Pocket

低体温症と整体

「低体温症」は松山市の整体院 健優館へ

あなたは、低体温症でお悩みではありませんか。

低体温症だと、いつも体がこわばったり、やる気がでなかったり、冷えで日常生活に支障が出る場面もたくさんありますよね。

そこで、このページでは「低体温症と整体」と題して、低体温症でお悩みのあなたにお役立ちできる情報をお伝えしていきます。

このページは本気で、低体温症の症状を改善したい、向き合いたいという方のために、豊富で本質的な情報をお伝えしています。

ぜひお気に入りに追加していただきじっくりお読み下さいね。

あなたが少しでもホッと安心するきかっけにつながれば幸いです。

低体温症について

低体温症とは単に平熱が低い状態(低体温)とは異なり、深部の体温が35℃以下に低下した状態を指します。

低体温症は、汗をかかず、エアコンなどに頼り過ぎていると、体がどんどんこわばって冷えていき発生します。

最近は34~35度台の体温の人が増えてきていて、凍傷の初期段階一歩手前の状態です。

原因は外気温で冷やされるほか、体温を上げる能力が低下した場合もあります。

体温調整のメカニズム

人間は外気温に関係なく、ほぼ一定の体温を維持する機能をもつ恒温動物です。通常、人の体温は37℃程度に維持されており、脳の視床下部という部分でコントロールされています。

寒いときに体が震えたり、暑いときに汗をかいたりするのは、視床下部からの指令によって、筋肉や血管、汗腺などが反応しておこる体温調節機能の症状です。

体温が37℃というと、微熱と思われがちですが、人間の細胞が代謝を活発に行い、なおかつ細胞が破壊されないちょうどいい温度は37℃と考えられています。

しかし、わきの下や耳で行う通常の体温測定では、外気の影響を受けるため、深部の温度(37℃)より1℃前後低くなります。このため、人間の平熱は36℃前後になっています。

また、平熱は個人差もあり熱産生が活発な乳幼児は高く、熱産生が弱まった高齢者は低くなる傾向があります。

低体温症の症状について

低体温症は、体温の低下の度合いによって、軽度低体温(35~32℃)、中等度低体温(32~28℃)、高度低体温(28℃以下)に分けられます。

軽度低体温症(35~32℃)の症状

・全身の震え
・無気力、意識がはっきりしなくなる
・呼吸が早くなる
・手足の血管が収縮し、冷たく蒼白になる

中等度低体温(32~28℃)の症状

・震えが止まり、筋肉が硬直し始める
・錯乱し、服を脱ぎ棄てたり、意味不明の言葉をしゃべったりする
・呼びかけても反応しなくなる
・呼吸が遅くなる
・不整脈が出てくる

高度低体温(28℃以下)の症状

・痛みを加えても反応しなくなる
・致死性の不整脈が出てくる
・自発呼吸がなくなる

低体温症の要因

低体温症の要因によって大きく2つに分けられます。

一次性(偶発性低体温症)

雪山や水難などにより、低温の環境にさらされる寒冷暴露によっておこる低体温症を一次性または偶発性低体温症を言います。

二次性低体温症

脳血管障害や感染症、がん、糖尿病、低栄養などの疾患の合併症として起こる低体温症を二次性低体温症と言います。

特に、偶発性低体温症の発症は圧倒的に高齢者に多く、また屋内での発症が多いことが分かっています。

高齢者は加齢により体温調節機能が低下していることに加え、何らかの基礎疾患(糖尿病や心疾患など)を抱えていることも多く、室温調節などの生活環境の調整を自分ではできにくい状態にあることが影響していると考えられます。

