小児喘息(ぜんそく)が楽になる

「小児喘息(ぜんそく)」が楽になりたいあなたは愛媛県松山市の自律神経メンタル専門心療整体院 健優館へ

あなたやあなたのお子さんやお孫さんが、「小児喘息(ぜんそく)」でお悩みではありませんか。

喘息(ぜんそく)は、苦しい症状ですし、お子さんやお孫さんが、小児喘息(ぜんそく)で苦しんでいる姿を見るのは、代われるものなら代わってあげたいと思うくらい辛い気持ちになりますよね。

なんとかしたいけれどどうすればいいのか分からない、そんな方もおられると思います。

そこで、このページでは「小児喘息(ぜんそく)が楽になる」と題して、小児喘息(ぜんそく)でお悩みのあなたにお役立ちできる情報をお伝えしていきます。

あなたが少しでもホッと安心するキッカケにつながりましたら幸いです。

小児喘息(ぜんそく)とは

小児喘息は、発作的に喘鳴(ぜんめい)を伴い、呼吸困難を繰り返す症状です。

これには親からの遺伝や体質とアレルゲンや受動喫煙などが絡み合って発症します。

気管支に慢性的な炎症があり、気道過敏性により気管支の粘膜がむくんで気管が狭くなります。

たんが増え呼吸が苦しくなり、ヒューヒュー、ゼイゼイという喘鳴(ぜんめい)音が聞こえるようになります。

小児喘息(ぜんそく)は、体のゆがみと生活習慣が関係してきます。

体のゆがみは、血流を悪くし、免疫力の低下などで、小児喘息(ぜんそく)などの症状になりやすくなります。

生活習慣に関しては、特に食事の内容の影響も大きいです。

砂糖を使った、お菓子やケーキなどのスイーツ、糖質を多く含む、ごはんやパン、めん類などの炭水化物をとりすぎると、小児喘息(ぜんそく)など様々な症状や病気になりやすくなります。

もう一点意外なところで、ストレスというものがあります。

共働きでカギっ子など、いつも寂しい思いをしていると、それが小児喘息(ぜんそく)というカタチの症状として現れるケースもあります。

小児喘息(ぜんそく)のお子さんやお孫さんは、意外と母親や家族がいる時はあまり喘息(ぜんそく)の症状が出なかったりします。

症状や病気は、心の問題も大きく影響を与えます。

お子さんやお孫さんとゆっくり過ごす時間を意識してとることも、家族みんなが健康でいる元気の秘訣かもしれません。

思春期までに自然によくなる?

小児喘息(ぜんそく)は、ハウスダスト、ダニ、花粉といった生活環境の中の物質が原因となるアレルギーで喘息が起こることが多いといわれています。

もしアレルギーを起こす原因物質がわかっていれば、それを子供のまわりから除去するようにしましょう。

喘息発作を放置すれば呼吸困難がひどくなるばかりではなく、喘息が重症化し、喘息死の可能性も出てきます。

また、成長に悪影響を与えることもあります。

適切な治療を行えば、小児喘息の約70%は、思春期までに自然によくなるといわれます。

症状について

小児喘息の発作では、呼吸をするときに「ゼーゼー、ヒューヒュー」と聞こえる苦しそうな症状を繰り返します。

これは、喘息発作で狭くなった気管支を息が通るときに出る音で、喘鳴(ぜんめい)とも呼ばれ、呼吸困難のときにみられる症状です。

喘鳴は、昼間より夜間や明け方に多く起こります。

昼間の症状は夜間や明け方に比べて比較的軽い場合があるので、見逃さないように注意しましょう。

小児喘息では、運動した後や風邪を引いたときにもこの症状が現れます。

また、乳児や幼児では、喘息発作を起こしても喘鳴がはっきりしないこともあります。

明らかな「ゼーゼー、ヒューヒュー」が聞きとれなくても、息苦しさを訴えているかどうかを読み取ってあげることが大切です。

特に、初めての喘息発作は症状がわかりにくく、見逃すと喘息を悪化させてしまうこともあります。

少しでも異常を感じたら一度医療機関を受診してみることをおすすめします。

発作について

小児喘息にかかると発作が起こるのが特徴ですが、その程度には個人差があると言われています。

発作は夜中や早朝に起きやすい傾向にあるので、この時間帯は特にお子さんの様子に気をつけてあげることが大切です。

1、軽度の発作

発作が軽ければ、息を吸ったり吐いたりするときに「ヒューヒュー」「ゼーゼー」といった軽い喘鳴はするものの、それほど呼吸困難にはならず、日常生活にも支障がありません。

2、中程度の発作

中程度の発作になると喘鳴がひどくなったり、息を吸っても吸い切れないような苦しい状態が続きます。
呼吸回数が多くなったり、肩で息をするようになったりします。

3、大きな発作

大きな発作だと、さらに呼吸が苦しくなり、横になって眠ることも難しくなります。
くちびるが紫色になるチアノーゼが起きてしまうことも。
チアノーゼを起こして意識が遠のくようなことがあると、命に危険を及ぼす可能性もあります。
中程度の発作以上のレベルで、夜に眠れない、日常生活に支障があるといった場合には、早急に専門の医療機関を受診することをおすすめします。

