Pocket

顔面神経麻痺(マヒ)と整体

「顔面神経麻痺(マヒ)」は松山市の整体院 健優館へ

あなたは、「顔面神経麻痺(マヒ)」でお悩みではありませんか。

顔面神経麻痺(マヒ)の症状があると、人に逢うこともためらいがちになったり、外出しにくかったり、鏡で自分の顔を見て心も暗く沈んでしまうなど辛い思いをされている方もいらっしゃることと思います。

そこで、このページでは「顔面神経麻痺(マヒ)と整体」と題して、顔面神経麻痺(マヒ)でお悩みのあなたにお役立ちできる情報をお伝えしていきます。

このページは本気で、顔面神経麻痺(マヒ)の症状を改善したい、向き合いたいという方のために、豊富で本質的な情報をお伝えしています。

ぜひお気に入りに追加していただきじっくりお読み下さいね。

あなたが少しでもホッと安心するきかっけにつながれば幸いです。

顔面神経麻痺(マヒ)について

顔面神経麻痺(マヒ)は、顔面神経によって支配されている顔面筋の運動麻痺です。

急性あるいは亜急性に発症し、原因が明らかな症候性(しょうこうせい)顔面麻痺と、明らかな原因が不明な特発性(とくはつせい)顔面神経麻痺(ベル麻痺)とに分けられます。

原因として多いのは、ヘルペスウイルス感染症で、典型的には口唇(こうしん)ヘルペスを以前患った方が突然の顔面神経麻痺で発症すると言われています。

ほかには腫瘍(しゅよう)や代謝疾患が原因となる場合もあります。

顔面神経は、運動神経以外にも舌の前3分の2の味覚を伝達したり、アブミ骨筋という音量を調節する小さな筋を支配しています。

顔面神経麻痺(マヒ)は、身内が急に亡くなったり、心配事があることによって起こりやすくなります。

脳や内科での検査で異常がなければ、体全体のゆがみを整え、血流をよくし筋肉の硬さをとっていきます、

特に顔面神経を支配する神経にある、首の骨のゆがみを丁寧に調整していきます。

首の骨のゆがみで神経が圧迫され働きが悪くなるからです。

その他にもストレスが大きな原因でもあります。

心配事や圧迫感があるとますますマヒがひどくなります。

ですから、精神の安らぎを持つようにし、失ったものや起こる前の心配事を考えるより、残されたのものや今の自分の安らぎを考えるようにしましょう。

食事に関しても、ストレスがあると甘いものやお菓子を食べ過ぎてしまう傾向があります。

一時的なストレス発散にはなりますが、甘いものはカルシウムやビタミンを不足させて逆に疲れやすくなりイライラしてきます。

その他には、顔面を急激に冷やさないようにし、手のひらで顔面を30分くらいじっくり温めてみましょう。

顔面神経麻痺(マヒ)の症状について

顔面神経麻痺(マヒ)は主に2種類に分けられます。

1、ベル麻痺

男女差、年齢層に関係なく、突然始まる片側顔面筋の運動麻痺が主な症状です。

その結果、額にしわを寄せられない、眼を閉じられない、口角が垂れ下がる、口を尖(とが)らせて口笛がふけなくなる、口角からよだれが垂れる、などの症状が起こります。

麻痺側の耳が過敏になり、音が大きく響くように感じることがあります。

麻痺側の舌の前方3分の2の味覚障害を伴うことがあります。

典型的な訴えとしましては、ものを食べた時、金属を口に入れたような感じがするというものです。

眼が閉じにくいため、眼を涙で潤(うるお)すことができず、夜間などに角膜が乾燥しやすくなります。

そのため、角膜に潰瘍(かいよう)ができることがあります。

比較的予後は良好で、数カ月で自然治癒することもあります。

治癒が完全でない場合には、顔面麻痺が残ることがあります。

また再生した顔面神経が本来の支配先と異なった筋を支配してしまった場合には、口を閉じると眼が一緒に閉じたり、熱いものや冷たいものを食べた時に涙が出たりする異常連合運動が起こることがあります。