低体温症発症までの流れ

低体温症発症までの流れは、4段階あります。

1、極度の疲れなどから、背骨全体が硬直する

2、汗と腎臓に関する急所である胸椎5番と10番(背骨の一部)が、硬く硬直

3、硬直が腎臓へと伝わって、機能を低下させる

4、体温調節機能がはたらかず、低体温症が発生

※その他の原因でも低体温症が発生する場合もあります。

低体温症の原因

低体温症と整体

低体温症は、一般的には原因がはっきり分からないケースもあります。

ですが、確実に言えることは、心や体、生活習慣や環境に何かしらの不調和があり、その結果として低体温症という症状が発生していると言えます。

それは、原因がないところに結果は発生しないためです。

当院では、低体温症の本質的な原因は、心・体・生活習慣・環境の不調和にあると考えています。

体のバランスに不調和があると、呼吸が浅くなり、血流も悪くなります。

心のバランスの不調和である、ネガティブな感情や我慢やストレスの積み重ねも、低体温症につながります。

それは、心と体はつながっているため、心の不調和が体の不調和として現れてしまうからです。

生活習慣(呼吸・食事・動作・考え方)の不調和も心と体の不調和につながります。

呼吸が浅いと、血流が悪くなります。

お菓子や砂糖などの糖質や、ごはんやパンなどの炭水化物を摂りすぎると、血流や姿勢の乱れの原因になります。

動作や姿勢のクセ、運動不足も血流悪化やストレスにつながります。

ネガティブな考え方や捉え方も、血流の悪化や低体温症につながります。

そして、環境の不調和であるストレスを感じる人間関係や家庭環境・職場環境・生活環境も、低体温症の原因になります。

低体温症を本質的に改善するためには、心と体、生活習慣と環境を調和させていくことが一番の近道といっても過言ではありません。

言い換えると、心と体、生活習慣と環境が調和するほどに、低体温症などの症状も発生できなくなってしまうと言えます。

低体温症の原因「体・心・生活習慣・環境の不調和」

ここでは、低体温症の原因である、心・体・生活習慣・環境の不調和について少し詳しくお伝えしていきます。

1、心と体のバランスの不調和

体のコリやバランスのズレがある場合、体本来の機能を発揮できなくなり、疲れなどにより血流が悪化しストレスを感じやすくなり、低体温症の症状に陥りやすくなってしまいます。

そして、不安や悲しさ、恐怖などの感情やストレスの蓄積で心にコリができ、その心にコリが見える形として、体のコリや症状として現れます。

心と体は深くつながっているため、お互いにダイレクトに影響を与えます。

ですから、心にコリができることで、体にも影響し、血流が悪化し、低体温症の症状を引き起こしやすくなるということになります。

ですから、体だけ、心だけではなく、心と体の両方を調和させていくことが大切になります。

当院では、体のバランスが調和すると同時に、心の部分のも癒しのヒーリング効果のある不思議な整体を行っています。

つまり、心と体の両面にアプローチし、より深い部分から低体温症などの症状の改善のお手伝いをしています。

2、生活習慣(呼吸の仕方・食事方法・動作と姿勢・考え方と感情や気分)の不調和

心と体のコリとバランスが整っても、今までの「生活習慣」を改善しない限り、本質的な改善にはなりません。

ちょっとキツイ言い方になるかもしれませんが、あなたの低体温症の症状の本質的な原因は、あなたの今まで生活習慣つまり、生き方にあります。(先天的な原因やケガなどは除く)

低体温症の症状でお悩みのあなたは、つい病院やお薬、治療院で治してもらいたい、自分でなんとかしたくても方法が分からないといった方も多く、生活習慣まで気が回らない方もおられるかもしれません。

ですが、そんな低体温症の症状と本気で向き合いたい、何とかしたいと思っているあなただからこそ、声を大にしてお伝えしたい部分でもあります。

生活習慣とは呼吸の仕方・食事方法・動作と姿勢・考え方と感情や気分の4つです。

・呼吸が浅いと血流が悪くなり、ストレスを感じやすくなり、低体温症の症状にもつながります。
→整体でバランスが整うと自然と姿勢も良くなり呼吸も深くなります。普段から深い呼吸を意識することも大切です。

・食事もお菓子や甘いもの、ごはんやパン、麺類の摂りすぎも低体温症の症状が発生しやすい状態になる原因になります。
→実はあまり知られていませんが、お菓子や甘いもの、砂糖などの糖質、ごはんや小麦(パン・麺類など)の炭水化物を摂りすぎている現代の食事方法は、人間本来の食事方法とズレてしまっています。糖質や炭水化物を減らし、お肉や魚、卵などのタンパク質の食べる量を増やすことで低体温症が起こりにくい体につながります。

・運動不足や無理な姿勢をとることが多いと、体のゆがみやコリにつながります。
→定期的な運動をすることや整体で体のバランスを整えることで体のゆがみやコリから解放されていきます。

・マイナスな考え方や不安や恐怖などの感情、沈んだ気分なども心のコリにつながります。
→趣味やお気に入りのスポットなど好きなことに熱中する時間や、リラックスする時間を積極的にとる。考え方や捉え方の視点を高く持ち自分を客観的に見る視点を持つことなど。

