Pocket

乗り物酔いと整体

乗り物酔いと整体について

愛媛県松山市の整体院 健優館です。

あなたは、乗り物酔いでお悩みではありませんか。

家族や友人とちょっと遠くにお出かけしたり、旅行する時に、乗り物酔いがあるとそれだけで、苦しい思いや辛い思いをして、お出かけや旅行を楽しめなかったりしますよね。

そこで、このページでは「乗り物酔いと整体」と題して、乗り物酔いでお悩みのあなたにお役立ちできる情報をお伝えしていきます。

あなたが不安が少しでもホッと安心するきかっけにつながれば幸いです。

乗り物酔いについて

乗り物酔いは、旅行などで車やバス、フェリー、電車、新幹線、飛行機などの乗物の揺れなどによって起こり、吐き気や気分が悪くなる症状です。

動揺病、加速度病とも言われる、一時的な自律神経失調症です。

乗り物に長時間乗った際に起こりやすく、船釣りや遊園地のアトラクションなどでもみられます。

主な症状は、あくび、唾液の分泌増加、胃の違和感などに始まり、次第に気分が悪くなり、吐き気や嘔吐に至ります。

特に夏場は乗物酔いによる嘔吐から脱水をまねきやすいので、水分補給に注意が必要です。

乗物酔いは、乗物の揺れ、特に不規則な加速・減速の反復が、内耳のある三半規管や前庭を刺激することによって、自律神経系や平衡感覚の乱れを引き起こし発生します。

ちなみに同じ酔いでも、お酒の酔いはお酒を分解する過程で起こるもので、乗り物酔いは主に自律神経の乱れから発生します。

また、一度乗り物酔いをすると、その記憶がストレスとなって乗り物酔いを起こすケースもあります。

乗り物酔いの症状は、

●吐き気・嘔吐

●冷や汗

●気分が悪くなる

●顔色が悪くなる

●胃が気持ち悪くなる

●唾液の量が増える

●あくびの量が増える

●脈拍数や血圧の増加や低下

などがあります。

乗り物酔いの原因

乗り物酔いと整体

乗り物酔いは、三半規管など耳の奥にある器官にいろいろな刺激が何度も与えられ起こると言われています。

乗り物による加速や振動の体感や、景色の視覚的な感覚、においなどの嗅覚、不安やストレスなどが関係しています。

乗り物酔いは心因性のものが多いといわれています。

一度乗り物酔いをしてしまうと、また酔ってしまうのではないかという恐怖を抱えてしまったり、バスや電車、飛行機など酔ってもすぐに降りたりトイレに行けない環境に対する不安、乗り物酔いしている自分をイメージしてしまい実際に酔ってしまい自己嫌悪や自己否定に陥ってしまうなどです。