2、ラムゼイハント症侯群

帯状ヘルペスと言うウィルスの感染による顔面神経麻痺のことです。

顔面神経の麻痺に加えて外耳道(耳の穴)後壁、鼓膜の後半分、耳介(耳タブ)後部の皮膚などに帯状疱疹の水泡を認めることが多く(85~90%)、強い耳の近くの痛みを伴うことがしばしばです。

ただ水泡は顔面神経の麻痺が出て、しばらくたってから出てくることが普通ですから、この症状であることを知るのが遅れることが多いようです。

そこで痛みを伴って顔面神経の麻痺が起こった時には、ラムゼイハント症侯群を疑った方が良いと言われます。

顔面神経の麻痺に加えて舌の前2/3の味覚低下、耳鳴り、難聴、めまい等を伴うことも多いようです。

ラムゼイハント症侯群は、ベルの麻痺に比べて顔面神経の麻痺が後遺症となって残りやすいと言われていますので、帯状ヘルペスウィルスに対する特効薬であるゾビラックスをなるべく早期に使用することが大切です。

顔面けいれんについて

顔面神経麻痺(マヒ)に関連して「顔面けいれん」の症状があります。

ここでは3つの顔面のけいれんの症状についてお伝えしていきます。

1、顔面けいれん

顔面けいれんとは顔面の半分の筋肉が自分の意志とは関係なく、勝手にけいれんする症状のことです。

始めは目の周囲の筋肉から始ることが多く、日時がたつにつれて顔面の半分の全体にひろがって行くこともあります。

目の回りの筋肉だけがけいれんしているような場合、顔面けいれんなのか、あるいは他の病気なのか分かりにくい場合もありますが、目の回りと同時に、口角の外側(唇の端)がけいれんしている場合は、この病気に間違いがありません。

この病気は女性に多いこともあって、美容状の問題で悩む方が多くみられます。

顔面けいれんは顔面神経麻痺の後遺症として起こることもありますが、それ以外の原因不明のものが圧倒的に多いようです。

ところがこの、これまで原因不明と考えられていた顔面けいれんのほとんどが、実は、頭の中で顔面神経が、動脈硬化を起こした血管によって圧迫されるために起こると言う事実が最近、分かってきました。

実際、手術などを行なって顔面神経と、それを圧迫している血管の間をはがして、その間に小さなスポンジをはさみ、顔面神経への圧迫をとってあげると、顔面けいれんが改善するケースがあると言われています。

この手術のことを顔面神経減圧術と言いわれ、現在、脳神経外科の施設では広く行なわれています。

手術以外にはテグレトールあるいはアレビアチンと言う飲み薬が、顔面けいれんの治療に用いられていて、テグレトールは飲み始めの時期にふらつきがみられることがると言われています。

なお、この薬は神経痛、あるいはてんかんの方の発作を抑えるために使用されることもあります。

ボツリヌス菌という細菌が作り出すボツリヌス毒素(薬品名 ボトックス)の作用を利用して筋肉のけいれんを抑える治療法もあります。

このボツリヌス菌は食中毒の原因として知られていますが、この毒素を少量だけ痙攣している筋肉に注射しますと、その筋肉がゆるみ、けいれんや緊張がおさまると言われています。

普通、その効果は3~4か月後続きますが、その後元に戻ってしまい、症状が再発したころを見計らって、繰り返し注射することになります。

2、眼瞼(がんけん)けいれん

眼瞼けいれんは、目の回りの筋肉が自分の意志とは関係なくけいれんし、さらに収縮するために数秒から数十秒の間、マブタが閉じてしまって開けられなくなる現象のことを言います。

一般に身体の一部が無意識に動くことを不随意運動といい、そのなかには振戦、ジスキネジア、ジストニアとよばれる現象などがあります。

ジストニアとは、身体の筋肉が不随意に収縮し続ける結果、筋肉がねじれたり、ゆがんでしまって自分の意思通りに動かなくなる病気で、その中に眼瞼けいれんや手や腕に起こる書痙(しょけい)があります。