対処法「こちょこちょくすぐり」

小児喘息(ぜんそく)対処法としましては、夜尿症(おねしょ)にも効果のある「こちょこちょくすぐり」というものがあります。

やり方は簡単です。

1、おへその高さのわき腹を軽くこちょこちょとくすぐります。

以上です。

とてもシンプルですが、実はこれすごいんです。

子供はくすぐると、手足や全身をバタバタ動かします。

実は、この動きには無意識に体のゆがみを元にもどす不思議な力があります。

これは原始感覚といって、動物の本能的な動きなのです。

これを1日5分くらい、1~2カ月も続ければ、体のゆがみがしっかり調整され、小児喘息(ぜんそく)も自然と改善に向かいます。

親子や家族のスキンシップにもつながり、心のケアにもなります。

あわせて食事で砂糖を使った甘いものや炭水化物を摂り過ぎないようにするとより効果的です。

小児喘息(ぜんそく)の原因

小児喘息(ぜんそく)と整体

小児喘息(ぜんそく)を整体的な視点で見ると、体の歪みやストレスや捉え方に関係があることが見えてきます。

ストレスは、環境、人間関係、仕事、体や心、物理的なものなど様々ですが、それらの蓄積や、過去の後悔や未来の不安、悩み苦しみにとらわれ過ぎている考え方や捉え方の部分も小児喘息(ぜんそく)に影響すると考えられます。

当院では、小児喘息(ぜんそく)は、心・体・生活習慣・環境の不調和が大きく関係していると考えています。

体のバランスの不調和があると、血流が悪くなり、ストレスを感じやすくなります。

心のバランスの不調和である、ネガティブな感情や我慢やストレスの積み重ねが、小児喘息(ぜんそく)などの体の症状につながります。

生活習慣(呼吸・食事・動作・考え方)の不調和も、心と体の不調和につながります。

例えば、呼吸が浅いと血流が悪くなります。

お菓子や砂糖などの糖質やごはんやパンなどの炭水化物を摂りすぎると、痛みを感じやすくなってしまいます。

動作や姿勢のクセ、運動不足も、ストレスにつながります。

ネガティブな考え方、捉え方も、小児喘息(ぜんそく)の原因になります。

そして、環境の不調和である、ストレスを感じる人間関係や、家庭環境、職場環境、生活環境なども、小児喘息(ぜんそく)に大きな影響を与えます。

小児喘息(ぜんそく)を本質的に改善するためには、心と体、生活習慣と環境を調和させていくことが一番の近道といっても過言ではありません。

言い換えると、心と体、生活習慣と環境が調和するほどに、小児喘息(ぜんそく)などの症状も発生できなくなってしまうと言えます。

原因は「体・心・生活習慣・環境の不調和」

ここでは、小児喘息(ぜんそく)の原因である、心・体・生活習慣・環境の不調和について少し詳しくお伝えしていきます。

1、心と体のバランスの不調和

体のコリやバランスのズレがある場合、体本来の機能を発揮できなくなり、疲れなどにより血流が悪化しストレスを感じやすくなり、小児喘息(ぜんそく)の症状に陥りやすくなってしまいます。

そして、不安や悲しさ、恐怖などの感情やストレスの蓄積で心にコリができ、その心にコリが見える形として、体のコリや症状として現れます。

心と体は深くつながっているため、お互いにダイレクトに影響を与えます。

ですから、心にコリができることで、体にも影響し、血流が悪化し、小児喘息(ぜんそく)の症状を引き起こしやすくなるということになります。

ですから、体だけ、心だけではなく、心と体の両方を調和させていくことが大切になります。

当院では、体のバランスが調和すると同時に、心の部分のも癒しのヒーリング効果のある不思議な整体を行っています。

つまり、心と体の両面にアプローチし、より深い部分から小児喘息(ぜんそく)などの症状の改善のお手伝いをしています。

2、生活習慣(呼吸の仕方・食事方法・動作と姿勢・考え方と感情や気分)の不調和

心と体のコリとバランスが整っても、今までの「生活習慣」を改善しない限り、本質的な改善にはなりません。

ちょっとキツイ言い方になるかもしれませんが、あなたの小児喘息(ぜんそく)の症状の本質的な原因は、あなたの今まで生活習慣つまり、生き方にあります。(先天的な原因やケガなどは除く)

小児喘息(ぜんそく)の症状でお悩みのあなたは、つい病院やお薬、治療院で治してもらいたい、自分でなんとかしたくても方法が分からないといった方も多く、生活習慣まで気が回らない方もおられるかもしれません。

ですが、そんな小児喘息(ぜんそく)の症状と本気で向き合いたい、何とかしたいと思っているあなただからこそ、声を大にしてお伝えしたい部分でもあります。

生活習慣とは呼吸の仕方・食事方法・動作と姿勢・考え方と感情や気分の4つです。

・呼吸が浅いと血流が悪くなり、ストレスを感じやすくなり、小児喘息(ぜんそく)の症状にもつながります。
→整体でバランスが整うと自然と姿勢も良くなり呼吸も深くなります。普段から深い呼吸を意識することも大切です。