これらの生活習慣をひとつひとつ見直し、出来る範囲で改善していくことが、あなたが低体温症の症状から本質的に解放されるキッカケにつながります。

特に病院やお薬、他の治療院でなかなか良くならない低体温症の症状でお悩みの方はぜひ、生活習慣の改善に取り組んでいただきたいと思います。

もしかすると、すでに生活習慣の改善に取り組まれている方もいらっしゃるかもしれませんが、大事なのはその人に合った、自然と調和する、本来のあなたと調和する生活習慣の改善を行うことです。

いきなり全部を実践しようとしなくてかまいません、今のあなたができること、なんとなくピンときた部分から実践してみてください。

3、環境の不調和

環境の不調和である、ストレスを感じる人間関係や家庭環境、職場環境、社会環境、生活環境なども、低体温症の大きな原因になります。

家庭や職場の人間関係で悩んでいたり、ストレスを感じている方は多いと思います。

今の社会の構造や景気などの社会の部分に、違和感やストレスを感じている方もいらっしゃいます。

災害や気候の影響やお金などの生活の部分に、不安やストレスを感じている方も少なくありません。

こういった環境のストレスも、体の症状である低体温症につながってしまいます。

ですが、環境はなかなかすぐに変えられない場合もありますし、例え環境を変えてもあなたの考え方や捉え方などの内側の在り方の部分が変わらない限り、環境を変えても同じ問題を繰り返し体験することになります。

ですから、まずは自分自身を知ること、自分の内側の仕組みや扱い方を学ぶことが大切になります。

不思議な話ですが、答えはいつも、他人や周りにあるのではなく、自分の内側にあります

ですから、いかに自分の内側について知っているのか、自分の内側と対話できるのかが、低体温症を改善する上でも重要な部分になります。

このページをご覧のあなたは本気で低体温症の症状と向き合い、なんとかしたいともがいている状態だと思います。

当院は、そんな今まで十分努力して苦しんできたあなたの低体温症の症状の本質的な改善を全力でサポートしている整体院です。

低体温症の対策

このページをお読みの方は、低体温症の症状や、生活での不具合でお悩みのことと思います。

低体温症は、まず安心することが大切です。

低体温症という症状などの不安や恐怖を感じる部分に意識をフォーカスするのではなく、低体温症だけど、あれもこれもできている、生きているなどという希望に意識を向け、前向きに安心することが大切です。