この原因としては、いろいろな体の動きをコントロールする脳の大脳基底核というところに障害が起こるためと考えられています。

眼瞼けいれんは、両側の目の回りにある眼輪筋に起こったジストニアの一種で、自分の意思とは関係なく筋肉のけいれんが繰り返して出現する病気です。

始めは、下眼瞼部のピクピク感、眼瞼の刺激感や不快感、まぶしい感じ、まばたきの回数が増えるなどの症状がみられ、次第に、このけいれんが上眼瞼部に進行し、眼瞼が頻繁に攣縮するようになって、そのせいで、マブタを開けられなくなることもあります。

症状には軽度の左右差がみられる場合もあり、通常、両側対称性に認められます。

サングラスを掛ける、眼帯をする、歌を歌う、ガムを噛むなど刺激により、一時的に症状が軽くなることあります。

起きてすぐの間は症状が軽いことが多いようです。

3、口舌ジスキネジア

老人には、顔面、口、舌などに不随意運動が比較的多くみられますが、口の周囲の不随意運動としては、口をモグモグさせたり、くちびるをとがらせたり、歯をむき出しにしたり、舌をぺちゃぺちゃさせたり、下あごを左右に動かすなどいろいろな運動があります。

その中で最も多いタイプがこの口舌ジスキネジアです。

口舌ジスキネジアは、一般に精神的緊張で悪化し、一方で夜寝ているときや意識的に止めようとするとき、気持ちをほかに向けるときには止まってしまうことがあります。

多くは60歳以上の老人にみられ女性に多い傾向があります。

口舌ジスキネジアは、大脳の黒質線状体、中脳などにある脳内のドパミン(神経伝達物質)神経の働きの異常によると考えられています。

その他に、老人の方で頭が勝手にふるえて困っておられる方がかなりおられますが、同じ要因によるものだと言われています。

顔面神経麻痺(マヒ)の要因

特発性顔面神経麻痺の要因として考えられる可能性としては、寒冷曝露(かんれいばくろ)、アレルギー、局所浮腫(きょくしょふしゅ)、ウイルス感染などがあると言われています。

いずれにしても、顔面神経は顔面神経管と呼ばれる骨で取り囲まれた狭いトンネルを通って脳から外に出ますが、何らかの原因で顔面神経がはれる(浮腫)と顔面神経が圧迫され麻痺が現れると考えられています。

顔面神経麻痺(マヒ)の原因

顔面神経麻痺(マヒ)と整体

当院では、顔面神経麻痺(マヒ)の本質的な原因は、心・体・生活習慣・環境の不調和にあると考えています。

体のバランスに不調和があると、呼吸が浅くなり、血流も悪くなります。

心のバランスの不調和である、ネガティブな感情や我慢やストレスの積み重ねも、顔面神経麻痺(マヒ)につながります。

それは、心と体はつながっているため、心の不調和が体の不調和として現れてしまうからです。

生活習慣(呼吸・食事・動作・考え方)の不調和も心と体の不調和につながります。

呼吸が浅いと、血流が悪くなります。

お菓子や砂糖などの糖質や、ごはんやパンなどの炭水化物を摂りすぎると、血流や姿勢の乱れの原因になります。

動作や姿勢のクセ、運動不足も血流悪化やストレスにつながります。

ネガティブな考え方や捉え方も、血流の悪化や顔面神経麻痺(マヒ)につながります。

そして、環境の不調和であるストレスを感じる人間関係や家庭環境・職場環境・生活環境も、顔面神経麻痺(マヒ)の原因になります。

顔面神経麻痺(マヒ)を本質的に改善するためには、心と体、生活習慣と環境を調和させていくことが一番の近道といっても過言ではありません。

言い換えると、心と体、生活習慣と環境が調和するほどに、顔面神経麻痺(マヒ)などの症状も発生できなくなってしまうと言えます。

顔面神経麻痺(マヒ)の原因「体・心・生活習慣・環境の不調和」

ここでは、顔面神経麻痺(マヒ)の原因である、心・体・生活習慣・環境の不調和について少し詳しくお伝えしていきます。

1、心と体のバランスの不調和

体のコリやバランスのズレがある場合、体本来の機能を発揮できなくなり、疲れなどにより血流が悪化しストレスを感じやすくなり、顔面神経麻痺(マヒ)の症状に陥りやすくなってしまいます。

