが、生理不順をなんとかしようとすればするほど、症状が悪化してしまうケースもあります。

生理不順という結果に意識を向けすぎると、意識を向けたものが現実化するという自然の法則により逆に状態が悪化してしまったり、生理不順をなんとかしたいと思っている限り、なんとかしたいという思う現実が引き寄せられてしまうからです。

ですから、むしろ開き直って「生理不順があってもいいんだ、大丈夫なんだ」と、生理不順を受け入れ、許すことができると、自然と回復に向かっていきやすくなります。

あなたは存在しているだけで十分価値がある存在です。

パズルに余るピースはないように、この地球という壮大なパズルもあなたというピースがなければ完成できないし、成り立つことができません。

自分は貴重で素晴らしい、すごい存在なんだということに気づき、自分のことを今より好きになり、自分を認めてあげましょう。

そんな、一歩があなたの生理不順解決の希望の光に変わっていきます。

松山市の整体院 健優館は、整体を通して、心・体・生活習慣・環境が調和するお手伝いをし、生理不順(月経不順)などの症状の本質的な改善をサポートしています。

単に症状が改善する場所ではなく、あなたが本来の生き方に気づき、本来の生き方を取り戻す場所を追求しています。

あなたが人生を楽に楽しく生きあなたらしく輝くサポートを全力で行っています。

あなたの人生が変わるきかっけになる整体院を目指しています。

ストレス社会の現代、あなたと同じ生理不順(月経不順)の症状の悩みを抱え苦しんでいる方はたくさんおられます。

あなたは一人ではありません。

そして、あなたが生理不順(月経不順)の症状から解放されるということは、同じ症状で苦しんでいる方の明るい希望になるということです。

そんなあなたの生理不順(月経不順)の症状の本質的な改善のお手伝いができることを心より楽しみにしております。

一緒に一歩一歩進んでいきましょう。

当院は、そんなあなたにやさしく寄り添う整体院です。

まずはお気軽に電話やメールでお問い合わせくださいね。

このページを最後までお読みいただいた、ご縁のあるあなたのご来院を心よりお待ちしております。

松山市の整体院 健優館 院長 藤原優(ふじわらゆう)

「ホームページを見ました」と今すぐお電話下さい!

今すぐお電話

お問い合わせ

※iPhoneやiPadで電話番号ボタンを3回以上タップするとシステムの関係で「このWebサイトから自動的に電話をかけることは禁止されています。」と表示されますが「通話を許可」→「発信」をタップすると電話をかけることができますのでご安心下さい。

↓↓↓下記のページもご覧下さい↓↓↓
健優館TOP 館長自己紹介 はじめての方へ お客様の喜びの声 整体料金 よくあるご質問 予約申し込みの流れ 交通アクセス

松山市の整体院 健優館(けんゆうかん)
〒791-8011
愛媛県松山市吉藤5丁目3-11
(松山市駅から北条方面へ車で約15分)
電話番号:089-906-5484
営業時間:9時~20時
定休日:日曜日(土曜・祝日も営業)
P2台あり
 

Pocket

The following two tabs change content below.
松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう)
松山市の心と体が楽になり人生が楽しくなる整体院 健優館 館長。趣味はアート写真。詳しいプロフィールはこちら→松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長プロフィール
松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう)

最新記事 by 松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう) (全て見る)