車など乗り物に乗るときはできるだけリラックスして楽しい気分で過ごす意識を持つことが大切です。

車に乗る=乗り物酔いではなく、車に乗る=楽で楽しいと思えるようになると、乗り物酔いをしにくくなります。

さらに当院では、乗り物酔いの原因は、心・体・生活習慣・環境の不調和にあると考えています。

体のバランスに不調和があると、血流が悪くなります。

心のバランスの不調和である、ネガティブな感情や我慢の蓄積も乗り物酔いにつながります。

生活習慣(呼吸・食事・動作・考え方)の不調和も、心と体の不調和につながります。

例えば、呼吸が浅くなると血流が悪くなります。

お菓子や砂糖などの糖質や、ごはんやパンなどの炭水化物を摂りすぎると、心や体の症状につながります。

動作や姿勢のクセ、運動不足も乗り物酔いにつながります。

ネガティブな考え方や捉え方も、乗り物酔いに影響を与えます。

そして、環境の不調和である、人間関係や家庭環境、職場環境、生活環境などの不調和によるストレスも乗り物酔いにつながります。

ですが、環境はすぐに変えられない場合もあります。

ですから、今の自分で出来る範囲の心と体、生活習慣の改善をしていくことが大切になります。

そして、もし環境を変えられたとしても、あなたの意識が変わらない限り、また同じ問題や悩みを繰り返し体感することになります。

外側の環境だけでなく、内側の意識をポジティブな方向に変えることが大事になります。

乗り物酔いの予防と対策

乗り物酔いはできるだけ事前に予防や対策をしておくと、酔いを防げたり軽くすることにつながります。

ここでは乗り物酔いの予防と対策についてお伝えします。

予防と対策1、睡眠

睡眠不足だと、体調不良や自律神経が乱れやすくなります。

できるだけ、普段からや特に前日はしっかり睡眠をとることが大切です。

予防と対策2、食事

食べ過ぎたり、脂っこいもの食べて、胃に負担がかかると酔いやすくなってしまいます。

前日や当日は胃に負担が少ないものを食べましょう。

その他にも車に乗る直前や車に乗っているときに、ジュースや果物、甘いお菓子を食べると酔いやすくなっていまいます。

予防と対策3、座席の向き

乗り物に乗る時はできるだけ進行方向と同じ方向を向いた席に座りましょう。

進行方向に背を向けると、加速の影響を受けやすくなってしまいます。

予防と対策4、遠くの景色を見る

乗り物の乗っているときに、本を読んだり、スマホを見たり、メールを打ったりするなど、近くの物を見ると視覚の影響で酔いやすくなってしまいます。

景色を見る時も近くではなく、できるだけ遠くの景色を見ることで酔いにくくなります。

予防と対策5、新鮮な空気を吸う

可能であれば窓を開けたり、休憩中は外の自然の空気を吸うようにすることで、リラックス効果があり、酔いにも効果的です。

予防と対策6、酔い止めの薬を飲む

乗り物酔いの酔い止めの薬を飲むことで、薬の効果と、薬を飲んだので大丈夫だという安心感が生まれ酔いにくくなります。

予防と対策7、寝てしまう

乗り物に酔いやすい場合、早々と寝てしまう、もしくは寝られなくても目をつむっておくことで、酔わないで済んだり、視覚からの酔いを防ぐ効果があります。

ちなみに私も自分が運転する場合は酔わないのですが、たまにバスなどに乗ると酔う時があり、なんとなく酔いそうだなぁと思ったら、ひたすら目をつむって寝ることにしています。

そうすれば、気づけば目的地についていたりして、無駄に苦しむことが少なくなります。

予防と対策番外編、口呼吸を意識する

意外と多いのがバスなどの乗り物や排気ガスの臭いを嗅ぐだけで気分が悪くなったり、酔ってしまう方もおられます。

この臭いは酔う臭いだと、脳に刷り込まれている状態とも言えます。

こういった場合、マスクをして鼻栓をしたり、鼻をタオルやハンカチで覆い、口呼吸を意識すると酔いにくくなります。

なお、胃下垂の人は乗り物酔いになりやすいようです。

胃下垂の人は背骨(胸椎7番)にゆがみがある場合が多いため、体のバランスを整えることも効果的です。

乗り物酔いと整体

乗り物酔いと整体

乗り物酔いしやすい方は、体が緊張しやすい傾向があります。

自律神経が緊張の交感神経に傾いてしまっていて、外部からの刺激にも敏感に反応してしまい、その結果、体の不調や心の不安などを感じやすくなってしまいます。

当院にも自律神経失調症や様々な不安を抱えている方、乗り物酔いしやすい方がご来院されます。

こういった方は、整体で体のバランスが整うと、体の緊張がゆるみ、表情が明るくなったり、気持ちが楽になる方が多いです。

乗り物酔いは、心の部分の影響が大きいですが、心や感じ方はなかなか急に変えにくいものです。

ですが、心と体はつながっているため、体のバランスが整い調和されると、心も調和し楽になっていきます。

ですから、必死になって心や感じ方を変えようとするよりも、体にアプローチしたほうが手っ取り早いケースも少なくありません。

そして、乗り物酔いをするあなたは決して、悪いのではなく、弱いのでもなく、ダメな存在でもないのです。

ちょっと不思議な話ですが、あなたに起こることが偶然起こっているのではなく、起こるべくして必然的に起こっていると言われています。

ですから、あなたに乗り物酔いが起こっていることも何か意味があって起こっています。

乗り物酔いという症状を通して、緊張しやすいこと、不安を感じやすいことなどの心の不調和や、体のバランスの不調和などを教えてくれていると言えます。

つまり、乗り物酔いという表面的な結果の症状に必要以上に囚われるのではなく、この乗り物酔いという症状はなぜ発生しているのか、何に気づかせてくれようとしているのかといった視点で見ていくこと、感じることが大切です。