そして、不安や悲しさ、恐怖などの感情やストレスの蓄積で心にコリができ、その心にコリが見える形として、体のコリや症状として現れます。

心と体は深くつながっているため、お互いにダイレクトに影響を与えます。

ですから、心にコリができることで、体にも影響し、血流が悪化し、顔面神経麻痺(マヒ)の症状を引き起こしやすくなるということになります。

ですから、体だけ、心だけではなく、心と体の両方を調和させていくことが大切になります。

当院では、体のバランスが調和すると同時に、心の部分のも癒しのヒーリング効果のある不思議な整体を行っています。

つまり、心と体の両面にアプローチし、より深い部分から顔面神経麻痺(マヒ)などの症状の改善のお手伝いをしています。

2、生活習慣(呼吸の仕方・食事方法・動作と姿勢・考え方と感情や気分)の不調和

心と体のコリとバランスが整っても、今までの「生活習慣」を改善しない限り、本質的な改善にはなりません。

ちょっとキツイ言い方になるかもしれませんが、あなたの顔面神経麻痺(マヒ)の症状の本質的な原因は、あなたの今まで生活習慣つまり、生き方にあります。(先天的な原因やケガなどは除く)

顔面神経麻痺(マヒ)の症状でお悩みのあなたは、つい病院やお薬、治療院で治してもらいたい、自分でなんとかしたくても方法が分からないといった方も多く、生活習慣まで気が回らない方もおられるかもしれません。

ですが、そんな顔面神経麻痺(マヒ)の症状と本気で向き合いたい、何とかしたいと思っているあなただからこそ、声を大にしてお伝えしたい部分でもあります。

生活習慣とは呼吸の仕方・食事方法・動作と姿勢・考え方と感情や気分の4つです。

・呼吸が浅いと血流が悪くなり、ストレスを感じやすくなり、顔面神経麻痺(マヒ)の症状にもつながります。
→整体でバランスが整うと自然と姿勢も良くなり呼吸も深くなります。普段から深い呼吸を意識することも大切です。

・食事もお菓子や甘いもの、ごはんやパン、麺類の摂りすぎも顔面神経麻痺(マヒ)の症状が発生しやすい状態になる原因になります。
→実はあまり知られていませんが、お菓子や甘いもの、砂糖などの糖質、ごはんや小麦(パン・麺類など)の炭水化物を摂りすぎている現代の食事方法は、人間本来の食事方法とズレてしまっています。糖質や炭水化物を減らし、お肉や魚、卵などのタンパク質の食べる量を増やすことで顔面神経麻痺(マヒ)が起こりにくい体につながります。

・運動不足や無理な姿勢をとることが多いと、体のゆがみやコリにつながります。
→定期的な運動をすることや整体で体のバランスを整えることで体のゆがみやコリから解放されていきます。

・マイナスな考え方や不安や恐怖などの感情、沈んだ気分なども心のコリにつながります。
→趣味やお気に入りのスポットなど好きなことに熱中する時間や、リラックスする時間を積極的にとる。考え方や捉え方の視点を高く持ち自分を客観的に見る視点を持つことなど。

これらの生活習慣をひとつひとつ見直し、出来る範囲で改善していくことが、あなたが顔面神経麻痺(マヒ)の症状から本質的に解放されるキッカケにつながります。

特に病院やお薬、他の治療院でなかなか良くならない顔面神経麻痺(マヒ)の症状でお悩みの方はぜひ、生活習慣の改善に取り組んでいただきたいと思います。

もしかすると、すでに生活習慣の改善に取り組まれている方もいらっしゃるかもしれませんが、大事なのはその人に合った、自然と調和する、本来のあなたと調和する生活習慣の改善を行うことです。