その上で普段の生活習慣(呼吸の仕方・食事方法・動作姿勢・考え方感情気分)を見直すことが重要になります。

低体温症は、基本的に温めると早期回復につながります

蒸しタオルやカイロなどで冷えやコリを感じる箇所を温め、血流を良くし、その結果回復に必要な栄養素がスムーズに運ばれるためです。

血流がよくなるため一時的に痛みが強まることがありますが、結果として早期回復につながります。

さらに普段の食事で、お菓子や甘いもの、ごはん、パン、めん類、お酒などの糖質を減らすと回復しやすくなります。

現代の食事は、糖質を大量に摂る食事になっています。

ですから、その糖質を減らし、体の回復に必要なたんぱく質を多くとる必要があります。

具体的には手軽に摂りやすい玉子を1日3個以上摂ったり、お肉や魚などを意識して多めに摂ることです。

温めること、糖質を制限した食事について興味にある方は下記の本がおすすめです。

「体を温める」とすべての痛みが消える―腰痛、ひざ痛、股関節痛、間欠性跛行が治った! (ビタミン文庫)
坂井 学
483761230X

炭水化物の食べすぎで早死にしてはいけません: 生活習慣病を予防&改善する糖質制限食31のポイント
江部 康二
4492045465

低体温症と整体

低体温症と整体

当院にも、低体温症でお悩みのクライアントさんがご来院されます。

低体温症は、整体で体のバランスが整うと、自然と楽になるケースも多いです。

ですが、何も常に背中がまっすぐの状態が理想というわけではありません。

その人の今の体の状態に必要なバランス、体にとって負担の少ない自然な姿勢が本来の姿勢とも言えます。

自然な姿勢は、周りから見ても美しいものです。

それは、体のバランスが調和されることで、体本来の治る力、自然治癒力が発揮されやすくなるためです。

本来、体は自分で自分の体を治す機能である自然治癒力が働いています。

それが体のバランスの不調和などが原因で、働きにくくなることで、低体温症などの症状が発生します。

逆に言うと、自然治癒力が本来の働きを取り戻すと、低体温症などの症状も自然に治っていくと言えます。

そして、体のバランスだけでなく、心のバランスを整えることも大切になります。

心と体は深くつながっているため、心の不調和が体の不調和の低体温症として現れてしまうためです。

当院の整体は、体のバランスが整うと同時に、心にも癒しのヒーリング効果のある不思議な整体を行っています。

つまり、心と体の両面にアプローチし、より深い部分から楽になる整体です。

そして、心と体が調和し、生活習慣と環境が調和することで、低体温症の本質的な改善につながります。

ちょっと不思議な話ですが、低体温症は「あなたがあなた本来の生き方を取り戻すため」に発生します。

言いかえると、今のあなたの生き方は、本来のあなたの生き方とズレていますよ、と教えてくれている体からのサインと言えます。

ですから、低体温症だからその症状を何とかしようとするのではなく、低体温症になっている理由や意味に気づき、理解し、それに伴い行動していくことが大切になります。

あなた本来の生き方とは、頭で考えた生き方ではなく、心で感じる生き方です。

過去の後悔や未来の不安ではなく、今この瞬間の喜びを生きる生き方です。

違和感やストレスを感じる生き方ではなく、絶対的な安心感の中、楽に楽しく生きる生き方です。

ですが、苦しい経験があるからこそ、うれしい経験を感じることができます。

悲しい体験があるからこそ、喜びの体験を味わうことができます。

苦しさや悲しさは、人生を味わい深いものにしてくれる最高のスパイスだと言えます。

そんな意識で、どんな自分も受け入れ、認め、許し、愛することができたとき、あなたが本来のあなたを生き始めるきかっけにつながります。

松山市の整体院 健優館は、整体を通して、心・体・生活習慣・環境が調和するお手伝いをし、低体温症の本質的な改善をサポートする整体院です。

単に症状が改善するだけの場所ではなく、あなたが本来のあなたの生き方に気づき、本来のあなたの生き方を取り戻す場所を追求しています。

当院は、あなたが人生を生きることが楽に楽しくなりあなたらしく輝くお手伝いを全力で行っている整体院です。

不思議な話ですが、低体温症をなんとかしよう、消そうとしてもなかなかうまくいかない場合が多いです。

むしろ開き直って「低体温症があってもいいんだ、低体温症があっても大丈夫なんだ」と、低体温症を受け入れ、許すことができると、自然と改善に向かっていきます。

自分なんてとつい思ってしまいますが、誰でも世界に一人、宇宙に一人のオンリーワンの存在です。

あなたは存在しているだけで十分価値がある存在です。

パズルに余るピースはないように、この地球という壮大なパズルもあなたというピースがなければ完成できないし、成り立つことができません。

自分は貴重で素晴らしい、すごい存在なんだということに気づき、自分のことを今より好きになり、自分を認めてあげましょう。

そんな、一歩があなたの低体温症解決の希望の光に変わっていきます。

ストレス社会の現代、あなたと同じ低体温症の悩みを抱え苦しんでいる方はたくさんおられます。

あなたは一人ではありません。

そして、あなたが低体温症から解放されるということは、同じ症状で苦しんでいる方の明るい希望になるということです。

そんなあなたの低体温症の本質的な改善のお手伝いができることを心より楽しみにしております。

一緒に一歩一歩進んでいきましょう。

松山市の整体院 健優館は、そんなあなたにやさしく寄り添う整体院です。

まずはお気軽に電話やメールでお問い合わせくださいね。

このページを最後までお読みいただいた、ご縁のあるあなたのご来院を心よりお待ちしております。

松山市の整体院 健優館 院長 藤原優(ふじわらゆう)

「ホームページを見ました」と今すぐお電話下さい!

今すぐお電話

お問い合わせ

※iPhoneやiPadで電話番号ボタンを3回以上タップするとシステムの関係で「このWebサイトから自動的に電話をかけることは禁止されています。」と表示されますが「通話を許可」→「発信」をタップすると電話をかけることができますのでご安心下さい。

↓↓↓下記のページもご覧下さい↓↓↓
健優館TOP 館長自己紹介 はじめての方へ お客様の喜びの声 整体料金 よくあるご質問 予約申し込みの流れ 交通アクセス

松山市の整体院 健優館(けんゆうかん)
〒791-8011
愛媛県松山市吉藤5丁目3-11
(松山市駅から北条方面へ車で約15分)
電話番号:089-906-5484
営業時間:9時~20時
定休日:日曜日(土曜・祝日も営業)
P2台あり
 

Pocket

The following two tabs change content below.
松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう)
松山市の心と体が楽になり人生が楽しくなる整体院 健優館 館長。趣味はアート写真。詳しいプロフィールはこちら→松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長プロフィール
松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう)

最新記事 by 松山市の整体-あなたらしく輝く整体院 健優館松山 館長 藤原優(ふじわらゆう) (全て見る)