ですが、そうは言われても乗り物酔いという結果をなんとか克服したいと思われている方もいらっしゃると思います。

それはそれで良い悪いということはなく、その何とかしようと思ったり、何とかしようとする行為すら、ただ起こっていることと言えます。

起こるままに起こす、そして気づくままに気づく、そういった意識でいると、もはや乗り物酔いという症状に囚われることなく、ある意味で乗り物酔いを諦め手放すと、いつのまにか乗り物酔いを克服していたということもあります。

不思議な話ですが、乗り物酔いを何とかしようとするほどに、乗り物酔いは強くなってしまいます。

それは、意識すればするほど、その意識したものが引き寄せられるという自然の法則があるからです。

これは、乗り物酔いなどの症状だけでなく、目の前の問題や悩み、苦しみも同じことが言えます。

症状や問題、悩み、苦しみは、諦め手放し忘れると、いつの間にか消えていきます。

あなたが大事に抱えているその症状や問題を手放せば、あなたはもっと身軽に自由になれます。

究極的には、症状や問題などは、本来のあなたを取り戻すためのきっかけと言えます。

実は、頭で考えているあなたには何一つ達成する力はなく、心や魂の部分で感じる本当のあなたにこそ、何かを達成したり創造する力があります。

今まで、自分の力で達成してきたと思い込んだり、勘違いしてきただけで、本当のところは本当の自分にただ達成させられていたことになります。

自分の力ではどうにもならないことや体験をすることで、そのことに気づく方も多いです。

ちょっと不思議な話になりましたが、まとめると自分でなんとかしようとするのではなく、自然の流れや宇宙の流れに身を任せた方が、結果的に物事はスムーズに上手くいくということです。

松山市の整体院 健優館は、整体を通して、心と体、生活習慣と環境が調和するお手伝いをし、乗り物酔いなどの症状の本質的な改善をサポートする整体院です。

単に症状が改善するだけの場所ではなく、あなたが本来のあなたの生き方に気づき、本来のあなたの生き方を取り戻す場所を追求しています。

乗り物酔いなどの症状は、本来のあなたを取り戻すほどに、発生できなくなります。

それは、乗り物酔いなどの症状は、本来のあなたを取り戻すためのキッカケのサインだからです。

当院は、あなたが人生を生きることが楽に楽しくなりあなたらしく輝くお手伝いを全力で行っている整体院です。

そんなちょっと変わった整体院ですが、症状だけではなく、あなたの人生が変わる整体院を追求しています。

このページを最後まで読んで下さったご縁のあるあなたのご来院を心よりお待ちしております。

松山市の整体院 健優館 院長 藤原優(ふじわらゆう)

「ホームページを見ました」と今すぐお電話下さい!

今すぐお電話

お問い合わせ

※iPhoneやiPadで電話番号ボタンを3回以上タップするとシステムの関係で「このWebサイトから自動的に電話をかけることは禁止されています。」と表示されますが「通話を許可」→「発信」をタップすると電話をかけることができますのでご安心下さい。

↓↓↓下記のページもご覧下さい↓↓↓
健優館TOP 館長自己紹介 はじめての方へ お客様の喜びの声 整体料金 よくあるご質問 予約申し込みの流れ 交通アクセス

松山市の整体院 健優館(けんゆうかん)
〒791-8011
愛媛県松山市吉藤5丁目3-11
(松山市駅から北条方面へ車で約15分)
電話番号:089-906-5484
営業時間:9時~20時
定休日:日曜日(土曜・祝日も営業)
P2台あり
 

Pocket

The following two tabs change content below.
松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう)
松山市の心と体が楽になり人生が楽しくなる整体院 健優館 館長。趣味はアート写真。詳しいプロフィールはこちら→松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長プロフィール
松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう)

最新記事 by 松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう) (全て見る)