いきなり全部を実践しようとしなくてかまいません、今のあなたができること、なんとなくピンときた部分から実践してみてください。

3、環境の不調和

環境の不調和である、ストレスを感じる人間関係や家庭環境、職場環境、社会環境、生活環境なども、顔面神経麻痺(マヒ)の大きな原因になります。

家庭や職場の人間関係で悩んでいたり、ストレスを感じている方は多いと思います。

今の社会の構造や景気などの社会の部分に、違和感やストレスを感じている方もいらっしゃいます。

災害や気候の影響やお金などの生活の部分に、不安やストレスを感じている方も少なくありません。

こういった環境のストレスも、体の症状である顔面神経麻痺(マヒ)につながってしまいます。

ですが、環境はなかなかすぐに変えられない場合もありますし、例え環境を変えてもあなたの考え方や捉え方などの内側の在り方の部分が変わらない限り、環境を変えても同じ問題を繰り返し体験することになります。

ですから、まずは自分自身を知ること、自分の内側の仕組みや扱い方を学ぶことが大切になります。

不思議な話ですが、答えはいつも、他人や周りにあるのではなく、自分の内側にあります

ですから、いかに自分の内側について知っているのか、自分の内側と対話できるのかが、顔面神経麻痺(マヒ)を改善する上でも重要な部分になります。

このページをご覧のあなたは本気で顔面神経麻痺(マヒ)の症状と向き合い、なんとかしたいともがいている状態だと思います。

当院は、そんな今まで十分努力して苦しんできたあなたの顔面神経麻痺(マヒ)の症状の本質的な改善を全力でサポートしている整体院です。

顔面神経麻痺(マヒ)の対策

このページをお読みの方は、顔面神経麻痺(マヒ)の症状や、生活での不具合でお悩みのことと思います。

顔面神経麻痺(マヒ)は、まず安心することが大切です。

顔面神経麻痺(マヒ)という症状などの不安や恐怖を感じる部分に意識をフォーカスするのではなく、顔面神経麻痺(マヒ)だけど、あれもこれもできている、生きているなどという希望に意識を向け、前向きに安心することが大切です。

その上で普段の生活習慣(呼吸の仕方・食事方法・動作姿勢・考え方感情気分)を見直すことが重要になります。

顔面神経麻痺(マヒ)は、基本的に温めると早期回復につながります

蒸しタオルやカイロなどで痛みやコリを感じる箇所を温め、血流を良くし、その結果回復に必要な栄養素がスムーズに運ばれるためです。

血流がよくなるため一時的に痛みが強まることがありますが、結果として早期回復につながります。

さらに普段の食事で、お菓子や甘いもの、ごはん、パン、めん類、お酒などの糖質を減らすと回復しやすくなります。

現代の食事は、糖質を大量に摂る食事になっています。

ですから、その糖質を減らし、体の回復に必要なたんぱく質を多くとる必要があります。

具体的には手軽に摂りやすい玉子を1日3個以上摂ったり、お肉や魚などを意識して多めに摂ることです。

温めること、糖質を制限した食事について興味にある方は下記の本がおすすめです。

「体を温める」とすべての痛みが消える―腰痛、ひざ痛、股関節痛、間欠性跛行が治った! (ビタミン文庫)
坂井 学
483761230X

炭水化物の食べすぎで早死にしてはいけません: 生活習慣病を予防&改善する糖質制限食31のポイント
江部 康二
4492045465

顔面神経麻痺(マヒ)・けいれんの手術ちょっと待ってください!