・食事もお菓子や甘いもの、ごはんやパン、麺類の摂りすぎも小児喘息(ぜんそく)の症状が発生しやすい状態になる原因になります。
→実はあまり知られていませんが、お菓子や甘いもの、砂糖などの糖質、ごはんや小麦(パン・麺類など)の炭水化物を摂りすぎている現代の食事方法は、人間本来の食事方法とズレてしまっています。糖質や炭水化物を減らし、お肉や魚、卵などのタンパク質の食べる量を増やすことで小児喘息(ぜんそく)が起こりにくい体につながります。

・運動不足や無理な姿勢をとることが多いと、体のゆがみやコリにつながります。
→定期的な運動をすることや整体で体のバランスを整えることで体のゆがみやコリから解放されていきます。

・マイナスな考え方や不安や恐怖などの感情、沈んだ気分なども心のコリにつながります。
→趣味やお気に入りのスポットなど好きなことに熱中する時間や、リラックスする時間を積極的にとる。考え方や捉え方の視点を高く持ち自分を客観的に見る視点を持つことなど。

これらの生活習慣をひとつひとつ見直し、出来る範囲で改善していくことが、あなたが小児喘息(ぜんそく)の症状から本質的に解放されるキッカケにつながります。

特に病院やお薬、他の治療院でなかなか良くならない小児喘息(ぜんそく)の症状でお悩みの方はぜひ、生活習慣の改善に取り組んでいただきたいと思います。

もしかすると、すでに生活習慣の改善に取り組まれている方もいらっしゃるかもしれませんが、大事なのはその人に合った、自然と調和する、本来のあなたと調和する生活習慣の改善を行うことです。

いきなり全部を実践しようとしなくてかまいません、今のあなたができること、なんとなくピンときた部分から実践してみてください。

3、環境の不調和

環境の不調和である、ストレスを感じる人間関係や家庭環境、職場環境、社会環境、生活環境なども、小児喘息(ぜんそく)の大きな原因になります。

家庭や職場の人間関係で悩んでいたり、ストレスを感じている方は多いと思います。

今の社会の構造や景気などの社会の部分に、違和感やストレスを感じている方もいらっしゃいます。

災害や気候の影響やお金などの生活の部分に、不安やストレスを感じている方も少なくありません。

こういった環境のストレスも、体の症状である小児喘息(ぜんそく)につながってしまいます。

ですが、環境はなかなかすぐに変えられない場合もありますし、例え環境を変えてもあなたの考え方や捉え方などの内側の在り方の部分が変わらない限り、環境を変えても同じ問題を繰り返し体験することになります。

ですから、まずは自分自身を知ること、自分の内側の仕組みや扱い方を学ぶことが大切になります。

不思議な話ですが、答えはいつも、他人や周りにあるのではなく、自分の内側にあります

ですから、いかに自分の内側について知っているのか、自分の内側と対話できるのかが、小児喘息(ぜんそく)を改善する上でも重要な部分になります。

このページをご覧のあなたは本気で小児喘息(ぜんそく)の症状と向き合い、なんとかしたいともがいている状態だと思います。

当院は、そんな今まで十分努力して苦しんできたあなたの小児喘息(ぜんそく)の症状の本質的な改善を全力でサポートしている整体院です。

小児喘息(ぜんそく)の対策

このページをお読みの方は、小児喘息(ぜんそく)の症状や、生活での不具合でお悩みのことと思います。

小児喘息(ぜんそく)は、まず安心することが大切です。

小児喘息(ぜんそく)という症状などの不安や恐怖を感じる部分に意識をフォーカスするのではなく、小児喘息(ぜんそく)だけど、あれもこれもできている、生きているなどという希望に意識を向け、前向きに安心することが大切です。

その上で普段の生活習慣(呼吸の仕方・食事方法・動作姿勢・考え方感情気分)を見直すことが重要になります。

小児喘息(ぜんそく)は、基本的に温めると早期回復につながります

蒸しタオルやカイロなどで痛みやコリを感じる箇所を温め、血流を良くし、その結果回復に必要な栄養素がスムーズに運ばれるためです。

血流がよくなるため一時的に痛みなどが強まることがありますが、結果として早期回復につながります。

さらに普段の食事で、お菓子や甘いもの、ごはん、パン、めん類、お酒などの糖質を減らすと回復しやすくなります。

現代の食事は、糖質を大量に摂る食事になっています。

ですから、その糖質を減らし、体の回復に必要なたんぱく質を多くとる必要があります。

具体的には手軽に摂りやすい玉子を1日3個以上摂ったり、お肉や魚などを意識して多めに摂ることです。

温めること、糖質を制限した食事について興味にある方は下記の本がおすすめです。

「体を温める」とすべての痛みが消える―腰痛、ひざ痛、股関節痛、間欠性跛行が治った! (ビタミン文庫)
坂井 学