顔面神経麻痺(マヒ)・けいれんの手術

顔面神経麻痺(マヒ)・けいれんで悩んでいる方は多いものです。

顔面神経麻痺(マヒ)・けいれんに関しても、整形外科や医師から手術をすすめられている方もいらっしゃいます。

手術をされその後の経過が良好な方もおられますが、残念ながら症状があまり変わっていない方もおられます。

この違いはどういうことなのでしょうか。

当院で行っている操体法という施術法の考え方に「人は元々健康で一生を送られるように設計されている」というものあります。

つまり、適切な生活習慣、自然と調和した生活を送っている限り、病気や顔面神経麻痺(マヒ)・けいれんなどの症状に悩まされることなく、元気に生活していけるという考えです。

病気や症状は、その人の今の生活習慣(呼吸、食事、運動、考え方など)や環境が体や心に無理がかかっている状態、自然と調和していない状態ですよと知らせてくれている、体からのサインなんです。

このサインに気付き、その時に適切な対処をすれば、小さな病気や症状ですみます。

ですがこのサインに気付かなかった、サインの意味を知らなかったら、対処することができません。

そして親切な体は、気付いてもらおうとさらに大きな病気や、重症の症状というカタチで、どんどん大きなサインを出してくれます。

これが病気や症状の本当の意味です。

ですから、手術で体にメスを入れるということは、本来完璧にできている体に手を加えていじってしまうことになります。

ですから、本来なら顔面神経麻痺(マヒ)に関しても、かなりの重症で手術をしないとどうにもならない場合は除いて、手術はできるだけしないほうがいいです。

実際、顔面神経麻痺(マヒ)・けいれんに関して手術を受けるかどうか悩まれていたクライアントさまが、施術で楽になり、その後今でも元気にお出かけをされたり毎日を楽しまれているというケースもあります

ですから、これを読んでくださっている方や、ご家族やご友人に顔面神経麻痺(マヒ)・けいれんに関しての手術を受けようかどうか悩んでいる方がおられましたら、すぐに手術は受けずに、まずはご縁のあった整体院に行かれたり、自分でできるケア、本などで情報を集めるなど今できることをひとつずつ行動してみてください。

ご家族・ご友人の場合はそのようにお伝えしてみて下さい。

どうしても手術が必要な場合もありますが、意外と手術をしなくても良いケースもたくさんあります

もしお悩みの方がおられましたら、当院ではお電話やメール、LINEで、ご相談やご質問をお受けしております。(特にメール・LINEは24時間無料相談受付中です)

一人で悩むよりも、誰かに相談するだけで、気持ちがフッと楽になることもあります。

まずは、お気軽にお問い合わせくださいね。

あなたのその小さな一歩が幸せな未来を切り開く、大きな一歩になりますよう心からお祈りしています。

↓↓↓お問い合わせは今すぐ下記のボタンから↓↓↓

お問い合わせ

顔面神経麻痺(マヒ)のあなたと共に歩む整体院

顔面神経麻痺(マヒ)と整体

顔面神経麻痺(マヒ)は、まず体のバランスを整えることが大切です。

体のバランスのずれや不調和が、体の歪みにつながり、その結果として顔面神経麻痺(マヒ)として現れるからです。

ですが、何も常に背中がまっすぐの状態が理想というわけではありません。

その人の今の体の状態に必要なバランス、体にとって負担の少ない自然な姿勢が本来の姿勢とも言えます。

自然な姿勢は、周りから見ても美しいものです。

そして、体のバランスだけでなく、心のバランスを整えることも大切になります。

心と体は深くつながっているため、心の不調和が体の不調和の顔面神経麻痺(マヒ)として現れてしまうためです。

当院の整体は、体のバランスが整うと同時に、心にも癒しのヒーリング効果のある不思議な整体を行っています。

つまり、心と体の両面にアプローチし、より深い部分から楽になる整体です。

そして、心と体が調和し、生活習慣と環境が調和することで、顔面神経麻痺(マヒ)の本質的な改善につながります。

ちょっと不思議な話ですが、顔面神経麻痺(マヒ)は「あなたがあなた本来の生き方を取り戻すため」に発生します。

言いかえると、今のあなたの生き方は、本来のあなたの生き方とズレていますよ、と教えてくれている体からのサインと言えます。

ですから、顔面神経麻痺(マヒ)だからその症状を何とかしようとするのではなく、顔面神経麻痺(マヒ)になっている理由や意味に気づき、理解し、それに伴い行動していくことが大切になります。

あなた本来の生き方とは、頭で考えた生き方ではなく、心で感じる生き方です。

過去の後悔や未来の不安ではなく、今この瞬間の喜びを生きる生き方です。

違和感やストレスを感じる生き方ではなく、絶対的な安心感の中、楽に楽しく生きる生き方です。

ですが、苦しい経験があるからこそ、うれしい経験を感じることができます。

悲しい体験があるからこそ、喜びの体験を味わうことができます。

苦しさや悲しさは、人生を味わい深いものにしてくれる最高のスパイスだと言えます。

そんな意識で、どんな自分も受け入れ、認め、許し、愛することができたとき、あなたが本来のあなたを生き始めるきかっけにつながります。

松山市の整体院 健優館は、整体を通して、心・体・生活習慣・環境が調和するお手伝いをし、顔面神経麻痺(マヒ)の本質的な改善をサポートする整体院です。

単に症状が改善するだけの場所ではなく、あなたが本来のあなたの生き方に気づき、本来のあなたの生き方を取り戻す場所を追求しています。

当院は、あなたが人生を生きることが楽に楽しくなりあなたらしく輝くお手伝いを全力で行っている整体院です。

不思議な話ですが、顔面神経麻痺(マヒ)をなんとかしよう、消そうとしてもなかなかうまくいかない場合が多いです。

むしろ開き直って「顔面神経麻痺(マヒ)があってもいいんだ、顔面神経麻痺(マヒ)があっても大丈夫なんだ」と、顔面神経麻痺(マヒ)を受け入れ、許すことができると、自然と改善に向かっていきます。

自分なんてとつい思ってしまいますが、誰でも世界に一人、宇宙に一人のオンリーワンの存在です。

あなたは存在しているだけで十分価値がある存在です。

パズルに余るピースはないように、この地球という壮大なパズルもあなたというピースがなければ完成できないし、成り立つことができません。

自分は貴重で素晴らしい、すごい存在なんだということに気づき、自分のことを今より好きになり、自分を認めてあげましょう。

そんな、一歩があなたの顔面神経麻痺(マヒ)解決の希望の光に変わっていきます。

ストレス社会の現代、あなたと同じ顔面神経麻痺(マヒ)の悩みを抱え苦しんでいる方はたくさんおられます。

あなたは一人ではありません。

そして、あなたが顔面神経麻痺(マヒ)から解放されるということは、同じ症状で苦しんでいる方の明るい希望になるということです。

そんなあなたの顔面神経麻痺(マヒ)の本質的な改善のお手伝いができることを心より楽しみにしております。

一緒に一歩一歩進んでいきましょう。

松山市の整体院 健優館は、そんなあなたにやさしく寄り添う整体院です。

まずはお気軽に電話やメールでお問い合わせくださいね。

このページを最後までお読みいただいた、ご縁のあるあなたのご来院を心よりお待ちしております。

松山市の整体院 健優館 院長 藤原優(ふじわらゆう)
 

松山市の整体

お客様の喜びの声・口コミ整体体験談

当院は、おかげさまで多数のお客様から心のこもった手書きや漫画で喜びのお声をいただいています♪

ここでは、そのほんの一部をご紹介させていただきます。

「お店に迎え入れられた瞬間から、まるで、すべてを受け入れてもらえてるような安心感がありました」

お客様の声

お客様の声

●頭痛・肩甲骨~首のコリ 30代女性 会社員 梅岡幸子様(仮名) 愛媛県今治市大西町
※お客様の声・口コミ整体体験談は当院の施術を受けたクライアント様個人のご感想です。全ての方に効果を保障するわけではございません。

「分かりやすく痛みも感じない治療なので大変気に入っています」

お客様の声
●腰痛 40代男性 会社員 林健太様(仮名) 愛媛県松山市吉藤
※お客様の声・口コミ整体体験談は当院の施術を受けたクライアント様個人のご感想です。全ての方に効果を保障するわけではございません。

「健優館に出逢えた事で、すばらしい第2の人生がスタートできたと思っています」

お客様の声
●自律神経失調症・肩こり(五十肩)・首痛・腰痛 50代女性 主婦 橋本富士子様(仮名) 愛媛県松山市南持田
※お客様の声・口コミ整体体験談は当院の施術を受けたクライアント様個人のご感想です。全ての方に効果を保障するわけではございません。

「私の体のクセ等もわかっていてもらえているので、安心して体のメンテナンスをお任せできます」

お客様の声
●腰痛・肩こり 30代女性 教師 井上七海様(仮名) 愛媛県松山市山越
※お客様の声・口コミ整体体験談は当院の施術を受けたクライアント様個人のご感想です。全ての方に効果を保障するわけではございません。

「くつろげる空間で自分の体と会話できる時間は私にとって大切な時間になっています」

お客様の声
●肩こり・首痛 女性 ダンス講師 神谷千尋様
※お客様の声・口コミ整体体験談は当院の施術を受けたクライアント様個人のご感想です。全ての方に効果を保障するわけではございません。

「ここに来て良くなっている事が一番良かった事です」

お客様の声
●腰痛・股関節痛・左腰から足のしびれ・肩こり・目の疲れ 50代男性 会社員 栗田栄作様(仮名) 愛媛県東温市田窪
※お客様の声・口コミ整体体験談は当院の施術を受けたクライアント様個人のご感想です。全ての方に効果を保障するわけではございません。

「すべてが優しくてふんわりとした雰囲気でいやされます。優しさの中で身体が整っていく感じがします」

お客様の声
●肩こり・首痛・背中の痛み・腰痛・ひざ痛・左腕から手のシビレ・体のゆがみ・頭痛 50代女性 保育士 山本法子様(仮名)愛媛県 松山市船ヶ谷町
※お客様の声・口コミ整体体験談は当院の施術を受けたクライアント様個人のご感想です。全ての方に効果を保障するわけではございません。

予約について

完全予約制(当日予約も大歓迎)
「ホームページを見ました」と今すぐお電話下さい!

今すぐお電話

お問い合わせ

※iPhoneやiPadで電話番号ボタンを3回以上タップするとシステムの関係で「このWebサイトから自動的に電話をかけることは禁止されています。」と表示されますが「通話を許可」→「発信」をタップすると電話をかけることができますのでご安心下さい。

【不安解消】LINE&メールで無料相談(24時間受付中)

LINE&メールで無料相談

当院では、LINE&メールで無料相談24時間受付しています。

電話はちょっと抵抗があるという方や、私の症状は整体を受けても大丈夫なの?という方健康に関することや不安なことやお悩みなどがありましたら何でも遠慮なくメールしてください!

こんなこと今更恥ずかしくて聞けないということや、どんな小さな疑問・質問でも大歓迎です♪

納得や安心していただけるまで何度でもご相談ください。

あなたに少しでもホッと安心していただけますよう、私でお答えできる事は、心を込めて丁寧にお返事させていただきます。

まずは、お気軽に今すぐ下記のボタンを押してご相談くださいね♪

お問い合わせ

※ご入力いただいた、お名前、メールアドレス、本文などは、大切な個人情報として当院が責任をもって厳重に管理し、ご本人の許可なく外部に公開されることは一切ございませんのでご安心ください。

【よくあるご質問Q&Aはコチラ】

↓↓↓下記のページもご覧下さい↓↓↓
健優館TOP 館長自己紹介 はじめての方へ お客様の喜びの声 整体料金 よくあるご質問 予約申し込みの流れ 交通アクセス

松山市の整体院 健優館(けんゆうかん)
〒791-8011
愛媛県松山市吉藤5丁目3-11
(松山市駅から北条方面へ車で約15分)
電話番号:089-906-5484
営業時間:9時~20時
定休日:日曜日(土曜・祝日も営業)
P2台あり

【詳しい地図・交通アクセスはコチラ】

Pocket

The following two tabs change content below.
松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう)
松山市の心と体が楽になり人生が楽しくなる整体院 健優館 館長。趣味はアート写真。詳しいプロフィールはこちら→松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長プロフィール
松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう)

最新記事 by 松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう) (全て見る)